ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

現実に泥棒をやろうなんてやつは大抵頭が悪いことが分かる落語【出来心】

・・あの・・親分どうもこんちわ・・

ん?誰だ?ああお前か・・よく来たな、さっそくだがお前に話がある
お前はどうも仲間内で評判がよくねえ・・、あれじゃ将来見込みがねえってな。 お前聞くが、なんでお前俺の子分になった?
そりゃあ親分みてえな大泥棒になりたくって・・
悪いがお前ははっきり言ってドジだ。おめえみてえなのが一人でもこの業界に いるとな、ああ泥棒もこんなもんか大したことねえって思われちまうからな
お前は破門だ・・・
そんな!!あたくしやっとの思いで、親分と子分の杯交わしてここまで やってきたんすから・・
これからはさらに一生懸命悪事に励みますので!! ・・・どうかもう少し可愛がって下さいにゃ~~
気持ちの悪いことをすんじゃないお前は!!あのな!いいか!?子分の杯 交わして終わりじゃねえんだ!
自分から行動に起こせ!! 何事も盗んでからが始まりなんだ!!
親分!!俺だって頑張ってるんですよ!!
ああでたよ!!頑張ってる奴ほど頑張ってると口には出さずに、コツコツと 盗んでるんだよ!!
じゃあお前何を頑張ってると言うんだ!!言ってみろ!!
はい!!あたくしこないだ土蔵破り、やってやりました!!
ちょうど体の入るくらいの穴をあけまして、それから潜り込みまして・・
何!?それは随分と大きな仕事をやったな!
それだけのことをしたなら お前俺の耳に入ってきてもいいような話だがな・・それからどうした?
潜り込んでさっそく蔵の中入って金目の物奪っちまおうと中に入ってみると、 草ボーボー・・石ころがゴロゴロ・・上みると星が出てるんすよ・・
ありゃあ?変だな~と思ったんですよ・・
何だその蔵は確かに変な蔵だな・・
そうなんです変なんですよ!!おかしいな~おかしいな~って思って 良~く見たらね・・
親分の前ですが・・大笑い
なんだその大笑いってのは?
ええ・・蔵だと思って入ってたらお寺の練塀突き破って墓場へ入ってました・・
墓場と蔵の検討もつかねえのか!?
それがあいにく暗くて わからねえ・・・星を見てから気が付いた・・ そら(空)みたことか・・
何を下らねえこと言ってんだよ!第一お前土蔵破りなんて上級テクニックだ!! もっと簡単なところから始めろ!!
簡単って例えば・・脱獄とか?
捕まっちまってんじゃねえか!それに一番難しいだろ!あほだね~お前は!! 空き巣とかでいいんだよ!!
やだな~親分!巣に空いてるも詰まってるもないでしょうよ~~!
おめえは空き巣も知らんのか!?
あっごめんなさい・・食べ物でしたか?
馬鹿!!人の住んでねえとこを探すんだぁ・・ああ違う住んでるとこだけど 留守の家だ・・
みろ!お前のせいで俺までおかしくなっちゃったじゃねえか! 人がいるけども今はいねえ・・つまり留守の家を探すんだ!!
それならそうと言ってくださいよ!まどろっこしいんだから親分は・・ そういうところですよ?泥棒連盟の会長になれない理由は・・
なんでお前に言われなくちゃいけないんだよ!!しょうがねえやつだな・・ いいか!!俺が空き巣の仕方教えるから聞いとけ!!
いいか?まず留守かな?って思った家に声をかけろ
留守ですか~~!?
・・こうですね?
違う!!ごめんくださいといって返事がなければこれは留守の可能性が 高い・・・そしたら中へ入って仕事しろ・・
でも気をつけろよ、 中には返事もしねえで急に出てくる奴もいるからな
なるほど~あなた良いですね
誰に向かって言ってるんだ!
でも急に出てこられてばれちまったらどうすんです?
そんなのは簡単だ
盗んだものを全部差し出して、 『まことに申し訳ございません。長い間、職にあぶれておりまして 、うちに帰りますと七つをかしらに五人の子供がございまして、 六十五になる年寄りは長の患い・・・医者にかけることもできません。 貧の末の出来心でございます』と涙のひとつもこぼせば、 ああ、出来心じゃしかたがねぇってんで、許してくれるだろうし、 うまくいけば、銭の少しもくれる奴がいるかもしれねぇ
銭か~銭!銭!
うまくいけばだからな!わざと捕まるんじゃねぞ!!
じゃあ反復練習だ 俺が今言ったこと、おめえ言ってみろ
へい、え~とまずごめんください、と言葉をかけて・・・返事がなかったら 留守だから仕事をする
返事があったら、いるんだから、 どうもすいません、貧の末の出来心で・・・
早え!!まだ何にもしちゃいないだろう!!もし返事があったら、 しらばっくれてものを尋ねるんだ
最近の政界をどう思われますか?
柄にもないことをするな!!人の家でも訪ねてるふりをするんだよ。 いいか、こんなぐあいにするんだ
『何丁目何番地はどの辺になりましょうか?』『このご近所に、ナニ屋ナニ兵衛さん てという方はいらっしゃいましょうか?』てな調子だ
相手が知ってても知らなくてもいいから、何か云ったら、ありがとうございます、 と頭を下げて出てくりゃあいいんだ
なるほどですね!!それじゃあ!!空き巣へ行ってまいります!!
馬鹿!!そんなにでかい声を出すんじゃない!
ああどうもこりゃ失礼・・・
あの少々ものをおたずねしますが・・・
お~~い・・・さっそく隣で始めるな~~・・・町内でろ!町内を!!
へ~~い!
・・ここまでくれば町内出たかな?
 
