ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

性欲を満たす昔のソープランド!?落語に出てくる『吉原』の全貌!

 

 

落語を聞いていると、しばしば『吉原』『遊郭』『女郎』『花魁』など、今でいう風俗的な物が出てきます。

 

したたかな女性によって多くの男性がだまされる噺の種類である『廓(くるわ)噺』は、色気のある男性が演じるとついつい引き込まれてしまいます。

 

しかしながら、吉原はシステム的にはキャバクラ・風俗と似ていますが、実際には昔と今では体系がだいぶ異なります。

 

今回は落語に出てくる昔の『吉原』について、細かく紹介していきたいと思います。

 

     

 

        スポンサーリンク

 

 

 

吉原とは?

 

吉原とは江戸幕府によって公認された遊郭のことを指します。

 

遊郭とは男性に性的サービスを提供する女性である遊女を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画のことを言います。

 

そもそも遊女が発展した理由としては、戦乱の時代が終わってから職にあふれた浪人が仕事を求めて江戸に集まったこともあり、江戸の人口男女比は3分の2が男性であったためであると考えられます。

 

遊女の中でもランクがあり、美貌と頭の良さを使って男性の人気を集めることができた女性はランクが高かったです。

 

ちなみに最高ランクは太夫(後に花魁)と呼ばれるもので、場合によっては自分の嫌な客であればお断りしてしまう・拒んでしまうようなこともありました。

 

ですからお相手はほとんどが、武家・公家のお客さんでありました。

 

※太夫が出てくる落語はこちら!

 

www.hanashicoo.com

 

 

このような遊女たちに対して、男性陣は粋にふるまうことがひとつの男らしさのステータスでした。

 

出す金を惜しまず、遊女に小遣いくらいあげられるような男性が『粋な男』と言われていたのでしょう。

 

またそれに対して遊女はいかに、客からあの手この手を使って貢がせるかのテクニックが重要になってきました。

 

 

吉原のシステム

 

現代の風俗では、お金を払ったらすぐにサービスが受けられます。

 

しかしながら、吉原では何もしてもらえないことが当たり前です。

 

吉原は確かに男性の欲望を満たす場所でもありましたが、ただの欲望のはけ口というわけではなく、恋愛を楽しむ社交場のような場所でもありました。

 

 

1,2回目の訪問

中級クラス以上の遊女屋に行く場合には、まず『引手茶屋』という所に相談します。

 

ここで値段や遊女についてを取り決め、遊女屋を紹介してもらいます。

 

上級の女(太夫・花魁)を選んだ場合には、遊女が付き添いを連れて迎えに来てくれますが、普通の場合には茶屋の案内で見世へ向かいます。

 

 

f:id:messicoo:20180827211152j:plain

見世


格子の中にいるのが遊女でこの中から自分の好みの人を選ぶことになっていました。

 

遊女の中には、選んでもらおうと色気を出して大きくアピールする遊女もいれば、あえて後ろに下がって寂しさを醸し出すことで選んでもらおうとテクニックを見せる遊女もいました。

 

好きな遊女を選んだら、見世の二階の「引付部屋」に案内され、そこで酒や料理を頼み遊女を待ちます。


客は下座に座り、遊女が上座に座ります。

 

宴席とはいえ、女は飲み食いはせず会話もしません。

 

「初会」は顔合わせだけのもので、近づくこともなく手を触れることもなく、ただ視線を合わせるだけです。


吉原では一夫一婦制がしかれていますので、一度選んだ遊女を裏切ることは禁止されています。

 

2度目に吉原に行ったときには、前と同じ人を指名しなければなりません。

 

どうしてもチェンジしたい場合には、遊女と見世にお金を支払わなければなりませんでした。

 

キャンセル料みたいなものですね。


1度目と同様の形で、茶屋を通して遊女屋に出向き引付部屋で女を待ちます。

 

2回目になると、遊女は少し打ち解けてくれます。

 

酒をくみかわしたり、多少の会話もしてくれます。

 

ただ、名前を呼ばれることはありません。「客人」と呼ばれるだけです。

 

 

3回目の訪問

3回目にもなると「馴染み」と呼ばれます。

 

「馴染み」になるには、通常の料金の他に、見世に「馴染み金」という祝儀を払い、遊女にも「床花」という祝儀を出します。


これらのお金を払い、ようやく吉原上の「夫婦」になれるので遊女はぐっと打ち解けます。

 

そうなると初めて遊女の部屋に通され宴席をもてます。

 

遊女は名前で呼んでくれるようになり、専用の箸が作られます。

 

箸包には客の紋章が入れられ、遊女が預かります。

 

これで「ここはあなたの部屋です」ということになります。

 

 

こうしてようやく性的関係を結べるようになりました。


吉原には独特のしきたりがあり、初会では顔を合わせるだけで口も聞きません。

 

二回目には会話はあっても性行為はできません。

 

3回通って「馴染み」になってようやくそういった関係になるんですね。

 

 

 

     スポンサーリンク

 

 

 

 

吉原終了

 

残念ながら、現代ではもう昔の吉原は存在しません。(名前と場所は残っています。)

 

1958年に売春防止法によって、吉原のシステムは終了しました。

 

吉原のシステムをなくしたのは、婦人議員です。

 

 

そんなものが日本にあっては恥です!いりません!不必要です!
 

それはご自分は不必要かもしれませんが・・・ そういうことを言ったら男の議員の方も

 
あぁそうですなぁ!不必要でしょう!
 

といって賛同しました。 自分は周りにそういう女性を囲ってるからいいけれども、若い者のことはちっとも考えてくれない・・・

 

ということを、私の好きな落語家さん『古今亭志ん朝』さんもマクラで話していました。

 

吉原が終わってから、名前を変更して『トルコ風呂』という名になりました。

 

そうすると今度はトルコの方から『失礼なこと言っちゃいけません!』と言われたので慌てた日本が、新しく名前を一般公募して、今の『ソープランド』という言葉が出てきたと言われています。

 

 

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1

 

 

 

 

吉原は二度と体験できないのか?

 

落語を聞いていると『吉原ってそんなにいいものなのかな?行ってみたい!』と思ってしまうところ。

 

では、今はもう吉原を体験することはできないのでしょうか?

 

実際に昔と同じようにと言ったらそれは無理でしょう。

 

しかしながら、祭りとして『江戸吉原おいらん道中』が開催されています。

 

www.edo-yoshiwara.com

 

ぜひ一度この目で見てみたいものですね。

 

 

 

主な落語の廓噺

 

 遊女の最高ランク、太夫が出てきます

 

www.hanashicoo.com

 

 遊女の視点から見た嫌な客との攻防戦を描いた落語です。

www.hanashicoo.com

 

 吉原に、女のおの字も知らない生真面目青年が騙されて行ったら?

www.hanashicoo.com

 

 

 

まとめ

 

吉原のことについて少しでも想像が広がってくれたら嬉しいです。

 

落語をより楽しむためにも、吉原がどういう所で、昔の人たちは𠮷原をどんな思いで通っていたかを想像するのもいいかもしれませんね。

 

 

        

 

         スポンサーリンク