落語のごくらく

落語の台本を吹き出し💬式で書いています。

MENU

両は今の何円!?落語に出てくるお金の単位と現代の金額相場まとめ!

 

落語に出てくるお金は昔の単位なので、パッと言われても、『ん?それは現代だったら何円?』と混乱してしまうかもしれません。

 

今回はあなたが落語を聞いたときに混乱しないように、お金の単位について勉強していきましょう。

 

 

      

        スポンサーリンク

 

 

 

落語に出てくるお金の単位

落語の出てくるお金の単位は、大まかに言うと

 

円、銭、両、文かなと思います。

 

円は今のお金の金額そのままではなく、明治時代くらいを指します。

 

それではひとつずつ見ていきましょう。

 

 

 

明治時代は、ちょうど欧米の文化が日本に入って来て、パンやコーヒーなどの洋のものがたくさん輸入された時代です。

 

今の物価と明治時代の物価を比べてみると、

 

1円(明治時代)=3800円(現代)

 

くらいになります。

 

今の物価は当時の3800倍あるということですね。

 

明治時代は、今と違って物価も賃金基準も異なるため、推測しづらいのかもしれませんが、明治30年頃、小学校の教員やお巡りさんの初任給は8~9円だそうです。

 

今の月給にして、約3万4000円です。

今の教員の平均月収が28万円くらいですので、当時の人からすると、1円が2万円くらいの価値があったのかもしれませんね。

 

 

銭も明治時代に使われたお金です。円よりも小さい単位です。

 

1銭が大体今の200円程度になります。

 

明治38年にはあんパンが1個1銭で今だと200円ですね。

マックのチキンクリスプが二つも買えちゃいますね。

 

また明治時代は、欧米から輸入されてきたものには高い物価が付けられていたようです。

 

カレーライス・・・5~7銭 (1000円以上)

ビール大瓶1本・・・19銭 (3800円)

自転車・・・200~250円  (約400万円)

 

やはり欧米からの物は希少なので、それだけ高い価値があったということですね。

 

落語では良く出てくるという単位。

 

1両=約13万円

 

になります。私の好きな演目『もう半分』ではおじいさんが50両ものお金をある夫婦が営む飲み屋に忘れてしまいます。

 

50両は今の650万円ですから、大変な額であることは確かです。

 

なんで650万円なんて金忘れるんだよ!アホか!と思う方もいるかもしれませんが、今の札束とは違い、コインのような形をしているので、巾着袋に入れて脇に置いてたら忘れてきちゃったということが起こりそうな気もしますね。

 

 

一文は32.5円になります。

 

江戸時代のお蕎麦は16文と決まっておりました。『時そば』で出てくるので、16文は有名ですね。

 

お蕎麦1杯で約520円になります。

 

他には

銭湯の湯銭・・・5~12文(160円~390円)

床屋さん・・・30文(約1000円)

 

 

 

 

 

お金が出てくる落語

 

 50両のお金をおじいさんが忘れてしまいます

www.hanashicoo.com

 

 

 三両(39万円)入った財布を拾った金太郎・・・

www.hanashicoo.com

 

 手付金として十円(3万8000円)出てきます。

www.hanashicoo.com

 

 

 200文で買った仏像が茶碗に変わり、その茶碗が300両(約4000万)にバケルお話

www.hanashicoo.com

 

小判30枚(30両=約400万)を山の上から投げてしまうお話

 

www.hanashicoo.com

 

 蕎麦は一杯16文!(520円)

www.hanashicoo.com

 

 

まとめ

落語を聞いている最中、急に『200両で売れました!』『3両おめえにやるよ!』と言われてもどのくらいかイメージできなければ、その重みが分かりません。

 

より落語を楽しむためにも、是非昔のお金の単位は知っておいて損はないかと思います!

 

 

 

       スポンサーリンク