僕らと映画と落語と

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。片方は映画、もう片方は落語についての記事を書きます!

MENU

除籍(大学から存在を抹消されること)になるかもしれないというお話

こんにちわ!ヨンスです!

 

いきなりですが、みなさん大学を除籍になるという意味はご存知でしょうか?

大学に入ったことすら、存在しなかったことにされる」ということです。

 

つまり、頑張って受験勉強をして大学に合格しても、除籍になるということは、「君は大学に合格していません」と認識されてしまうです。いわゆる大学追放&その後そんな奴いませんでしたよ状態ですね。

 

さてそんな除籍になるという最大のピンチに私は直面してしまいました。

 

この記事は2018年3月23日に書きました。私は2018年3月30日までに授業料53万8000円を支払えなければ、大学をやめざるをえないという状況に立ってしまいました。もし払えなければ、私は晴れて、大学をやめ、無職or今から働ける就職先を選ばなければならない状態になってしまいました。まさかこんなに早い段階で就職活動をするとは思っていませんでしたが(笑)

 

しかし、この記事を書く理由は同情して欲しいというわけではなく、もし今現在でも、これからでも、私以外に、授業料が払えないなどで除籍になってしまうピンチを抱えた学生さんがいたときに、この記事を見て、少しでも、元気を出し、あきらめずにどうにかする方法を模索して欲しいという気持ちと今の私のとてつもない複雑な気持ちや状況・体験がこれからの自分の人生においてきっと役に立つと思うので、何か言葉にして残しておかなくてはと思ったからです。

 

 

除籍と宣告されるまでの道のりとこれから

f:id:messicoo:20180323152535j:plain

 

私が除籍になるまでに追い込まれてしまったのは完全に私自身の責任以外の何物でもないと思っています。親の「なんとかなる」に甘え、「なんとかしてくれるのだろう」と考えてしまったことが今回の大きなピンチを招いてしまったと考えざる負えません・・・

私がもっと早い段階で親と経済的な状況を話し合い、親の「授業料が払えない」という言葉をもっと早く聞くべきだった。なんなら入学当初からこのような話し合いをしていれば、入学してすぐにバイトやらなにやらで、一年で50万貯めることは可能であったでしょう。

しかしこうなってしまったからには、もう後悔しても仕方がありません。私にできることは

・大学の先生に相談すること

・ネットの支援金掲示板に投稿すること

ブログを書くことで二度と私のような状況に陥る人を作らない、そしてこの体験を絶対に忘れない   

ということです。(全てやりました)まだできることがあるよ!という方がいれば、是非教えてください(ちなみにカードローンなどはすでに利用済みです笑)

 

さてここからは私の思いと私と同じような目に遭わないための、恐縮ではございますがアドバイス的なことをつづらせていただきます。

 

「授業料が払えないかもしれない」と言われたのは、2018年3月20日・・・授業料納入日まであと10日間です。

私がこの状況に立たされて、痛感したのはさきほども言ったように、親に全て任せていたことです。

 

もし、まだ授業料納入日まで時間がある方で親御さんと家庭の経済的な状況を一度も親御さんと話し合ったことがない方で、特に親から「なんとかなる、なんとかする」と言われている方は要注意です。

 

「授業料が払えないかもしれない」と言われた当日、私は親とみっちり話し合いました。親から言われたことをまとめると、「今まで子供に心配をかけさせまいとなんとかなると言ってきた。それが親として当然だと思っていた。だけど今思えば、もっとあなたに経済的につらい状況であることを早く伝えておくべきだった。」という話でした。

 

これは私などの学生側ではなく、学生のお子さんをお持ちである親御さんに伝えたいことですが、もし本当に授業料が払えないという状況に陥った場合、本当に困るのはあなただけではなく、お子さんも困ってしまうということです。

 

本当にお子さんのことを考えるのであれば、「子供に心配をかけさせるのは親として失格」など、変な固定観念は捨て、早い段階で経済的に厳しいものは厳しいとお子さんにきちんと説明してあげることが重要であると私は思います。

 

お子さんもいつまでも自分の思っているような子供のままではありません。自分で自分の危険を管理し、自分の頭でどうすればいいのか考えるはずです。むしろそうさせた方が、自分のことを自分の頭で考える立派な人物になれるのではないかと私は思います。(私はこのような状況に立って、始めて自分に危機感を覚えましたがww)

 

親が早く言ってくれなかったのが悪いという風な書き方をしてしまいましたが、この状況はあくまでも自分(私)が起こしてしまった状況であることを忘れてはいけません。自分が親に甘えに甘えた結果がこのような結果を招いてしまったのです。

 

私はこの体験を通して、自分で管理できる最低限のことは自分で何とかしなければならないのだと思いました。

授業料・家賃・光熱費・水道料金・携帯代などなど私が働いて稼げるところは自分で稼ごうと思いました。(バイトは現在してはいますが、その他に足りないところはまた稼ぐ方法を考えます)いつのまにか「親に払ってもらって当たり前なんだ」と思っていた自分が怖くなりました。

 

さてここまで、「こうしていれば、ああしていれば・・・」や「自分はこれがダメだったから次からは・・・」なんという多少マイナスな面を書きましたが、私がこのような状況に立って時、決して後悔や無念などの悪い面だけでなく、いい面もあるということも伝えさせていただきます。

