ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

人は自分の期待通りに動いてはくれない。必要な言葉は『ありがとう』。落語【うどん屋】

 

 

江戸時代には夜鷹そばというものが大変に人気がございました・・・

 

これが明治の六、七年になりますと鍋焼きうどんというのが流行ったんだそうですな・・・

 

寒い晩になりますと、この鍋焼きうどんの売り声が方々で響いたんだそうでございますが・・・

 

 

       スポンサーリンク

 

 

 

 

な~~べ~~や~~き~~うど~~ん~~~♪
おお~い!うどん屋ぁ!あの○%×$☆♭#▲!※・・・
おっとっと!お客さんだいぶ酔ってますな!?揺らさないでくださいよ!荷が崩れますんで・・・下ろします下ろします・・・
はぁ~うどん屋ぁお前に会えてよかった本当だよぉ・・・
ちょっとそれどけて火を・・・あぁ寒かったぁ火に当たりたかったんだ・・・
あぁ暖かい・・・だけどいいなぁうどん屋お前なぁ!
何がってお前、こう寒い晩でも火を担いでられるからいいなぁ!そうして世間を広く歩いてぇ・・・
あっ!そうだお前これだけ歩いてりゃ仕立屋の太兵衛ってのを知ってるか?
知らねえはずはねえぞ?知ってるはずだ、顔の広い男だよ!
一人娘がいんだ!今年で十八になる美ぃ坊ってんだ・・・
それが今晩同じ商売仲間から婿をもらってよ・・・俺は以前隣で暮らしてたもんだ是非来てくれってんで婚礼に行ったよ!
そしたら久しぶりに俺の顔見て、『おじさんおじさん~!』って覚えててくれてさぁ!
嬉しくなっちゃったぁ・・・
そのうち綺麗な花嫁衣装になってさ・・・俺の目の前でピタッと手を添えて『さておじさんこの度はわざわざ遠いところありがとうございます・・・』ってそう言うんだよ・・・うん・・・
俺ぁ本当に嬉しくなっちゃった!
こんなに小さかった子がさぁ!大きくなって『さてこの度は』なんてのは、よっぽど学問があるか足袋屋さんじゃなきゃ言わないよ?
だから本当に・・・うん・・・嬉しくなっちゃったなぁ・・・うん・・・
なぁ!うどん屋!なぁ!
それは大変におめでとうございます!
おいおい!なんだそれおかしいだろ!?
いや何がってさ、本当にここの底からおめでたいなぁって思ったら『大変おめでとうございます』なんて大変なんて付けねえと思うなぁ!
素直におめでとうございますと言うと思うよ?
ああそうですか、じゃあ・・・おめでとうございます!
じゃあってのはなんだ!おかしいじゃねえかよ!
勘弁を願います・・・
はっはっは・・・まあしゃーねえやなぁ!いやぁだけどなぁ・・・あぁ暖っけえ・・・
おめえは本当にあれだよ、この寒いのに火を担いでられていいよなぁ・・・
世間を広くあるいてさぁ・・・
そうだ!世間を広くっていやぁおめえ仕立屋の太兵衛っての知ってる?
あ、あぁ・・・
そりゃ知ってるやなぁ!顔の広い男だよ・・・
一人娘の今年十八になる美ぃ坊ってのがいんだよ!
あの今晩同じ商売仲間から婿さんもらったんですよね?
あは!やっぱり知ってんだ!そうかそうか!顔の広い男だ!そうだ、そうだよな!
俺が以前隣で暮らしててさ・・・久しぶりに会ったのに
おじさんおじさん!ってそう言って覚えててくれたでしょ?
見てたぁ!?見てたんだ!そうか!見られちゃしょうがねえやなぁ!
そしたらなぁ、本当に綺麗な花嫁衣装になって、俺の目の前にぱっと手をついて・・・
『おじさん、さてこの度は』とこう言ったんですよね?
いたんだそこに!なぁんだいたんだったらしょうがねえやぁ!見られてたんだなぁ!
めでたいやなぁ!うどん屋!
えぇ、おめでとうございます!
・・・なんかおめえ愛想がないね・・・
本当におめでたいなと思ったら、『大変おめでとうございます』くらいは言うよ?
いやでもさっきは・・・
いい、いい!そういう顔すんなよ、なっ?だけどほらっおめえのおかげで手が暖まっちゃった・・
ありがとよ!じゃあまた来るよ!あばよぉ!
ちょ!ちょっとお客さん!うどんを!
ったくあの野郎・・・ただ喋ってうどんも食わずに暖まって行っちまいやがった・・・
どうにもしょうがねえなぁ・・・確かに昔から大声で呼ぶ客なんてのは儲けがねえって言うが全くだ・・・馬鹿馬鹿しい話もあるもんだ・・・よっこらしょっと・・・
な~~べ~~や~~き~~うど~~~ん~~~~♪
うどん屋さん?・・・うどん屋さん?
へ~~い!
子どもが寝たんで静かにして!
・・・
子どもが寝たなんて知らねえや、ったく・・・うぅ寒い寒い・・・表通り出よ・・・よいしょっ・・・
な~~べ~~や~~き~~うど~~~ん~~♪
おぉ~い・・・うどん屋さぁ~~ん・・・うどん屋さぁ~~~ん・・・
お?ずいぶん小さな声だな・・・あぁ~!大きなお店だ!なるほど、ご主人に内緒で奉公人が大勢で食おうってんだ・・・
そうなりゃすっかり売れちまうってやつだな・・・じゃあご主人に見つかんねえようにこっちも合わせてやんなくちゃいけねえ・・・
へぇ~~い・・・
うどんを下さ~い・・・
へぇ~~い・・・おいくつ?・・・
ひとっつ・・・
・・・へぇ~い・・・
・・・なるほど、この人は試しに一つ食ってみようってんだ、これで美味かったら後からぞろぞろみんなが出てくるんってんだな?
俺が帰ろうとすると、『うどん屋さぁ~ん!後20杯お願いしますぅ・・・』なんてね!?とびっきりうまく作ってやろう!
お待ちどうさま・・・
ありがとうございます・・・
・・・ふぅふぅ~・・・ずるずるっ!ずずっ!・・・ずずっ!・・・(うどんをすする音)・・・はぁ~・・・
ごちそう様、おいくら?
はいどうぞ・・・
・・・頂戴いたします・・・それじゃまた・・・
お~い・・・うどん屋さぁ~ん・・・
へぇ~い・・・!!
お前さんも風邪を引いたのかい?
 

