落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

落語【妾馬】馬鹿なやつほど、出世する。

昔から『女氏無くして玉の輿に乗る』なんてことを言います・・・

 

反対に男というのは情けないものでして、『男意気地無くして、玉の汗をかく』なんてずいぶん違いがあるようでございますけれども・・・  

 

 

 

 

 

なんだなんだぁ!?八公!遅かったではないか!
ど〜もすいません!大家さん、店賃だったらもう少し待ってもらいたいんですが・・・
あたしが呼び出すと、店賃の小言だと思ってくれるだけまだマシか・・・
今日は店賃の催促じゃないんだよ・・・
あらっ!諦めた?
いや諦めやしないよ!お屋敷に奉公に上がっているお前の妹のお鶴のことだがな?
お世取りを産んだんだよ!
えぇーー!?そうですか、いやぁそうですかぁ・・・そういうことはお袋に掛け合ってくださいな・・・
そうかぁ・・・ニワトリ産んだかぁ・・・
ニワトリじゃあない、男の子のことをお世取りと言うんだ!
お殿様もたいそうお喜びだそうだ!「兄の八五郎、目どおり許す!」ってんだよ!お屋敷に行ってきな!
いやぁ〜よそうよぉ〜!いいよぉ〜!侍と付き合うのは嫌だから!
お前が付き合うんじゃないんだよ!行ってきなよ!行っておけば損はないよ?
お目録を頂けるんだ!金子(きんす)を頂けるんだ!
金を!?へぇ〜!もらえなかったら、大家さん立て替えて?
やだよ!あのな、行ったら言葉を丁寧にしないといけないよ?
ものの頭に御の字を付けてな、終いには「ござり奉る」とこう言うんだぞ?
へい!なるほど!おったてまつってくりゃいいわけだ!
なんだいおったてまつるってのは・・・紋付や袴なんかは俺のを貸してやるから!
しょうがねぇなぁ、借りてやるから・・・
威張ってんねぇ!
 

