ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

桂歌丸師匠が残してくれたもの~師匠は死んでなんかいない~

 

 『笑点』の司会でお馴染、桂歌丸さんがお亡くなりになった・・・

 

 

 

落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳だった。横浜市生まれ。落語芸術協会会長。体調不良や病気を押して、日本テレビ「笑点」の5代目司会を長く務めた。通夜・葬儀は近親者で行い、11日にお別れの会を行う。

 

1951年、15歳で五代目古今亭今輔に入門し前座名今児(いまじ)を名乗った。2年半ほど落語界から遠ざかったが、61年兄弟子の桂米丸門下に移り米坊として出直し。64年歌丸と改名し、68年に真打ち昇進した。

 

66年に始まった日曜夕方放送の「笑点」では、一時降板したが、当初からのレギュラーメンバー。三遊亭小円遊さん(80年死去)や三遊亭楽太郎(現六代目円楽)さんとの掛け合いが、茶の間の人気を呼んだ。2006年には五代目円楽さん(09年死去)に代わって5代目の司会者を16年まで務め、高視聴率番組の安定した人気をけん引した。

 

生家は横浜の妓楼(ぎろう)。地元愛は有名で、74年からは地元にある三吉演芸場で独演会を開いてきた。芸や噺(はなし)の継承にも力を入れ、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「怪談乳房榎(ちぶさえのき)」といった三遊亭円朝の長編の続き物を数多く手がけた。04年に落語芸術協会会長、10年からは横浜にぎわい座館長も務め、後継の育成や落語界発展に尽くした。芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭賞など受賞多数。07年旭日小綬章。16年文部科学大臣表彰。

 

著書に「座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生」など。近年は誤えん性肺炎などで体調を崩し、入退院を繰り返していたが、今年4月の国立演芸場では隔日でトリをつとめ、長講の「小間物屋政談」を熱演していた。

 

歌丸さんは2016年5月に50年出演した「笑点」の司会を勇退。15年6月には床ずれの手術・治療などで入院し一時退院したが、その後も体調不良で同14日に再入院。原因は36キロまでやせて体力が落ちていたことに加え「腸閉塞」を起こし、歩くこともままならない状態だった。この後も入退院を繰り返していた。

 

関係者によると今年4月24日に入院、29日に重い肺炎となり、三遊亭円楽(68)、三遊亭小遊三(71)も駆けつけたが、30日以降、奇跡的に回復した。体調によっては8月の国立演芸場への出演に強い意欲を見せていたという。4月19日の国立演芸場定席が最後の高座となった。

 

桂歌丸さん

 

 

f:id:messicoo:20180703024545p:plain

   



一年ほど前から落語に興味を持ち始めた私にとってみれば、歌丸さんのイメージはあまりにも『笑点の司会』が強かった。

 

あるとき落語の演目『つる』を練習しようと考えたとき、『つるをやるなら歌丸さんを参考に』とアドバイスされ、初めて歌丸さんのつるを聞いた。

 

落ち着きのある渋くてはっきりとしたはつらつとした声に心を奪われた・・・

 

 

 

 

そして、その時にはもう『笑点』のイメージは勿論のこと、そこに落語という言葉も加わった。

 

まだまだ桂歌丸さんの残してきた芸を見ていきたいと思っている。

 

不思議なことに、私は歌丸さんが闘病で戦っているさなかにも、『きっとどこかで元気に笑っているのだろう』と思っていた。

 

おそらくそれは、笑点を見ていても、私が聞きに行った落語家さんの噺を聞いていても、歌丸さんを思い出すからであろう・・・

 

例えば、落語家さんが言うマクラの中で、しばしばこのようなことを聞く。

 

落語家にも、階級がありまして・・・

 

下から前座、二つ目、真打、ご臨終・・・

 

 

これを聞いたときに、ただまっすぐに思い出されたのが歌丸さんと円楽さんの『笑点』での掛け合いだ。

 

 

 

          スポンサーリンク

 

 

 

 

 

歌丸さんと円楽さんの信頼関係があるからこそ、最大限に生きるイジリ芸。

 

それも今や、色んな落語家さんの鉄板噺のように感じられるようになった。

 

落語家さんがこのような小噺を披露したとき、きっとどこかで歌丸さんが山田くんに座布団を持っていかせるんだろうと、心の奥底でイメージしていた。

 

何が言いたいのかというと、今も私の中には桂歌丸が生きているということ。

 

これから落語家さんがいじることで、私はまた桂歌丸さんを思い出す・・・

何度でも何度でも・・・

 

 

だから、『もういじれなくなっちゃったね』とか『もうネタじゃないじゃん』なんて言葉も聞かれるが、これからも大いにご臨終ネタは存在していて欲しい。

 

不謹慎という言葉は、この人によってかき消されてしまった

 

これは桂歌丸さんが残した遺産だ。

 

 

このネタがある限り、お亡くなりになった=もう二度と見ることができないなんて悲しい考えがなくなるはずだ。

 

きっとそこには涙じゃなくて、思い出に溢れた笑顔が現れるはずだ、そう願う。

 

亡くなった人のことを、『悲しい』『残念』『惜しい人をなくした』とマイナスな感情で終えるのではなく、その人からもらったものや思い出をもう一度確認して、そのうえで『ありがとう』と言えるようなそんな人間になっていきたいものだ。

 

 

 

とにかく、桂歌丸さんが残してきたものは、幸せなことに、今の時代いつでもまた確認できる。

 

やはり確認すると、亡くなった気がしない。不思議なものだ。

 

画面のすぐそこにいるのだから。

 

 

桂歌丸師匠の名言集

 

 

修業は一生涯に及びます。ですから、辛抱もまた一生涯ということです。
 
 
若い時に苦労をしろ。何年か先に振り替えった時、その苦労を笑い話にできるように努力するんだ。
 
 
ある種、いい加減にやることは必要。いい加減は「良い加減」ですからね。
 
 
薄情な人間には薄情な落語しかできない。人情味のある人だから、人情味のある芸ができる。まさに「芸は人なり」なんです。
 
 
とにかく陽気な噺でお客さんを笑わせるのが一番だと。そういう素直な気持ちになると、不思議と受けるんですね。
 
 
人を泣かせることと人を怒らせること、これはすごく簡単ですよ。人を笑わせること、これはいっちばん難しいや。
 
 
褒める人間は敵と思え。教えてくれる人、注意してくれる人は味方と思え
 
 
ニ十才を過ぎた人間にモノを教えることは何もない ニ十才を過ぎた人間は大人だ ニ十才を過ぎたら自分で気づくよりほかない
 
 
しゃべり上手は聞き上手 幾つになっても若手に学ぼうとする心意気と情熱を持ち続けることが大事
 
 
一度でいいから見てみたい、女房がへそくり隠すとこ
 
 
 
 
ご冥福をお祈りいたします

 

 

 

 

 

         スポンサーリンク