 

 

今まで普通に大学に行かせてもらっていたことに感謝するようになりました。(テンプレのような回答ですが)

 

大学に入学してはや一年・・・振り返ってみると、色々新しいことには挑戦出来ましたが、それが果たして大学でしかできなかったことなのかと言われると疑問が生まれます。じゃあ大学でしかできないことは何?と聞かれると答えられないのですが、これから大学でしかできないことを意識しながら通えるとは思います。(私に来年があるかは分かりませんが)

 

その他にも、授業は確かにサボらず受けました。単位もちゃんと取りました。(まだ前期の結果だけですがww)勉強も一応はしました。

 

しかし、私は今までテストのための勉強・単位のための出席をしていたのではないかと思いました。その証拠として、私は授業が休講になった時、確実に喜んでいました。ですが休講とはつまり、一講義分の授業料をぼったくられるのと同じということなので、むしろ怒るべきなんだと痛感しました。そして休講を喜ぶということは暗に「私はお金を払ったけど、その対価として払われるべき知識はいらないよ、やった~」と喜んでいるのと同じことなのだと思いました。

 

一年間の授業料・・・53万 としましょう。(私の場合)

 

私の大学では前期とれる科目は12科目と決まっていますので、前期後期(一年間)合わせて24科目あります。

 

53万÷24=約22000円

 

 

例えば、経営学という授業科目があるならば、その一科目につき22000円かかるという計算になります。

さらに私の大学では、大体一科目につき、16回授業がありますので、

 

22000円÷16=1375円

 

一回90分の授業に1375円かかる計算になります。

 

この計算をしたとき、せっかく科目を選択できるのであれば、いわゆる楽単(授業内容が簡単で比較的簡単に単位がとれる授業)を選択するのではなく、自分の興味あるかつ勉強になる授業をとるべきだと感じました。

 

そして、授業を受けるときには、自分の身になるようしっかりと勉強をし、なんなら「この授業の価値は自分の中では500円・・・875円のおつり返せ!!」くらいの気持ちで勉強しなくてはならないなと思いました。

 

もしかすると「なんてケチなやつなんだ」と思うかもしれませんし、私自身もこの経験をしなければ考えなかったことだと思います。

 

もし私が来年も大学に通えるようならば、一分一秒も無駄にはできないなと思いました。そして、まだ除籍になるかもしれないと分かって3日目ではありますが、考え方も少し変化しました。

 

今まで「大学生活は人生の夏休み」ということで学生は遊ぶことが仕事みたいなことをよく言われるし、私自身もきっとそうなんだろうなと思っていました。しかしこのような状況に立って改めて考えてみると、遊ぶの意味をはき違えると、本当に無生産でなんにも残らない遊びをしてしまう可能性があるのではないかと思いました。

 

そして私が考えた遊ぶということは今しかできないことをするということです。

 

今しかできないことは人によって勿論違うと思います。また大学でしかできないことって何?と言われたときに、急には答えが出ないのと同じように、私自身、今しかできないことが何なのかはまだ分かりません。

 

ただ、無生産でなんにも残らない遊びという定義は私の中でしっかりとあります。例えば、

 

・暇な時間をもてあまし、何もないときはひたすら寝る

 

・帰ってきたらとりあえずテレビゲームを始める

 

Youtubeで無意味な(自分の知識にならないという意味で)動画を見あさることが習慣化してしまっている

 

・毎回同じメンツで飲みに行ったり、遊びに行く(その際にくだらない話しかしないことが分かり切っている場合=そのメンツと自分の関係は薄っぺらい)(同じメンツでもお互いの有益な情報を交換できるならとてもいい関係)

 

などなどです。これはあくまでも、私の反省+これだけはしたくないなという例です。私の場合は上のようになるということをお忘れなく。

 

 

最後に

 

ここまで私自身のことをだらだらと書いてしまって大変申し訳ないです。まだまだ書ききれないこともたくさんあります。

結果的に除籍になろうが、来年また大学に行けるようになろうが、この経験は絶対に忘れないし、役に立つと思います。

ですので、もし私と同じ状況もしく大ピンチに遭遇している人に言いたいのは、マイナスな面だけでなくプラスな面も考えてみてくださいね。ということです。

所詮、つい最近までは大学に行けることを当たり前だと思っていた大学生の言うことなので、説得力は皆無ですし、内容も薄っぺらいです。

ですが、こうやって記事として残しておくことによって、私の中で一生忘れないし見返せるので、私の自己満足だと思ってください。

 

最後にこれだけ言っておきたいのですが、もし除籍になった場合、私と大学で関わってくれた方には本当に申し訳ないなと思っています。この場を借りて申し上げます。このような事態になってしまい申し訳ありませんでした。「これから頑張って一緒に作り上げよう!」とか「応援してるよ!」とおっしゃってくださっている方にはお見せする顔もありません。

 

ですが、私、決してあきらめたわけではございません。残り一週間なんとか50万円集めて、来年も大学に通うつもりです。

 

あ、あとどちらに転んでもブログは書き続けますので、それはそれでよろしくです(笑)

 

 

 

 (追記)

 

なんとかなりました!!ありがとうございました!!

www.hanashicoo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」