僕らと映画と落語と

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。片方は映画、もう片方は落語についての記事を書きます!

MENU

プロの話家でさえ知らない惹きつける話し方の秘密

こんにちわ!ヨンスです!

 

私、お決まりのYoutubeでいわゆる意識高い系の(自分で言うかww)動画を見ていた時に発見した「99%の講師が知らない惹きつける話し方の秘密」というタイトルの動画を見ました。

 

今回の記事は私自身学んだことをアウトプットするという意味で、この動画で学んだことを書きたいと思います。

 

 

人を惹きつける話し方とは

f:id:messicoo:20180328104558j:plain

 

99%の話のプロの方が実行していない、ものすごく重要な要素があります。

ここで言う人を惹きつける話し方の定義とは

興味のない人をこちらに振り向かせる

学習効果をより高める

商品を販売したり、プレゼンする

などの視点で考えたときに、この要素を使うか使わないかで、ものすごく差がでます。

 

まず最初に重要なことをお伝えします。

 

何かを伝えるときにノウハウというものがあって、そのノウハウをちゃんと伝えれば、すごく素晴らしい内容を伝えておけばいいんだと思われていますが、実はそれは間違いです。

 

それ以上に大事なことがあります。

 

それは口から出るです。惹きつける話し方というのは『音楽と一緒』です。

音楽というとメロディーや歌というイメージがあると思いますが、音楽にはリズムやトーンや強弱なんてものも存在します。

実は会話というのも、リズム・トーン・感情・抑揚といったものを利用することで全く惹きつけ方が異なってしまいます。

ここを99%のプロの方は使えてないので、これを使えるようになっただけでも、聞いた人が『なんだか分からないけど惹きつけられました!』『ファンになりました』ということが起きます。

 

 

ここで、ある例文を用意します。

 

私の元には、アナウンサー、カリスマ予備校講師、プレゼンの先生、話し方教室の室長など、プロの先生まで学びに来ます。なぜ、彼らプロまで学びに来るかと言うと、上手な話し方、きれいな話し方と惹きつける話し方は違うからです。

 

この例文を読む際に、惹きつける話し方を利用しない人の話し方は、話すスピードが一定です。なめらかに話すということは、実は聞き手の脳には響きません。

 

しかし、惹きつける話し方は、話すスピードに抑揚をつけることによって、聞き手の脳にえぐりこむようにします。また引き込まれる話し方というのは話す言葉、キャッチ―な言葉だけではなく、トーンやリズム・高さ・スピードに比例します。

 

私の / 元には、/ アナウンサー、/カリスマ予備校講師、/プレゼンの先生、/話し方教室の室長など、/プロの/先生まで学びに来ます。/なぜ、彼らプロまで学びに来るかと言うと、/上手な話し方、/きれいな話し方と/惹きつける話し方は/違う/からです。

 

例えば、私の/ をゆっくり話します。そして、アナウンサー・カリスマ予備校講師などの単語は長いので無意識に早くなるようにします。そうすることで、聞き手があきにくいという効果が生まれます。

 

そして、その抑揚をどこにつけるかによって、自分が一番伝えたいところを強調することも可能です。

 

例えば、 アナウンサー、/ カリスマ予備校講師(声を低めで強めに発音)/プレゼンの先生・・・と言うと、カリスマ予備講師が強調されます。そうすることによって、無意識に聞き手を先導することが出来ます。話のスピードを変えたり、リズムを変えたり、声の大きさを変えたり、ここ一番でどや顔で伝えたりすることによって、この例文のどこが強く印象に残るかも変わってきます。

 

また体のジェスチャーを加えることによって、覚悟が伝わったり、より惹きつけたりすることが出来ます。例えば、上手な話し方、/きれいな話し方と/惹きつける話し方は/違う/からですの違うからです。の所で一刀両断!というような手のジェスチャーを入れることなどです。

 

このようにひとつひとつのジェスチャーや、スピード、トーンであったり、抑揚であったりが計算できるようになると、同じ言葉を使っていても、他のプレゼンターよりも他のセミナーの講師よりも惹きつけることができます。

 

そしてこれは決して難しいことではなく、今までアンテナを張っていなかっただけ、アンテナを張るようになるだけで、誰でも出来るようになります。

 

そのアンテナを張る方法は簡単です。

あなたの周りで、惹きつける話し方をする人が話の内容関係なく、どういうリズム・スピード・トーン・抑揚で話しているかを意識してください。

 

 

私たちはどうしても、スピーチの原稿の方にエネルギーを注ぎがちですが、そのエネルギーはどのトーンなのか?どの抑揚なのか?どの韻を踏んでいるのか?どのスピードなのか?に注いでください。

 

例えば、ジャパネットたかた高田明さんのショッピング番組を見たことはありますか?高田さんの話し方はこの惹きつける方法を利用していると思われます。

 

高田社長の話し方に注目してみてください。

安室奈美恵 / ジャパネット制作!安室奈美恵グッズ紹介動画!髙田社長が2年ぶりにMC復帰! - YouTube

 

 

そして、この惹きつける話し方について私が見た動画はこちらです。

99%の講師が知らない惹きつける話し方の秘密 - YouTube

 

 

カリスマ講師 THE バイブル

カリスマ講師 THE バイブル

 

 

 

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」