なんてんで、これからはっつあん、孫にも衣装でございまして、お屋敷へやってまいりまして・・・  

 
これ!三太夫!このものが八五郎であるか?
八五郎・・・苦しゅうない、表を上げい・・・
(三太夫)何をしておる!表を上げるのじゃ!
(八五郎)表上がらねぇよぉ・・・土台がしっかりしてっから・・・
(三太夫)そうではない!頭を上げるのじゃ!
(八五郎)頭?なんだ頭かよ、最初からそう言えってんだ・・・
えぇ〜どうも!殿様!ちわっ!えぇどうもどうも!ちわっ!
うむ・・・この度、鶴が世取りを産んで世は満足に思うぞ?その方はどうじゃ?
苦しゅうない・・・即答をぶて・・・
そ・・・即答をぶて!
これ三太夫・・・八五郎いかが致した?
(三太夫)何をしておるのじゃ!即答をぶたんか!
(八五郎)えぇ?
(三太夫)即答をぶて!
(八五郎)ぶっていいの?
(三太夫)構わんからぶて!
(八五郎)あぁそう・・・こりゃありがてぇや・・・
バチん!
 (三太夫)痛いっ!何をするのじゃ!
これ、その方らそこで何を致しておるのじゃ?
即答をぶてをそっぽをぶてと間違えた?これこれ三太夫!控えておれ・・・
(三太夫)痛いではないか!
(八五郎)分からねぇからよこっちだって!そっぽをぶてそっぽをぶてって頭がぬっと出てきたら、張り倒したくなるだろうよ!
あぁ〜、なんか言えってか?あぁそうかそうか!
えぇ〜・・・お、お、お!御初めまして・・・ござり奉る・・・
御私は!八五郎どのでござり奉る!今日、大家殿がお呼び奉って、お屋敷に行き奉れ!行けばなんでも御損はないなどと申し奉る!
これ三太夫・・・この者の申すこと、余にはいっこうに分からんぞ?
(三太夫)何をしておる!殿がお分かりにないではないか!
(八五郎)そりゃそうだろう!行ってる俺が分かんないんだから!
(三太夫)分からん奴があるか!
余の前じゃによって、無理に言葉を改めておる・・・朋友に物申すようで良いと申し伝えよ!
(三太夫)ありがたいお言葉じゃ・・・普段の言葉で良いそうだ!
(八五郎)いいの?そうすりゃこっちのもんよ!?
えぇ〜お殿さんねぇ、つまりね?大家のでこぼこが・・・
(三太夫)デコボコというやつがあるか!
三太夫・・・控えておれ・・・
これ八五郎・・・その方は笹を食べるか?
・・・?
笹を食べるか!?
馬鹿にしてんねぇ!貧乏人だと思ってさぁ!
まだ笹っ葉は食ったことはありません!
そうではない!酒を飲むか?
あぁ!酒ですか!酒だったら飲むなんてもんじゃない!浴びる方でござんす!
あらあらあら!まぁ〜!お膳がたくさん出てきて、ご馳走だねこりゃ!
あぁ〜!すいません、お酌をしてくださるんですか?どうもありがとうござんすおばあさん!
(三太夫)おばあさんではない!当家のご老女だ!
(八五郎)あぁそう・・・すいませんね、ご老女さん・・・
いやぁどうもどうも・・・それじゃ頂きますけれどもね!
・・・ごくっ・・・ごくっ・・・っぷはぁ〜!体の中を酒がえばって通りますね!
あ!またお酌をしていただけるんですね!ありがとうございます!ご老女のおばあさん!
・・・ん?おい・・・そこでもって、ニコニコ笑ってこっち向いてんのは、お鶴じゃねえか!
おい!お鶴!おい!おい!お鶴!
(三太夫)これこれこれ!無礼者!
何が無礼だよぉ!兄貴が妹を呼んで何が無礼だよ!控えておれ三太夫!
おぉ・・・お鶴よぉ・・・赤ん坊産んだんだって?よかったなぁ・・・おめでとう・・・
おめぇ驚かすなよなぁ・・・俺ぁニワトリ産んだのかと思ってさぁ!えぇ?
そしたらそうじゃないってんだな!男の子のことをお世取りってんだってな・・・兄ちゃんおめえのおかげでもって、どんどん利口にならぁ・・・
おおかた女の子のことは、めんどりとか何とか言うんだろうなぁ・・・
だけどいいか?男の子産んだからって、油断しちゃいけねぇよ?如才なく、みなさんに可愛がってもらうんだよ?な?
お鶴のこと、よろしく頼みますよ!三ちゃん・・・
いやさぁ・・・出がけに、お袋が泣いてやがんだよな・・・
どうしたんだいって聞いたら、「身分の違いは情けない」ってさ・・・
自分の孫の顔を見ることも出来ない身分の違いは情けないってさ・・・
親父が死んだ時に涙の一つも流さねぇ気丈なお袋が、ぽろぽろ泣いてやだんだよ・・・
だから俺はこう言ってやったの!こんなめでたい日に泣くんじゃねぇ!って・・・
泣く暇があったら、俺の酒代のために針仕事の一つでもしたらどうだ!このくそババア!とそう言って来たの・・・
だからさぁ、今度いっぺんお袋呼んでやってくれや・・・
兄ちゃんもういいからよ・・・お袋に、赤ん坊抱かせてやってくれや・・・
お殿様もどうかこの通りでございやす・・・
ヘヘっ・・・すいませんねどうも・・・場が陰気になってしまいやして・・・
ここらでお殿さん、陽気に歌でも歌いましょうか!
おぉ〜、何か珍歌はあるか?
侍の言うことはよく分からねぇなぁおい・・・珍歌って名前じゃねぇ、都都逸(どどいつ)ってんですがね?
こういうのはどうです?
明けの鐘、ゴンとなる頃、三日月型のくしが落ちてる四畳半・・・
なんてのはいかがでござんす〜?
おぉ〜!左様か〜!
・・・
帰ろうかな俺・・・都都逸の合いの手に左様かはねぇじゃねえか、よ〜!よ〜!くれぇは言ってもらいてぇや!
別れが辛いと小言で言えば、締める博多の帯がない・・・
な〜んてのは、どうです?
よー、よー、
棒読みじゃねぇか・・・調子が出ないねぇ・・・
土手のし〜♪ぃぃ〜♪ばぁぁ〜♪人に踏まれて一度は寝るがぁ♪梅雨のぉ〜♪情けでぇ〜♪
蘇るぅぅぅ♪ぅぅぅぅ!ってんだい!ぱぁ〜!っときたよぉ!
どっか行こうかい!殿公!
(三太夫)これこれこれ!殿公というやつがあるか!
面白い男である!士分に取り立てい!
 

  それからこの八五郎が出世を致します・・・

 

  殿様からの「鶴の一声」でございました・・・

 

 

 

f:id:messicoo:20190116011323j:plain

馬全く関係ないですよね笑


 

 

 

 

妾馬を聞きたい方へ

 

 

志ん朝初出し<十一>妾馬/厩火事

志ん朝初出し<十一>妾馬/厩火事

 

 

 

妾馬

妾馬

  • 春風亭一朝
  • コメディ
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

妾馬を聞いて

 

めかうまと読みます。

 

どんなに馬鹿でも言葉が分からなくても、身分が違くても、それは違いを生み出しているので、面白さが出てくるんですねきっと。

 

だから、殿様はそんな面白いやつ、自分とは感性の違うやつをそばに置いておきたいのでしょうね。

 

確かに、みんな同じような人ばかり集まってても何も面白くないですよね。人と違ったことを、みんながするから面白さが生まれるわけで。

 

別に、今の世の中はどうこうと言うつもりはありませんが、そういう意味で、日本の教育的な面から見ると、集団行動の大切さとか、集団意識を植え付けられるというか、そういう意味で、全く似たような人が増えているような気がします。

 

もちろん僕もそのうちの一人だと思いますが。

 

僕も八五郎のような、その人にしか出せない雰囲気、その人だから必要とさせるみたいなものを身に付けたいですね。

 

そのためには、常に努力!努力!

 

 

 

スポンサーリンク