 

 

 

 

うどん屋を聞きたい方へ

 

昭和の名人~古典落語名演集 十代目柳家小三治 四

昭和の名人~古典落語名演集 十代目柳家小三治 四

 

 

 

うどん屋

うどん屋

  • 柳家 小さん
  • コメディ
  • ¥1200

 

 

 

うどん屋を聞いての感想

 

自分が相手に期待していることと、相手がやろうとしていることは中々うまく合うものではありませんよね。

 

『私は本当はこうして欲しかったのに・・・』『あなたならこうしてくれると思ったのに』なんて強く期待しすぎるあまり、期待通りにことが運ばないと怒ってしまう人ってよくいますよね。

 

今回はうどん屋が舞台でしたが、今も昔もどんな商売でも予想してないことはあると思います。

 

もう働いてはいませんが、8か月続けたお弁当屋さんのバイト先で、小学生野球チームのお母さん?保護者かな?の方がお弁当の予約をされました。

 

その日は野球の大会があったそうで、試合が終わった後に食べるお弁当の予約でした。

 

ちょうどお昼までに配達する予定の注文でしたが、この日は他のお弁当の予約や普通のお客さんもたくさん来て、中々に忙しかったです。

 

この忙しさもあり、お弁当の配達が少し遅れてしまいました。

 

ちょうど30分くらいだと思います。

 

配達自体は店長がしており、店は私と他の従業員で担当していました。

 

