落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

フリーランスになるために大学辞めますって言う人の心理が分からない。

 

こんにちわ!ヨンス(@ShikanaiD)です!

 

よくTwitterを見ると、「大学辞めてフリーランスとして生きていきます!」みたいなツイートをよく目にします。

 

本人の選んだ道なのでとやかく言うつもりはありませんが、僕には全く心理が理解できません。

 

それぞれの状況がありますから、ひとくちに全ての人のことを言えませんが、一番最悪なのは、生活していけるだけの稼ぎもないのにフリーランスになります!という勢いだけの人です。

 

もし、「フリーランスになります!」とTwitterで宣言することで、一気に注目度を集めようという戦略が少しでも頭の中にあるなら全くもってナンセンスだと僕は思います。

 

少し僕の中で引っかかっていることを紹介していきます。

 

 

 

 

  

 

なぜ「休学」ではなく「辞める」なのか?

 

f:id:messicoo:20181126214728j:plain

 

 

大学辞める前に休学をするのはいけないのでしょうか?

 

一旦自分がフリーランスとしてやっていけるかを見るために休学して、それから自分が本当に大学を辞めるべきかどうかを判断してもいいのではないか?と思います。

 

確かに大学によっては、休学するにもお金がかかりますし、手続き等もありますけど、それにしたって休学より先に大学を辞めるという考えに至るはちょっと信じられません。

 

大学辞めちゃって、収益がなんにもなかったら、半分ニートみたいなものだと思います。

 

 

SNSの反応と現実をごっちゃにしてないか?

 

f:id:messicoo:20181126214815j:plain

 

 

SNSでは大学を辞めると「君の選択だ!頑張れ〜!」「応援してる!」と言うコメントがよく見られますけど、その反応が現実の周りにいる人もしてくれるのか?と考えるとそれは違いますよね。

 

身近な人でいうと、親。入学金・授業料等を払ってくれた親がいるのでは?

 

一歩譲って自分で奨学金等を利用して、生活費も授業料も全て自分で払っていたならまだマシですけど、自分で今まで払ってきたならなおさら「今大学辞めたらもったいない」って気持ちが働くと思います。

 

僕も実は奨学金を使って、授業料・生活費等全て自分で払っています。自分で払ってたら、普通簡単に大学辞めるなんて言えないんですよ。

 

辞めた瞬間借りてた奨学金は借金になりますからね。

 

 ちなみに僕は、約1年前は親に全部任せてて、その結果、授業料が払えず、除籍になりそうになったことがあります。

 

www.hanashicoo.com

 

確かに親に全て任せてた時は、なんにも考えなくて済みましたし、まあなんとかなるだろうと思ってましたから、「大学辞める」なんて簡単に言えたかもしれません。

 

でもこんな経験しちゃったら、「大学辞める」なんて絶対言えないです。もちろん、辞めるつもりも全くないんですけど。

 

大学生のうちはまだ子供という認識があるからまだ親に甘えてられますけど、正直甘えんな!って思います。自分がこういう経験をしたからなおさら。

 

せめて大学に行かせてくれる親に感謝した上で行動を起こせ!と心底思います。

 

あと自分がこれまでお世話になってきた教授や大人の方、仲良くしてくれた友達にはなんて説明するのかなと思います。

 

まあ経済的な理由とか、どうしても辞めざる負えない状況なら本当に仕方がないと思うんですけど、「大学行くの辛いわ」とかそれこそ「フリーランス・ブロガーとして生きるから辞める」とかは本当にふざけるなって思います。

 

様々な意見があると思いますが、あくまでも個人的な意見として言いますけど、単純に本当に「甘え」じゃないかなと思います。

 

大学は高校と違って自分の自由なように環境を変えることができます。高校は毎日同じメンバー、先生、環境に縛られることも多く、場合によってイジメられて精神を病むケースもあります。

 

でも大学はそうではないはずです。自分の気持ち一つでいくらでも環境は変えられます。大人と関わって人脈を広げたいなら大学生というネームバリューを使って、どんどん自分から絡んでいけばいいし(大人は若い人に優しい方が多いです)、自分で起業したいと思うなら大学行きながらでもできる小さなことから始めればいいと思うんです。

 

最初から大きなことをやろうと考えすぎなんだと思うんです。

 

大学辞めようとする前にもう一度考え直して欲しい

f:id:messicoo:20181126215124j:plain

 

 

僕は除籍になるかもしれない状況になった時、「最悪の場合、辞めて働いてもいい、親にこれ以上迷惑かけるなら行かなくてもいいのかもしれない」とも思いました。

 

親にも「正直他のところからお金借りてでもあなたを大学に行かせる意味はないから、本当に行きたいなら、自分でなんとかして欲しい」とも言われました。

 

そんな言葉に最初は「はぁ!?おめえ親だろ!」とイラつきましたが、冷静になったらそのイラつきは間違いだと気がつきました。

 

そもそも大学に行くと決めたのは自分の選択だし、そのわがままに早い話が親を巻き込んだのは自分だと気がつきました。

 

確かに高校は進学校だったし、大学に行って当たり前だという風潮はあったけど、行くも行かないも自分の自由だし、自分の意思で大学に決めたからには、いつまでも親のスネにかじって生活しているのもおかしい話だなと思いました。

 

結局、僕はやっぱり大学に通い続けたい!と思い、僕が大学に通う中で知り合った大人の方にお金をお借りして、通い続けることになりました。

 

今こうして大学に通ってて、将来に対する不安しかないけど、でもこの体験をする前の何も考えていなかった自分に比べたら、この不安とか危機感がむしろ大学生活を充実させています。

 

大学を辞めるのは簡単ですけど、本当の身近にいる周りの人のことの顔を思い出してからにしてくださいね。

 

辞めるのは自由だけど

 

ここまで批判的なことを言ってきましたが、大学辞める辞めないは最終的には本当にその当人の自由だと思います。

 

だけど、本当に辞めた時の周りの人のことも想定した上で辞めるという選択をして欲しいと思っています。

 

「これが自分の正しい道だ!これが私の中の正解なんだ!」っていうのも分かりました。自分で選んだ道なんだからきっとそれが正解だと思います。

 

でもちゃんと周りに感謝して欲しいです。ありがとうという言葉だけでもいいから送ってあげて欲しいです。