落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

わい、特化ブログの落とし穴にはまった。これからはブロガーとしてはタブーな日記も書いて気楽にやるわ〜。

 

こんにちわ!ヨンス (@ShikanaiD)です。

 

わい、ブログの更新頻度が確実に落ちています・・・

 

原因はわかってるんです。

 

それは落語をテーマにした特化ブログを書こうとするあまり、書くネタに迷い、結局書かないという現象が起きているからです。

 

Twitterでインフルエンサーの方々のツイートを見ていると、「書くテーマは絞った方がいい。」「言いたいことは統一した方がいい。」などが書いているので、それに無意識に従って、なるべく落語というテーマから外れないようにブログを書いてきました。

 

しかしながら、今、ブログの更新頻度が落ちているという現象を目の当たりにして・・・

 

 

ああーーーー!!!日記でもいいから好きなこと書きてぇ!!と思ったわけです。

 

 

というか、もう最悪日記でもいいから、毎日ちゃんと記事を書くという習慣を付けようかなと思います。

 

中には「オピニオン(意見を述べる)記事は評価が低い」なんてことも聞きますが、わいのブログに対するモチベーションでは、いちいち調べてそれを綺麗にまとめるみたいな作業はだるくてできん!!

 

だからこれからは、たとえ日記みたいな感じになってもいいから、毎日なんか書く!!ようにします・・・

 

f:id:messicoo:20181119153839j:plain

どうでもいいですけど可愛いですね、この写真、結構ピンクとか可愛いもの好きなんですよ、僕。



 

 

 

「日記みたいなブログじゃ成功しないよ?」

 

うるさいんじゃい!自分の好きなこと書いて何が悪いんじゃい!

 

まあ確かに?「今日は天気が良かったので、ピクニックしました〜!わ〜い!」みたいな内容の薄っすいことを書くつもりはありませんが・・・

 

少なくとも、今日はこういうことがありまして、私はこう思いました。って形までは持って行こうかなと思います。

 

最悪このブログのコンセプト?的なところに多少揺らぐようなことがあってもまあまあまあ・・・いいでしょうって感じでいきます。

 

 

正直、これまで100記事以上書いてきて思ったんですけど、確かにしっかり型にはまった文章・構成で書いた記事は見ててすっきりしてるんですけど、何分人間味が感じられねぇ!

 

あと、全部上から目線な感じがして、個人的にあまり書いてて気持ちよくない。

無理してひねり出して書きました。みたいな感じがする。

 

その点、今書いてるこの記事は、自分が思ったことそのまま書いてるから、手が進む進む!

 

いつもは1000字に30〜40分くらいかけて書いてるんですけど、今は大体15分くらい。あぁ〜楽。これがブログの楽しさかぁ〜。

 

ということで、これからはあまり特化ブログだとか、テーマを絞ってとか変に気構えず、好きなこと書いてみようと思います。

 

これからは、ブログも多様性の時代じゃあ!

 

型にはまった見出し書いて、写真、文章、見出し、写真、文章みたいな構成じゃなくて、もう文章も何もかんもバラバラでいいから、とりあえず書きます。

 

そもそもこういう風に思ったのは、他のブロガーさんの記事を見てからですね。

 

本当申し訳ないですけど、いつもあまり文章も短くないし、特に超有益なことを書いているということでもないのにめちゃ文章が楽しそう。

 

それに反応するように、はてなブックマークとか、いいね?みたいなやつ(名前忘れた)めちゃ押されてて、羨ましくなったし、「あ、もしかしてこれでいいのかな?」って単純に思いました。

 

前までは一つの記事に3〜4時間とかかけて、書いてたのですが、それってかけた時間に対して得るものが少ないとめちゃくちゃ凹むんですよね。

 

アクセス数が集まらないとか、反応があまりもらえないとか。

 

でもまあ、今自分を振り返ってみれば、自分の今まで書いてきた記事って読むには重すぎるっていうか、読む側の負担が大きい(読み切るまで時間がかかるなど)んですよね。

 

さらに記事を書き上げた瞬間の僕の態度が、「おら!これだけ書いたんだから読んでくれるよなぁ!」みたいな感じなんで、それが無意識に読み手にも伝わっていたのかなぁ〜・・・とも思いますね。

 

これからは、「気楽に書いたけど、まあ読みたい人読んで〜」くらいの気持ちで書こうかなと。

 

もちろん、落語の台本とか書く時のスタンスは崩しませんけど。

 

たまの息抜きにこういうラフな記事も書きま〜すということで、よろしくお願いします。

 

 これからは人間味のある記事を。