落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

【サークルやってて一番楽しい瞬間来ましたわ】北東北学生落語会に参加してきました!

 

こんにちわ!ヨンス(@ShikanaiD)です!

 

私は大学で落語研究会を立ち上げ、ゆったりのらりくらり活動していて、まさか名前が広がっているとは思っていませんでした。

 

しかしながら、他大学からお声掛けをいただきまして、秋田の方で3大学共同の落語会を開催することになりました!

 

その名も『北東北学生落語会』です!

 

 

 

 

f:id:messicoo:20181227205951j:plain

 

 

 

 

 

北東北学生落語会の反響は?

 

これほどの規模でやるのは、私自身初めてで、とても多くのお客さんがわざわざ我々の落語を聞きにきてくださいました。

 

その数、なんとのべ130人めちゃくちゃすごくないですか!?

 

会場は、和やかな雰囲気に包まれました。

 

 

f:id:messicoo:20181227210444j:plain

お顔は伏せさせていただきます

 

 

 

みなさんの落語演目は以下の通り。

 

 

f:id:messicoo:20181227210619j:plain

撮り方エモい。

 

順番は右から左への順番で、私は2番目でした。順番は、演目の種類や演者の個性(笑い多めか、間を多めにとるかなど)によって決めました!

 

私の高座名は弘林亭ヨンスです。やった演目は、紙入れ。おかみさんが浮気するお話です笑

 

 

内容が気になる方はこちらから! 

www.hanashicoo.com

 

【元犬】

www.hanashicoo.com

 

 【お菊の皿】

www.hanashicoo.com

 

 【粗忽長屋】

www.hanashicoo.com

 

 【禁酒番屋】

www.hanashicoo.com

 

 

全て紹介しきれずすいません。

 

 

私の落語はどうだったのかと言うと・・・

 

狙っていた笑いどころ、反応のしどころでお客さんからの反応をもらいました。個人的に、満足のいく落語ができました!

 

 

f:id:messicoo:20181227212122j:plain

作り笑顔で緊張をごまかす私。

 

手に扇子持ってんのかと思ったら、スマホか〜い!

 

f:id:messicoo:20181227211700j:plain

旦那に見つかる少しシリアスなシーン

 

 

 

 

f:id:messicoo:20181227211950j:plain

 

 

 

余談ではありますが、落語会終了後、お客さんに『どの落語がよかったか?』のアンケートをとりましたが、9つ中、2位になることができましたぁ!

 

イェ〜イ!

 

でも悔しいですね、やっぱりとるなら一番がいい!

 

と言いつつも、それぞれの演者が独特な感覚を持っていて、私はどの演者も1位だよなぁと思っています。ディズニー感のある落語、訛りの効いた語り口、90歳の熟年国宝落語家のようなゆっくりと間をとった師匠感のある落語・・・

 

どうです?聞きたくなってきませんか?

 

 

私自身も、今回初めて他大学落語研究会の学生落語を聞きましたが、やはり演じる人によって全く雰囲気が変わるものだなぁ〜と痛感しました。

 

 

地方学生(特に東北)は積極的に他大学と交流した方がいい!

 

今回の北東北学生落語会を通して、他大学との交流の大切さを知りました!

 

やはり井の中の蛙大海を知らずとは私のことでした。

 

今までは、大学で活動していればそれで満足、落語も私の大学では私以外にはそこまでやりきってる人はいないだろうと思っていました。

 

でもそれってやっぱり自分の大学の中だけの話で数十キロ離れてみたら、自分と同じかそれ以上に熱意を持って落語と接している人がたくさんいました。

 

これは落語に関わらず、どんなことでも言えます。いろんなことに挑戦する上でやはり必要なのは、移動してみることなのかなと思います。

 

最近は、スマホがあれば、どれだけ離れた場所でも連絡が取れますし、ビデオ通話なんかもできますけど、やっぱり自分の違う土地に行って、人に会うことでその場でしか味わえない体験ができるのは確かだなと感じました。

 

一番驚いたのは、他大学の落語研究会のみなさんが、落語をしてくれという依頼を受けて、仕事してサークル活動も行っているということ。

 

私が淡い期待に夢躍らせながら、「いつかそんなことが実現したらいいなぁ〜」と思うことをもうすでにやっていました。

 

私もそうなれるよう頑張ります。

 

北東北学生落語会から学んだ3つのこと

 

北東北学生落語会から学んだのは3つ。

 

①学生ブランドを目一杯使うこと。

 

今回の北東北学生落語会で感じたのは、地方の方々は学生の活動にめちゃくちゃ優しくて熱心だということ。

 

130人もの方が来てくれたのが、その証拠でもあります。もちろん主催者である秋田大学のみなさんの広報活動には脱帽しますが笑

 

だから、学生という身分を使って、たくさん大人に媚びて、たくさん力を借りて、たくさん自分のやりたいことやりゃあいいじゃないか!と思いました。

 

 

②他の大学との交流の大切さ。

 

やっぱり自分の大学の中だけで満足してたら絶対ダメですね。

 

そこが自分の限界になってしまうので。見るなら、地方レベルではなく、日本レベル、いや世界レベルの目線を持たないといけないですね。

 

自分の視野は常に最大限に大きく広げておかなければ。

 

③学生ということを言い訳にしない。

 

先ほど、『学生ブランドを大いに使って』というお話をしましたが、メリット的にはそうでも、自分の気持ち的には大人とやりとりをする気持ちでいなければならないなと感じました。

 

例えば、会場をおさえる、印刷会社にフライヤーの印刷の依頼する、広告の張り出しなど、大人とのやり取りをするときは自分も大人として責任を持って果たさなければならないなと感じました。

 

また、今までは学生だからお金を自力で稼いではいけないのはないか?なんか生意気なのではないか?と感じていましたが、もうそういう時代でもないですね。

 

自分の好きなことでお客さんを楽しませて、自分も楽しむ。

 

これだけで、お金をもらってもいいんだということも感じました。

 

 

まとめ

 

総じて、北東北学生落語会、最高でした!

 

今度は、岩手か弘前で第二回北東北学生落語会を開催する予定ですので、ぜひ皆さんのお力添えをいただければと思います!

 

また、落語の依頼などもあれば私の大学の落語研究会(@hiroochiken)の方にご連絡ください!