・・・ここまでくれば町内出たかな?
ごめんください~ ごめんください~・・
あっ・・どうも・・
そこお前空き家だよ?
へっ?
いやだからそこは空き家だって言ってんだ。表のとこの酒屋、あれ大家さんだから 行ってみるといい。貸家探してんだろ?
へっ?
いや貸家探してんだろ?
・・・留守探してんだ
変な野郎だな!!うさんくせえ野郎だ!!
ごもっとも!!
何だとこの野郎!!
やばい!!
・・・・はあはあ危ない危ない、中々難しいねこりゃあ 留守の家なんてすぐ見つかると思ったけど・・・
あれいつの間にかこんな貧乏長屋来ちまったよ・・まあいいかせっかく来たんだ 何かの縁だ、ごめんください・・
ごめんください、少々伺います~ 誰もいませんか?いないと物騒ですよ・・泥棒入りますよ・・
あれ・・これ空き家か?いやふんどし干してるってこと人が住んでんのか?
なんだなんもねえ家だなぁ・・ん?この鍋の中身は・・おじやか・・ 朝から何にも食ってねえんだ、いただいちゃおうかしら・・・ 
・・うまい!!うまいな~!!空き巣に入りながらっていうこの状況が 興奮しておじやがうまく感じるねえ・・
お隣のばあさん!!いま帰ったよ!!留守中誰も来なかった?そうかいどうも
帰ってきやがった!!ど、、どうしよう!裏口から逃げよう!!
あっ!この家裏口がねえ!!どうしよう!
仕方ねぇ、この踏み板上げて、 縁の下へ潜っちまえ!!
なんだ?誰も来なかったって割には足跡がべたべた・・
あっ!!おじやがねえ! やりやがったな!!泥棒め!!
まっ・・別に盗まれるようなもんねえから いいんだけどよっ
あ~!いいこと考えた!!大家に渡す家賃泥棒に盗まれたって 言えば家賃よこせって言わねえんじゃねえか?
ほほっ!!我ながらいい案だね! 泥棒に感謝しなくっちゃな・・
大家さん!大家さん!!泥棒だぁ、泥棒がへぇったぁぁっ、 大家さーん、泥棒ですよーっ、泥棒、大家さーん、泥棒大家!
誰が泥棒大家だよ
あっ大家さん、つい気持ちが先走っちゃって
先走りをするな!!で、なんだ?お前の家に泥棒が入った?
ああ大丈夫だろ?どうせとるもんないんだから・・
いや大ありですよ!!大家さんに渡そうと思ってた家賃盗まれたんすよ!! すみませんがもう少し待って下せえ・・
ああそうか・・泥棒に入られたんじゃあしょうがねえやな・・
そりゃあ気の毒だ、仕方ねえ待ってやろう
ホントですか?ありがとうございます
ええじゃあもう帰ってもらって結構ですから
待て待てダメだ、こういうのはちゃんと交番に届けを出さなくちゃいけねえんだから、 盗られたもの言ってみろ
へ?言わなきゃいけないですか?
当り前だ、大家の仕事なんだ、言え
ん~っとですね・・・泥棒ってのは何を盗るんでしょう?
私が分かるわけないだろう!
・・まあしいて言うなら着物とか、布団とか・・
そうそうそう布団!!布団持ってかれました!!
布団か・・まあ布団がなきゃあ 寝ることもできねえやな、どんな布団だ?
わた入ってます
そりゃあ布団なんだからわたは入ってるだろう!!表は?
表は賑やかですよ
この長屋のじゃないよ!
布団の表だ!
あの~大家さんの家の布団の表はなんですか?
ああ、うちは唐草だ
じゃあそれで
なんだじゃあそれでってのは?・・裏は?
お前の家の裏じゃなくて!!布団だ!
大家さんの家の布団の裏は?
ん?丈夫であったかいからってんで花色木綿だよ
あ、そうですか、あたしのとこもね丈夫であったか花色木綿!
じゃあまるっきり一緒じゃあねえか、何組盗られた?
えぇ・・と、五十組・・
五十組もあったら家じゅう布団だらけじゃないか!!
ですから表の布団屋に預けてます・・
何をわけのわからんことを・・もういいよ!二組ぐらいでいいか・・ やわらかものなんて、無かったか?
へぇ、やわらかものということについては、賤しい泥棒で、 せっかく作っといたおじやを食っていきました
いやそういうんじゃなくてだな、つまり、絹物で、例えば羽二重(はぶたえ)とか・・・
それそれ!それも盗んでいきやした、羽二重といえば、なんてっても黒羽二重で!
黒羽二重なんて、持ってたのかい? ふーん・・紋付きだな・・・ そんなもの、どこへ着て行くつもりなんだ・・
で、紋はなんだ?
モンは雷門
そうじゃぁねぇ、着物の紋だよ
品物が見つかったときに いい目印になるんだ、紋はなんだ?
紋・・・ですか? えぇっと、ケツみてぇのが三つ、ついてます
ケツが三つ? ・・ケツ・・・そりゃかたばみじゃないか?
そうそう、ウワバミです、そのバミで
うわばみってぇやつがあるか。かたばみだよ。で、裏は何だ?
裏はあったか花色木綿!!
裏はあったか、花色木綿!!
黒羽ニ重に花色木綿つける奴はいないよ!!あとはなんか盗られたかな?
あとは帯を盗られました
何の帯だ?
はだかの帯です
はだかの帯?・・博多の帯だろ?
ああそうかそれそれ・・裏は丈夫であったか花色木綿!
そんなところに花色木綿つけないよ!!
帯を一本と・・ それからどうだ?夏物なんか盗られたか?
夏物?盗られましたよ~!スイカにキュウリになすにトマト・・
そういう夏物じゃないんだよ、着るものだよ・・上布かなんか盗られてないかい?
そうそう上布(じょうふ)!とてもじょうふな上布でしてね・・ 裏は花色木綿!
またそれか・・いいか上布ってのは夏物なの、生地が薄いの!透けて見えるもの に裏つけてどうすんだ!!
へへへ・・丈夫であったか花色木綿・・寝冷えもしない・・
馬鹿の一つ覚えだね・・あとは?
か・・刀盗まれました・・
刀~!?お前刀なんぞ持ってたのか?長剣か短剣か?
へ?
長剣か短剣か?
じゃんけんです
お前のボケ聞くために呼ばれたのかあたしは?刀に名はあるのかい?
名?
無名かい?
無名?そう無名です!!確かそう書いてありました!!
無名と名の付く刀がどこにあるんだよ!!
へい裏は丈夫であったか花色木綿!寝冷えもしない・・
刀に裏つけるか馬鹿野郎!!いつまでもひとりで言ってろ・・
あとお札盗られました、裏は丈夫であったか花色木・・
 

