ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

落語 【王子の狐】 part1

こんにちわ!ヨンスです!

今回の演目は【王子の狐】です!

狐と言えば、人を騙すなどといったイメージがあると思いますが、この演目はそのイメージが大切になってくる演目です。

 

 

 

 

 

化ける、化かされたということを申しますが、同じ化けるでも狐と狸を比べると、狐の方は質が悪い・・狸の方が罪がないようでございますな・・・

なんとなく狸の方が間抜けなようで愛嬌がありますな・・

狐の方はというとごく冷たいようで、悪い奴になったりすると人を殺めてしまうというようなこともあったそうですな・・・

それだけに化かし方もずいぶんと鮮やかだったそうですな・・・

どういう風に化かすんだと色々聞いてみれば、ごく単純なものですけれども、夜表を歩いて家へ帰ろうというようなときに、いくら歩いても家に着かない・・・

これはもう極めて単純な化かされ方でございます・・

これだけ歩いてるのにどうして着かねえのかなと思っているときにはすでに化かされてるんですな・・同じ所をぐるぐる周っていたなんという・・・

たとえ家にちゃあんと着いたとして、家に横になって寝たとしても次の朝目覚めてみるってと、何にもない原っぱの上で寝ていて、風邪をひいちゃったなんというお話もございます・・・

こう狐や狸に騙されることが多くなりますと、逆にこれを利用するような殿方もいらっしゃるようで、若い女の子とその夜はずいぶんとお戯れになって、あくる朝になって家に帰ってきて・・

どうしたんだい?お前さん昨夜家へ帰ってこないで!
いやぁなんだか俺もよく分かんねえんだよ・・
何が分かんないの?
何が分かんないのってねぇ、俺ぁ昨日家帰ろうとして、みんなでもって歩いてたんだよ・・・
そしたら途中でなんだか分かんなくなっちゃって、気づいたら俺ぁ原っぱの上で寝てたんだ
あらやだぁ・・じゃあお前さん狐に化かされたんだねえ!
そうらしいやぁ
 

なんてんでね、カミさんを化かしちゃったりなんかして・・・

都合のいいような時もあるようでございますけれどもね・・ 歩いているうちに、妙齢(若い年頃)のご婦人に声をかけられて、

 
お付き合い願いませんでしょうか?
ああどうも、嬉しいやぁ!へへへ・・
 

なんてんでその気になって後をくっついていって、途中まで行くってとそのご婦人がよれよれっと倒れてくるもんだから、ここぞとばかりにぐわっ!っと抱きついて夢中になって、ほっぺたなんかをぐわぁ~っとこすり付け足りなんかすると、あんまり女が硬いもんだから、なんだろうなと思ってふっと見るってとお地蔵様に絡みついていたりして・・・

これでほっぺた擦りむいちゃったりなんかしちゃって・・

そういう間抜けな話もあります・・

まあしかし、人間の方でも化かされたままじゃあ気がすまないという気持ちが働くんでしょうなぁ・・

みんなでもって狐や狸を捕まえて、あわよくばとっちめちまおうなんて寸法で・・・今になってはもう大変ですよ・・

狐や狸がうどんやそばなんかに商品化されちゃってるんですから・・ いやに残酷な世の中になってしまいまして・・・

昔は信心深い人が大変に多くて、いくら自分を化かす狐であろうが、ちゃあんとお稲荷様にはお参りに行くんですねぇ・・・

まあ信心深いと言っても別に本当に信心があるわけじゃあない・・

ようはお参りをした帰りにどこかによって一杯やる、物見遊山にでもでかける・・

これが楽しみで信心を口実にしてるわけなんでございますが・・

 

王子のお稲荷様に、お参りをしに行く男がおりまして、まあお参りをすると言っても、帰りの遊びが楽しみでくるような奴ですが・・

今しがたお参りを済ませまして、さあまだ飲み食いにはちょっと早いかなぁなんてんで、賑わってる裏手の方へぶらぶらぶらぶらと歩いている・・

ひょいと見るってと大きな杉の木があってその間の陽だまりに・・・

何か寝てるなぁ・・・なんだろうな・・犬か?いや犬じゃあねえな・・・
あっ、狐だよ!あの顔といい尻尾といい、狐だ!狐なんてもんは中々人の目には触れられねえなんて言うが、この狐はこんなところに寝てずいぶん悠長な奴だなぁ・・
確かに今日はポカポカ天気も良くて、すやすやっと眠くなるかもしれねえが、こんなところで寝てて、犬にでも見つかったら噛み殺されちまうよ・・ちょいと可愛そうだなぁ・・
 

