落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

今から明日の経営組織論のテスト勉強をブログでやってみます。経営組織論入門。

 

こんにちわ!ヨンス(@ShikanaiD)です。

 

実は明日、大学で経営組織論の中間テストがあります。範囲はそこまで広くないので、ブログを利用して勉強はできるか?を試験的に行ってみたいと思います。

 

完全に私的な理由で、ブログ使います笑

 

ここからは好きなように書いていくので、もし経営組織論について、興味のない方はここで、ご退出くださればと思います。

 

 

f:id:messicoo:20181119212446j:plain

 

 

 

 

 

経営組織論とは?

 

経営学の中の組織の構造や、デザイン設計のあり方、組織の成員の行動について着目した学問。簡単に言えば、会社のチームの作り方とかやる気の起こし方とかを学べば会社の成長に繋がるんじゃねぇ?という学問です。(だいぶ簡単ですが)

 

経営組織論には二つの領域があります。

 

①ミクロ組織論・・・チームよりかは、メンバーひとりひとりの行動に焦点を当てた論。(例.モチベーションとかリーダーシップとか)

 

②マクロ組織論・・・メンバーよりかは、チーム全体の組織に焦点を当てた論

 

マクロよりもミクロの方が単位は小さいから、より細かいメンバーに焦点を当てるのはミクロ組織論と覚えることにします。

 

組織のマネジメント

企業は、人間の集団のことを表します。つまり企業活動とは人々の協働作業の結果と言ってもいいということになります。

 

その協働作業の舵取りをするのが、組織のマネジメントです。

 

経営組織論では、この組織のマネジメントについてお話しあうことになります。

 

企業の実績を直接的に決めているものは何でしょうか?

 

それは社員の業務行動学習です。

 

業務行動をすることで、「あぁこの仕事はこうやるのか」と学習し、次の新しいステップの仕事ができるようになります。新人が学習しないままだと、いつまでも新人のままだということです。

 

この業務行動と学習を実際に社員が「よ〜し!やろう!」と思うためには、心理的エネルギー、つまりやる気(モチベーション)が必要です。

 

このやる気を決める主な原因としては4つあります。

 

①目的

②記憶されている情報や知識

③思考様式

④感情

 

難しく書きましたが、例えば・・・

 

・叱咤激励による行動

・ボーナスを支給する

・会社の上司の考え方にすごく共感できる

 

などによって社員のモチベーションをあげます。

 

その他にも、社員自身が「この仕事は自分に合ってる!」と仕事の内容が自身の価値観と合ったり、過去の経験から「この仕事はとんでもない成果があげられるはずだ!」とその仕事に対して期待が大きくなるとやる気が大きくなります。

 

ここまでをまとめて

ここまでをまとめると、

 

モチベーションを高める原因である

目的・情報・思考様式・感情

 

↓  これによって…

 

社員はモチベーションを高める

 

 

会社の直接的な業績に関わる業務活動学習を社員は行う。

 

 

会社の業績に繋がる。

 

 

さて、先ほど、組織のマネジメントが経営組織論で話し合われることだと言いましたが、この組織のマネジメントが社員のモチベーションを上げる結果をもたらすこともあります。

 

具体的には、経営者(または部のリーダーなど)は戦略・経営システム・理念、人の3つの方法で働きかけます。

 

 

戦略

戦略とは具体的に、どんな客層をターゲットにするのか?商品はどんなもの?商品の宣伝広告はどうする?ということを決定することです。

 

ここがきっちりと決まれば、部下が働きやすくなります。

 

例えばですが、「女性をターゲットに、女性が綺麗になる化粧品を作ってSNSで発信するぞ!」と言われても、女性の幅も広い、化粧品にも色々タイプがある、綺麗になると言っても、美肌効果なのかシミを消すのかなどでも入れる成分が変わってくる、SNSも若者ならまだしも中年層は中々見ないなど目的が不明確です。

 

これを「40代の若干高収入マダム層に向けて、シミ等を消す入浴後に塗るクリームを開発して、ちょうど40代の〇〇みたいな女優をCMに起用して宣伝かけていくぞ!」と伝えると、部下には分かりやすく、動きやすいということです。

 

経営システム

経営システムとは、どんな組織の形で働いていくか(組織デザイン)やインセンティブシステムのことをさします。

 

インセンティブシステムとは簡単に言えば、モチベーションを上げるための要因を作るシステムです。例えば、給料制度とか待遇とか、所属欲求、自己実現欲求を満たす仕組みのことです。

 

理念、人

 

理念、人は組織の文化や理念、リーダー(経営者)の考え方のことをさします。

 

理念は直接的に働く人の存在意義を確立することになります。

 

例えば、僕がよく使うTwitterの理念は、「全ての人が、障壁なく、瞬時にアイデアや情報を作成、共有できるようにする」です。

 

Twitterの社員が何か仕事をする上で、迷った時、存在意義を忘れた時には、この理念を思い出して、自身が働く意義を思い出します。

 

理念は自身が働く意味を与えてくれるものでもあります。

 

しかしながら、実際にこの3つから業務行動と学習までたどり着くには距離があり、この距離が組織マネジメントを難しくしています。

 

 

まとめ

 

ちょうどうまくまとまったところで、ひとまず終わります。

 

次は組織の様々な形(組織デザイン)について勉強していきます。

 

 

次の記事はこちら!

 

www.hanashicoo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考文献

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