あなたに1日1つの『小さな』学びを。

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

落語研究会代表が独断と偏見で選ぶ!夏に聞きたい落語5選

 

こんにちわ!ヨンス(@ShikanaiD)です!

 

暑い夏には、急いで寄席へ駈け込んで涼しい環境で落語を聞くというのもおつなものですねぇ・・・

 

東京に住んでいる方が心から羨ましい~!

 

ということで、大学の方で落語研究会を立ち上げまして代表を務めております私が!

 

夏に聞きたい落語を独断と偏見で選んでみました!

 

 

        スポンサーリンク

 

 

 

ちりとてちん

f:id:messicoo:20180126224135j:plain

 

この落語は知ったかぶりをすると痛い目を見るという演目です。

 

今日旦那の家に来るはずの人が一人も来ません・・・

 

そのためお膳が山のように積んであります・・・

 

これを捨てるのはもったいないということでタケさんを呼んで食べてもらうことにしました・・・

 

灘の生一本蔵出しのお酒に、鯛のお刺身、鰻のかば焼きなど豪華なお膳です・・・

 

タケさん、一つ食べるごとに褒める褒める・・・

 

『こんなの初めて食べました!』『もう死んでも悔いはない!』褒めに褒めちぎります・・・

 

これには旦那もご満悦、自分も酒と冷や奴で一杯やろうかとし始めます・・・

 

しかしこの冷や奴1か月も置いておいたために腐ってしまっています・・・

 

あ!これはチャンスだということで、娘のお清に唐辛子と瓶を持ってこらせ、腐った冷や奴と一緒にグチャグチャに混ぜた・・・

 

さて、タケさんと真逆の反対の性格で寅さんという人がいる・・・

 

何か美味いものを食べさせても褒めたためしがなく、それどころか何かと文句をつけたがる・・・

 

この人にこのグチャグチャに混ぜたまず~い品物を食べさせようと企むのでありました・・・

 

 

www.hanashicoo.com

 

 

 

ちりとてちん

ちりとてちん

  • 柳亭市馬
  • スポークンワード
  • provided courtesy of iTunes

 

 

お菊の皿

 

f:id:messicoo:20171103114816j:plain

 

夏はちょっと怖い話でゾゾっと寒くなるのが一番。まあこの落語は全く怖くないんですけど・・・

 

奉公人のお菊さんは、同じく住んでいる旗本の青山哲さんにあの手この手で口説かれますが言うことを聞きません・・・

それに怒った哲さんは青山家に代々伝わる家宝の葵の皿10枚組のうち1枚を隠し、それをお菊さんのせいにします・・・

因縁をつけて、散々いたぶった後、刀で斬り殺し、井戸の中へ落としてしまいます・・・

さあそれから長い年月が経ち、丑三つ時になると鐘がご~ん!となるのと同時に『怨めしい~』とお菊さんが幽霊となって出てくるという噂が・・・

それを聞いた男達が今夜行ってみようと計画します・・・

 

行ってみると青い炎がぽっと出てきてお菊さんが出てきます・・・

 

一枚・・・二枚・・・三枚・・・四枚・・・五枚・・・六枚と数えると、九枚まで数えると死ぬという噂を聞いていた男たちは一目散に逃げていった・・・

 

さあ男達怖がってるかと思いきや、お菊さんがあまりにも美人なんで、『また行こう』と言い出して、この習慣がだんだんと広まってイベントになってしまった・・・

 

www.hanashicoo.com

 

 

 

お菊の皿

お菊の皿

  • 隅田川馬石
  • スポークンワード
  • provided courtesy of iTunes

 

 

もう半分

f:id:messicoo:20180409124104j:plain

 

お菊の皿は笑いが多い落語ですが、これはオチで鳥肌が立つくらいぞっとする話です。

 

千住の通新町というところに一軒ぽつ~んと居酒屋がありまして、夫婦二人で切り盛りしています・・・

 

人通りの少ない所ではありましたが、店主の人柄で時間帯が来ると繁盛するようなそんな店でした・・・

 

そんなお店の常連で『もう半分のおじいさん』という方がいます・・・

 

なぜもう半分かと言いますと、普通はお酒を呑むときに、おちょこに一杯入れるのですが、そのおじいさんは半分だけ入れてくださいといつも言うのです・・・

 

そんなおじいさんがお店から帰った後、店主がおじいさんの忘れ物に気づきます・・・

 

小包みがふたつ入っておりました・・・その中身は・・・

 

 

www.hanashicoo.com

 

 

 

もう半分(2013.7.26.文菊独演会@日本橋社会教育会館)

もう半分(2013.7.26.文菊独演会@日本橋社会教育会館)

  • 古今亭文菊
  • スポークンワード
  • provided courtesy of iTunes

 

 

死神

f:id:messicoo:20171219230822j:plain

 

この落語は私が一番最初に聞いた落語であり、演じる人によって面白くも怖くもなる演目です。

 

借金まみれになって生きる希望をなくしてしまった男・・・

 

もう自殺しようかと試みる・・・

 

そこへ死神と名乗る白髪でガリガリの老人が現れます・・・

 

何でも金儲けの方法を教えてくれるのだそう・・・

 

そのお金儲けの方法とは男が医者になれということだった・・・

 

 

www.hanashicoo.com

 

 

 

 

死神

死神

  • 柳家喬太郎
  • スポークンワード
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

船徳

f:id:messicoo:20180630190957j:plain

 

船の船頭に憧れた大家の若旦那がいました・・・

 

舟宿の親方に頼んで無理やり船頭にしてもらった・・・

 

この船頭という仕事は、いきなり出来るものじゃありません・・・

 

下積みがあって、力仕事もできなくちゃいけません・・・

 

若旦那は普段から遊んでばかりしていますから、ヒョロヒョロで仕事ができない・・・

 

それでも若旦那だから舟宿のみんなも気を遣って言いたいことも言えない・・・

 

そんな若旦那、みんなが仕事で出払っている時、自分はいつものように舟宿で昼寝をしていた・・・

 

そんなところへお客さんが来まして、若旦那を船頭に指名することに・・・

 

 

www.hanashicoo.com

 

 

NHK落語 八代目桂文楽「船徳」

NHK落語 八代目桂文楽「船徳」

  • 八代目 桂文楽
  • 番組 & パフォーマンス
  • ¥800

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

夏の暑い時期に涼しい場所で聞く落語ほどいいものはありませんよ~!

 

特にもう半分などの怖い演目は、暑いと思っていたのが一転、ブルっと身震いしてしまいます。

 

 

 

       スポンサーリンク