ガタンっ!!

冗談じゃねえぞこの野郎!さっきから縁の下で聞いてりゃあ あれを盗られた、これを盗られたって!
おめえの家にはなんにもはじめっから 何にもなかったじゃねえか!!嘘ばかりつきやがって!!
嘘つきは泥棒の始まりってんだこの野郎!! 馬鹿みたいに花色木綿花色木綿って・・俺と一緒に警察来い!!
なんだこいつは?いきなり縁の下から出てきやがった
・・はは~ん・・さてはお前が この家に入った泥棒だな?
泥棒?ふざけんな!盗るもんなんか一つもねえじゃねか! 俺はおじやを食っただけだ!
おじや食ったとしても人の物勝手に食ったんだ!泥棒だ!そこ座れ!! 俺はこの家の大家だ!!
え・・大家さんですかこりゃあいけねえ・・
あ、あの~私長いこと 失業長い間、職にあぶれておりまして、 うちに帰りますと八十をかしらに五人の子供がございまして、 七つになる年寄りは中々元気なもんで病気にかかりもしませんで 医者にかけることもできません。貧の末の出来心でございます・・ 銭下さい
何だこいつは?言ってることがむちゃくちゃじゃねえか!? どうもおかしい奴だと思えばまさかお前は新米泥棒だな?
まったくもうとりあえず出来心と言えば許してもらえるとそう教えてもらったな? いいよ出来心なんて言われるとどうも怒りの矛先が鈍る・・
だけどな・・ お前みたいな奴は泥棒に向いてねえ、悪いことは言わねえ。泥棒からは 足を洗え!
みんなからそう言われるんですよ
だったらもうあきらめて足を洗え!いいよ出来心なんて言われちゃあ 許すしかないやなあ・・それよりあいつはどこ行った?
あっ!!お前が縁の下隠れてどうする!?出てこい!お前は!
あ~どうも!大家さん・・しばらくで!
何がしばらくだ!何だってお前はあれを盗られた、これを盗られた なんて嘘をつくんだ!
へえ・・これもほんの出来心で・・
 

 

 

 

 

f:id:messicoo:20180107000134p:plain

 

 

 

出来心を聞きたい方へ

 

こども落語2:出来心

こども落語2:出来心

  • 三遊亭遊馬
  • 歌謡曲
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes