あなたに1日1つの『小さな』学びを。

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

大学生はなぜ朝が苦手なのか?その原因とモチベーションを上げる方法

 

こんにちわ!ヨンス(@ShikanaiD)です!

 

 大学生になってから朝がだるくてやる気が起きない・・・

 

朝は起きられるけど、起きてもスマホをいじったり動画を見るだけで一日の半分を無駄にしている罪悪感がある・・・

 

そんな日々を送っていませんか?

 

私も日々そのような時間を過ごしてきました・・・

 

『明日は空きコマだからまあ朝ゆっくり寝ていてもいいか・・・』

 

『明日は特に何にも予定は入ってないな~』

 

 そんなことを考えてばっかりいて、朝7時くらいには起きれるけれど気づいたらお昼12時くらいになっていたということがよくあります・・・

 

もうそんな自分に嫌気がさしていました・・・

 

高校生の頃は遅くても6時30分には起きて、支度をし、毎日8時には学校にいたというのに、いつの間にかそれが出来なくなっていました・・・

 

なぜ大学生になってそれが出来なくなるのでしょうか?

 

その原因を解明し、朝すっきりと起きて午前中から活動的に生きる方法について解説します。

 

 

 

        スポンサーリンク

 

 

 

 

なぜ高校では、嫌でも起きられたのに、大学では起きられなくなったのでしょうか?

 

朝のルーティンがない

f:id:messicoo:20181004153520j:plain

 

高校生の時には朝必ずやっていたルーティンが大学生になるとやらなくなっているということがあります。

 

例えば『朝ごはんを食べる』『制服に着替える』『朝ママが起こしに来てくれる』などです。

 

大学生になると自由と引き換えに自分のことは自分で管理しなければならなくなります。

 

ご飯は誰が用意してくれますか?誰が起こしてくれますか?学校に行かなければならないという規則はありますか?

 

誰もやってくれないし、行かなければ行かなくてもいいのです。

 

そういう意味では、大学生は小学生とも会社員とも生活基準が違う『自分のことを自分で管理する基礎を学ぶ』大切な時期だと言えます。

 

どんなルーティンがある?

朝起きて活動的になるために例えばどんな活動があるでしょうか?

朝は必ずコーヒーを飲んでみる

f:id:messicoo:20181004153647j:plain

 朝はちょっと苦いコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

ここで大事なことは、『コーヒーを飲む』ことではなく、コーヒーを飲むために

①朝起きる

②お湯を沸かす

③ブレンディでコーヒーを作る

④カップに注ぐ

 

ここまでの流れを作ってしまうことです。

 

朝はコーヒーを飲まなければならないという考えが染みつくまで頑張る必要があります。

 

それさえ出来れば、エリート会社員のような朝を迎えることが期待できるでしょう。

AGF ブレンディ 瓶 80g×3個

AGF ブレンディ 瓶 80g×3個

 

 

※ 変にエスプレッソマシーン等を買う必要はありません。

 

朝には声を出してみる

f:id:messicoo:20181004154050j:plain

 

朝はなんだかフワフワして、やる気おきません。

 

そういう時に声を出して自分の声で自分の脳を起こしてみるといいかもしれません。

 

自分に向かって『おはよう!』と言ってみて下さい。

 

大丈夫、誰も聞いてないから。

 

顔を洗って歯を磨く

f:id:messicoo:20181004154503j:plain

 

高校生の時、学校に行く前必ずしていたことって何ですか?

 

洗顔と歯を磨くことですね。

 

これなら大学生でも出来ます。

 

朝起きたらすぐに顔を洗って歯を磨いてください。

 

 

枕の横にスマホがある

f:id:messicoo:20181004155241j:plain

 

 あなたは寝る前に必ずスマホをいじってから寝ていませんか?

 

私もよくそれをやってしまいます。百歩譲って寝る前にスマホをいじってしまっても、枕の横に置いておかないようにしましょう。

 

ちょっと離れた所で充電するとか、目覚ましを設定しておいて、台所にスマホをセット。朝起きたらすぐ台所でコーヒーを作ったり、朝ご飯を作れ態勢をとることができます。

 

私は朝起きてもスマホいじりません?いいえ、必ずいじります。

 

朝飯が用意されていない

f:id:messicoo:20181004160313j:plain

 

 生まれてから高校生の時まで、ず~っと朝ごはんが準備されてましたね。

(朝ご飯は食べない家庭もあると思いますが)

 

誰が準備してくれましたか?ママやひょっとするとパパですね。

 

でも大学生になると、朝起きても美味しい味噌汁の香りはしてきません。

 

もしかすると、『せっかくママが朝ご飯を作ってくれたのに食べないのは申し訳ない』そんな理由で起きたのかもしれませんね。

 

 

 

朝筋トレをしていない

f:id:messicoo:20181004142939j:plain

朝ちょっとした汗をかくとパッチリ目が覚めてその後も積極的で充実した活動が可能になります

 

私がオススメするのは腹筋ローラーを使っての筋トレです。

 

腕立て伏せや腹筋などの自重トレーニングでもいいのですが、私の場合は自分に甘いので、『回数さえこなせばちょっとくらい楽してもいいだろう』と無意識に体が反応してしまいますので、道具を使って正確にやった方がいいです。

 

道具買うためにお金払っちゃったから、無駄にできないというモチベーションも生まれます。

 

 

 

 次の日にやることを決めていない

f:id:messicoo:20181004161002j:plain

 

 

そもそも次の日に朝に何をするか決めておかないから、朝をダラダラと過ごしてしまいなんだか一日を損した気分になってしまうと思うのです。

 

それは例えば、朝起きたらすぐにゲームを始めるでもいいと思います。

 

一番最悪なのは、朝起きてぽけ~っと何も考えないことです。

 

次の日朝起きたら、複数じゃなくてもいいので、『これだけはやろう!』と決めておくのがいいでしょう。

 

 母ちゃんがいない 

 あぁ、母ちゃんがいねえよぉ・・・

 

朝は誰が起こしてくれるんだよぉ・・・

 

朝飯は誰が作ってくれるんだよぉ・・・

 

いってらっしゃいは誰が言ってくれるんだよぉ・・・

 

母ちゃんがいないのは、朝起きれない最大の要因でしょう。

 

まとめ

 

朝目が覚めるのは簡単かもしれません。

 

しかしながら、有意義な一日を過ごすためにもこの朝にどれだけ活動的になれるかが鍵になると思います。

 

朝の活動がそのまま午後にも活かされますからね。

 

 

 

 

 

         スポンサーリンク