落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

落語を公に披露したことがあるお笑い芸人7選

 

コント・漫才、バラエティ番組で活躍する数々のお笑い芸人。

 

やはり同じ「人を笑わせる」点は一緒でも、お笑い芸人と落語家はどこか一線引かれているような関係性があるように思います。

 

「落語によって引き起こされる笑いとお笑い芸人によって引き起こされる笑いは違う」という人もまれにいますが、山崎邦正さんをはじめとする落語家に転身するお笑い芸人の方もいます。

 

お笑い芸人と落語の接点は意外にも多いように思います。今回は、「テレビ・ライブ等で落語を披露したことのある芸人」を紹介します。

 

アンガールズ田中卓志

f:id:messicoo:20200121175729j:plain

 

一時期は「キモ可愛い」と称され、高身長で細身の体によるキモさの象徴であるアンガールズの田中卓志さん。女性誌では「抱かれたくない男」部門で1位を獲得したことがあります。

 

田中卓志さんは、2007年10月1日に放送された『芸能人落語研究会 お後がよろしいようで』(TBS)で落語を披露しています。

 

演目は「猫の皿」。ストーリーは旅人がある茶屋に訪れます。そこで、猫がエサを食べていましたが、そのエサに使われていた皿が「絵高麗の梅鉢」という名品。茶屋の店主はその価値を分かっていない様子。

 

旅人はその猫を「気に入った」と嘘をつき、その皿と一緒に3両で買い取らせてくれと頼みます。店主は「猫はいいですが、その皿は絵高麗の梅鉢という名品です。」と断ります。

 

旅人が「なぜそれを知っていて猫のエサ用の皿にしているのか?」と聞くと、「時々こうして猫が3両で売れるから」というオチが綺麗な演目です。

 

 


【キモおもしろい】 アンガールズ田中の落語 「猫の皿」

 

 

千原ジュニア

f:id:messicoo:20200121181704j:plain

 

日本のお笑い担当でもあり、最近は司会者として様々な番組のMCをこなす千原ジュニアさん。

 

千原ジュニアさんは「千原ジュニア落語会」を開くほど、落語がものすごく上手です。中でも「死神」は評価が高く、関西弁の語り口からオチへ近づくにつれて緊迫感の増す演技力には落語家も顔負けです。

 

きっかけは2008年に春風亭小朝師匠から誘いを受け、高座に上がらせてもらったこと。以後、単独ライブでも落語を披露することも多くなり、単独落語会に繋がりました。

 

 


【作業用BGM】千原ジュニア『死神』【落語】

 

 

伊集院光

f:id:messicoo:20200121183336j:plain

 

報道系番組やクイズ番組の出演が多く「インテリ」のイメージが強いお笑いタレント伊集院光さんは、実は元落語家です。

 

高校時代不登校だったことを案じられ、叔父の知り合いの紹介で三遊亭円楽一門に弟子入りし、三遊亭楽大(さんゆうていらくだい)として活動しました。

 

それがきっかけで高校3年時に高校を中退。今の「伊集院光」として名前が売れ出したのは、師匠に内緒で「伊集院光」として出演したラジオが人気を博したことがきっかけです。

 

しかしながら、それが一門にばれて、話し合いの結果、落語家を自主廃業という形でやめてしまいました。

 

オリエンタルラジオ藤森慎吾

f:id:messicoo:20200122015103j:plain

 

「チャラ男」のキャラでお馴染のオリエンタルラジオ藤森慎吾さんは、2012年に東京・神保町花月で行われた映画『月光ノ仮面』公開を記念した「板尾創路ノ大落語会」にて落語を披露しました。

 

披露した落語は「太鼓腹」。チャラ男トーンをうまく活かした落語を披露しました。映画『月光ノ仮面』主演の板尾釧路さんからは、「声のトーンが哀川翔さんに似ている』と話していました。

 

 

news.mynavi.jp

 

 

カンニング竹山

f:id:messicoo:20200122020519p:plain

 

キレ芸と笑いに対する情熱を持ち、バラエティ番組やドラマ等でも活躍するカンニング竹山さん。

 

2007年10月1日に放送された『芸能人落語研究会 お後がよろしいようで』(TBS)で、主役を芸人の男に改めた現代版の『子別れ』を披露しました。

 

その落語はマクラから破天荒で、「今日しか落語しかやらねぇから!」「放送禁止用語話すから!」「そでうるせえなぁ!」など落語でもキレ芸がさく裂しました。

 

中でも口座の上で寝転んだのは、衝撃的でした。

 


カンニング竹山の落語 「子別れ」

 

 

キングコング西野亮廣

f:id:messicoo:20200122021702p:plain

 

現在はお笑い芸人と言うより、ホリエモンさんや落合陽一さんのようなインフルエンサー的な立ち位置で普通のお笑い芸人とは異なるポジションを取っているキングコング西野亮廣さん。

 

『えんとつ町のプペル』は今までの絵本業界に革命を起こしたと言っても過言ではないほどの売り上げと人気を誇りました。

 

そんなキンコン西野さんは、自身のブログで『自身のライブにて独演会を行う』と書いています。「グッドコマーシャル」という西野さんが元々舞台演劇用に書いた小説にもなっているものを創作落語として、披露しました。

 

 

lineblog.me

 

 

NON STYLE 石田明

f:id:messicoo:20200122023029j:plain

 

ナルシストキャラ井上祐介さんと相方の全身白の服が印象的なNON STYLE 石田明さん。ナルシストな井上さんに、マシンガンのようなボケを繰りだす漫才が老若男女問わず人気の芸人です。

 

自身初の冠番組『NON STYLE石田 映画番組やります なんで、オレが!?』(12月4日 関西ローカル)で、創作落語を披露しました。

 

Youtubeでも石田明さんの落語を演じる姿が投稿されています。

 


ノンスタ石田 落語に挑戦

 

 

まとめ

 

今紹介した他にも、落語が好き・演じているお笑い芸人はたくさんいます。

 

例えばオードリーの春日さん若林さんは二人とも落語好きで知られています。他にもウッチャンナンチャンの南原清隆さんなども落語を演じています。

 

The お笑い芸人の道を歩んできた人でも意外と落語と深い関係を持っているものですね。やはり笑いのエッセンスに落語はかかせないのでしょうか。