僕らと映画と落語と

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。片方は映画、もう片方は落語についての記事を書きます!

MENU

この度、落語研究会を作ろうと思います。

こんにちわ!ヨンスです!

 

今回は完全に僕自身の話になるのですが、タイトルにある通り落語研究会を作ろうと思います!!

 

実は僕の大学、落語研究会がないんです・・・数年前まであったそうなのですが・・・

 

今回の記事では、サークル員募集も兼ねて、少し個人的な落語に関する想いを書いていきたいと思います(落語を好きになったきっかけとか・・・)

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

1.落語に対してもっていた固定観念

f:id:messicoo:20180112195424j:plain

 

落語を好きになったのは高校三年生の冬・・・

 

現時点で大学一年生ですから結構最近なんですよね!きっかけはある落語のアニメを見てから、落語を聞こうかなと思い、たまたまYoutubeで見た落語に惹かれてしまったからです!

 

 

ちなみに落語のアニメ

 

 


TVアニメ「昭和元禄落語心中」PV① rakugo shinju animation PV1

 

 

 

 

 

惹かれた落語、立川志の輔さんの『死神』

 


立川志の輔 「死神」

 

 

実は好きになる前まで落語と聞いて思ったことは、

 

落語かぁ・・・あれ途中でわけわかんなくなるんだよなぁ・・・

 

正直、落語はあんまり好きじゃなく、むしろ苦手意識がありました(笑)

 

ですから、昭和元禄落語心中を見るように友達に勧められた時も、正直全く興味はなく『落語かぁ・・・』と思っていましたが、アニメに詳しく、面白いアニメを紹介してくれる友達だったので、『まあ一話だけでも見てみようかな・・』というような感じでしたwww

 

ちょうど小学生くらいの時に、いわゆる芸術鑑賞教室みたな学校の行事で落語を聞く機会がありました。

 

最初は落語ってどんな感じなんだろう?と思って聞いていて、話のストーリーも途中までは理解していたのですが、だんだん聞いているうちに今どんな背景で誰と誰が話しているのかが全く分からなくなり、そのままオチまでいってしまって、結局落語を聞き終わった後、すごく心がモヤモヤしていました。

 

それからというもの、落語に対してついたイメージはあまりいいものではなく、

 

おじさんが座布団に座って一人で勝手に喋って、自分をモヤモヤさせて帰っていくもの・すごく退屈なもの固定観念がついていました。

 

ですからよく、『落語会やります、チケットはお早めに!』なんてCMやチラシを見るとどうしてわざわざお金をかけて落語なんて見に行きたいと思うのだろう?拷問じゃないか!と思っていました・・

 

 

今思えば、単純に子供のころは、想像力とか言葉の理解力とかがなくて、落語の魅力に気づけなかったのだと思います。

 

 

2.今思う落語の魅力

f:id:messicoo:20180112202243j:plain

 

さてそんな言ってしまえば毛嫌いしていた落語をもう一回聞く機会がようやく高校生になってから訪れたわけです!しかも自分から!!

 

正直に言うと、あのアニメを見て、立川志の輔さんの『死神』を聞いてなかったら、今頃落語落語!なんて言ってないと思いますww

 

アニメを見て、アニメでたまたまちらっと出ていた死神と演目・・・実際アニメじゃなくて本当の落語だったらどんなものなのだろうか?そんな思いで、Youtubeで『死神 落語』と検索・・・

 

聞いてみて、つまんなかったらHIKAKIN(大物Youtuber)でもみよう・・・

 

そんな思いで聞いていたら・・・

 

あれ?落語ってこんなに頭にすっきり情景が浮かぶもんだったっけか?すごく面白いんですけど~

 

と感動しているうちにあっという間に50分経っていました・・

 

一言では表現するのは難しいですが、僕なりの言葉で表現すれば落語は

 

コメディ系短編小説を耳で聞く感じww(完全に思いつきです)

 

小説は読みながら自分の頭の中で、勝手に登場人物やその情景を想像しますよね?『きっと主人公はこういう顔立ちで、こういう性格で、今はこういう場面で・・・』というのが小説を読んでいると勝手に頭の中で知らず知らずのうちに浮かんでいます。

 

落語の場合は読むではなく、それ聞いて行うんだと思います。さらに笑いのオチ(笑いに限りませんが)までつけてくれています。

 

さらに落語家さんがその情景を身振り手振りで具体的に表してくれるので、よりイメージが鮮明になるのでは?と勝手に思っていますww

 

3.落語研究会を作る!!

f:id:messicoo:20180112204810j:plain

 

さて、そんなこんなで落語について、いっちょ前に落語を語っているにわか野郎の僕ですが、ここで落語を聞くだけに飽き足らず、自分でも落語をやりたくなっちゃいましたww

 

そこでちょっと宣伝させていただきます!!

 

私、弘前大学というところに通っているのですが、これから立ち上げるであろう弘前落語研究会に入りたいという方を大募集をしております!!

 

(まだ団体として認められていないので、落語研究会立ち上げられるかはまだ分かりませんが・・・)

 

いきなり入って!!っていうのもおかしい話なので、現時点で考えていることをつづっていこうと思います!

 

①目的

・落語を通して、コミュニケーション力や人前に立って自己表現する自信をつけるため。

・学生及び一般の方に落語を広く知ってもらうため。

・落語を通して、上手な話し方やプレゼン力の向上に努め、それを人に還元できる力を身に着ける

・落語を聞くため

 

②どんなサークルにしていきたいか?

 落語研究会というと、落語をやらなくては!という固定観念があると思いますが、弘前落語研究会では、ただ落語をやる人だけが入るというわけではなく、落語を見るだけでも全然OK!!

 

また、自分がやっていること(挑戦していること・宣伝したいこと)プレゼンしたり、宣伝することを目的としても全然OKです!

 

伝えたいのは落語だから落語をしなくては!ということではなく、人の前に立って何か面白い話をする、人の役に立つお話をする。そういう練習のために落語研究会を使っていただだけたらと思います。

 

例えば僕の記事でいう

www.hanashicoo.com

 

このような話をどれだけ面白く話せるか?を研究して欲しいです!

 

③僕個人が目指すもの

 

僕はかなりの人見知りなので、人前で自分を出せずに悔しさを覚えることが多々あります。「あの時もっとこうすれば、ああすれば・・」と思うときもしばしば・・・でも逆にこの人見知りを克服出来たら、自分はもっと輝けるのではないか?と思うことも確かです。

落語をやるときにはいい意味で恥を捨てて、自分を表現しなければならないと思っています。だから、落語を通して、自分らしさを出せていけたらと思います。

 

でもなにより毎日楽しく、大学生活を充実させれるようにしていきたいと思っています!!

 

 

 まとめ

 

ここまですらすらと書いてきましたが、とりあえず、大学側に団体として認められないと立ち上げられません(笑)作った後のことばっかり考えてましたが、とりあえずちゃんと作らないとww

 

後、活動内容とかも全然確定してないので、そこもしっかり決めていこうと思ってます!!

 

最後にこの記事を見て少しでも弘前落語研究会に興味を持っていただけましたら、是非弘前落語研究会へ!!性別・年齢・住んでいる場所、問いません!!(活動場所は弘前ですww)

 

もし興味いただけましたら、とりあえず友達登録お願いします!お話だけでもしましょう(笑)

(僕の個人アカウントではなく、言ってみれば弘前落語研究会の公式アカウントですのでお気軽に!)

 

友だち追加

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」