小石を持って、ぽ~んっと狐の方に投げてやると、当たりはしませんけれども、狐の方で気配を感じてパッと目を覚ますってと辺りをキョロキョロっと見て駆け出して行くってと、先にありました稲叢(いなむら)の陰にすっと入った・・

何をするんだろうとひょいと見るってと、しきりに草をむしっちゃあ頭の上に乗っけておりました・・

くるっと回ったかと思うと、年頃17、8になります綺麗な娘さんに・・・

 
うまい具合に化けたねえ・・へぇ~こんなところ見なけりゃ誰だって騙されちまうよ?おっと道へでてきたね・・・しゃなりしゃなりと歩いてるよ、へへっ・・誰か化かそうってんだな?
おもしれえじゃねえか!化かされた人には気の毒だけれども、狐が人を化かすところをじっくりと拝見しようじゃねえか!誰を化かそうってんだ・・誰か来るのかな?
誰も来ないねぇ・・・誰も通らないんだ・・
おいよせよ・・俺を化かそうってのかおい・・冗談じゃねえな、俺ぁ今起こしてやったじゃねえか、犬に噛み殺されちゃいけねえからってんで・・・それでも化かそうってのか?
へへへ・・・まあいいか、ネタは知れてんだ、ひとつ化かされてみようかなぁ!どういうことになるのか楽しみだ!
しゃなりしゃなりと歩くあの格好!どう見たって狐には見えねえな・・・気を付けよう、化かされないようにな・・
それにしても誰に教わったんだか知らねえけれど、あの髪の形といい帯の締め具合・・どうやって覚えたのかねえ・・
そうだ!こっちからきっかけを作ろう!その方がこっちの思い通りに話が進むからねぇ・・
名前はなんて呼ぼうかな・・おこんちゃん・・・おこんちゃんは変だな・・おたまちゃんこれいいな!おたまちゃんだ!よ~し!化かされるなよぉ・・・
おたまちゃん!?そこにいるのはおたまちゃんじゃないかい!?
あらまぁお兄さん・・しばらくぅ・・
うまいなぁおい・・ネタ知らなきゃやられちゃうよ・・
いやぁ!やっぱりそうか!おたまちゃんだったか!いや向こうから見てね、あんまり似てるんもんで、ことによるとそうかなと思ったんだけどもさぁ!
しばらく会ってないから半信半疑!おっかなびっくり声かけたんだが、やっぱりおたまちゃんだったか!よかった声をかけて!声をかけなかった日にはねえ!またいつ会えるか分からねえ!後悔しちまうところだったよ!
いやぁ本当に綺麗に化けたねえ~
化けた?
いやいやほらほらよく言うじゃないか、女は化粧と身なりでもって歳をごまかすなんてよく言うじゃないか!
あ!でもこれはあたしが悪かった!たまちゃんは子供の時分から器量よしなんだから大人になって綺麗になるのは当たり前だ!化けたって言葉は間違いだ!勘弁しておくれよ?いやぁ本当に綺麗になった!
それにしてもこんな所でもってどうしたの?
 
 
part2へ続く
 

f:id:messicoo:20180223111917j:plain

王子稲荷神社
 
王子稲荷神社について書かれていらっしゃいます。是非興味のある方はご覧ください。
 
 
【王子の狐を聞きたい方へ】

 

談志百席「不精床」「王子の狐」

談志百席「不精床」「王子の狐」

 

 

 

王子の狐 (1985年10月14日収録)

王子の狐 (1985年10月14日収録)

  • provided courtesy of iTunes

 

 

昭和戦前傑作落語全集 (第1巻)

昭和戦前傑作落語全集 (第1巻)

 

 

 続きはこちら

www.hanashicoo.com