途中店に何度か電話が入り、『もう約束の時間5分過ぎてるんですけど!』と怒った様子でした。

 

私自身もこれは本当に申し訳ないと思い、ひたすら謝り続け、『もう少々お待ちください』と言うしかありません。

 

ここまでなら、まあ理不尽でもなんでもなくこちらの不手際だと言えます。

当初の約束より過ぎたのですから。

 

その後、お弁当の配達を終えて帰ってきた店長から色々話を聞くとその理不尽さに驚きました。

 

『約束の時間は過ぎたので、もうお弁当は受け取らない』と言うのです。

 

確かに当初の時間に配達する予定だったお弁当が時間までに届けられなかったのは、店の大きなミスです。

 

ですが、私が理不尽だなと思うのは、『試合を終えて、お腹をすかせている子供にお弁当を食べさせないのか?』ということです。

 

これがまだ、すでに試合が終わっていて、『子供たちがお腹をすかせてもう我慢できないので、各々で昼食をとることにしました。お弁当はもういらないです。』と言うのであれば、まだ納得できるし、お弁当を待ってる子供にも本当に申し訳ないことをしたなと思います。

 

しかし、店長曰く、『試合はまだ続いてたし、なんなら保護者も応援してた』という話でした。

 

結局、せっかく作ったお弁当をまさか届けないわけにもいかないので、お弁当を予約したお母さん以外の人に『これ食べてください』とお弁当を渡して帰って来たそうです。

 

当然、そのお母さんからもらうはずだったお弁当のお代も受け取っていません。

 

その後どうなったのかは、バイトを辞めた(正確には辞めさせられた)ので分かりません。

 

私であれば、30分遅れても『もし間に合わなかったらどうするつもりだったんですか!?』と少しクレームを入れる程度で済ませますが、『お弁当を受け取らない』という選択をする人も世の中にはいるんだと勉強になった日でもありました。

 

これが理不尽かどうかは、あなたの考え次第ですし、『こんなの理不尽のうちに入んねえよ!お前が悪い!』とおっしゃるかもしれませんので、勿論異論は認めます。

 

落語うどん屋からだいぶそれてしまいましたね。

 

嫌な話をしたので、最後に少しいい話をして終わりましょう。

 

私は最近、大学近くの見た目は超汚いラーメン屋さんに友達と入りました。

 

ちなみに入ったのは初めてです。

 

主人が作って、妻が接客をする老夫婦二人で営む、少し年季の入った狭いお店でした。

 

しかしながら、私はラーメンを食べ終わった後、『この店になら何度だって来たい』とそう思いました。

 

その理由は接客を担当するおばあちゃんに何度も『ありがとうございます!』と言われたからです。

 

合計で10回以上は言われたのではないでしょうか?

 

お店に入ってこれだけ感謝されたのは、人生の中で初めてです。

 

『なんだそれだけか・・・』と思う方も中にはいるかと思います。

 

しかし実際にあれだけ感謝されると『この人のために何かしてあげたい!』と思ってしまいます。

 

それでいて、おばあちゃん1人で会計や案内、配膳まで全て一人でこなしているのですから、一瞬でそのお店のファンになってしまいました。

 

まあ私にできることと言えば、お店に行くことくらいしかないのですが・・・

 

心なしか、店にくるお客さんもそのおばあちゃんを見て、顔が朗らかになっていたような気がします。

 

『ありがとう』の魔力は無限大だなぁと感じた日でもありました。

 

落語に出てくるうどん屋さんも、ふてくされるだけじゃなくて、うどんを食べてくれなかった人に対しても『わざわざ来てくれてありがとう』と言える時が来るといいですね。

 

そうすれば、『どれうどんの一杯でも食べてやろうか。』という気持ちになるはず。

 

なんでもない話でしたが、ここまで付き合ってくれたあなたに伝えたい言葉があります。

 

 

ありがとうございます!

 

 

※かっこつけてごめんなさい。

 

 

 

 

       

 

        スポンサーリンク