ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

あなたが今小さな嘘をついているなら見るべき落語【お見立て】

吉原のご婦人なるものは、腕によりをかけて男を喜ばせようという、その気にさせよう!というのが、当たり前の世界でございますから、ああいう所でもって真に受けて、惚れたりなんかしちゃいけません・・

 

「ああいう所に行くなら最初から騙される気持ちで行かなくちゃいけねえぞ!?」と言われながらも、それでもやっぱり騙されるってとカ~っとくる・・

 

ああいけねんだ!怒っちゃ野暮なんだと言いながら、顔はもう鬼の形相で・・

 

女の子には何にも言えない・・女に言うってと、「なんだい!野暮な野郎だ!!」ってなこと言われるからそれ言われたくないから、グッと我慢してしょうがないから若い衆(遊郭などで働く若い男)に八つ当たりしたりする・・・

 

間に入る若い衆は随分と苦労したそうですけれども・・・

 
黄瀬川花魁!!花魁!?花魁!!
はい!?あぁ、なんだい喜助どん?
なんだいじゃありませんよ!落ち着いてちゃ困るんだあんた!お客様をお願いしますよ!
だ~れ?
誰って、栃木の木兵衛大尽がお待ちかねなんですから!お願いしますよ!
あら~!な~にあいつまだいるの?
そらいますよあんた!あんたに惚れて通ってくるんですから!顔見せてないんですから、そりゃあずっといますよ!ちょっとお願いしますよ!
嫌だよ~!あたしあいつ嫌いなんだい・・
嫌いだったってしゃあねえやあんた!どんなに嫌な客でも機嫌を取らなきゃなんない!それがあんたの務めだよ!?だからお願いしますよ!
もう大分長いこと待ってんだから、顔見せてやってください!お願いですよ!この通り!!
だけどさぁ・・・あたし、寒気がして鳥肌立っちゃうのよぉ・・・ゾ~っとしちゃうの!!
気持ち悪くなっちゃうからさぁ・・ねえ!勘弁しとくれよ!
勘弁してくれったってそうはいかねえよ!行ってくださいよ~店の大事なお客様なんだからさぁ・・・
もう・・それじゃあ分かりました!あんたそんなに嫌だったら、ちょいと顔を出して、『今夜来たいんだけれども忙しくて来られないからまた改めて来てくれ』なんてことを言ってください!
そうすりゃあ、あっちはあんたの言うことなら何でも聞くんだ!すぐに帰りますから!お願いしますよ!ねっ!?
いや~よ!やだよぉ・・なんとかちょっとお前さんから断っとくれ、うまい具合にさっ
断ってくれったって断りようがないんですよあんたぁ!
んなことないよぉ!あたしがここにいないって言えばいいじゃないか!
んなこと言ったって、あなたはここで務めの身でもっているんじゃありませんか!どうして・・
いいんだよぉ!だからさぁ!ねっ?患って入院しちゃったって言えばいいんだよ!!
いやぁ・・あなたそうはいかないよぉ!
あちらがお見えになった時に、わたしは『花魁がお待ちでございます!』ってそう言ったんだよ!?
あんまりあなたが待たせるから、『もうほどなく花魁が参ります!』ってそう言っちゃったんですよ!?それをいきなり入院しちゃったなんて言えないよ!!
大丈夫!言えるよ!ねっ?初めにそう言わなければならなかったんですけれども、花魁と会うのを楽しみに待ってる旦那様の顔を見た途端についつい言いそびれてしまいましたが、実は十日ばかりほど前に花魁は風邪をひいてしまいまして、無理をして務めてましたんでその風邪をこじらしちゃって、そのままにしてるってと肺炎になるから入院をさせろとお医者様に言われて、今病院に入ってますとこう言やあいいんだよ!!
こう言やあいいんだよって・・あんたそこでそんなこと言ってるけど、言うのはあたしなんだよ!?
えぇ?どうしてもそう言うんですか?弱ったな~・・
大丈夫だよ!この通り!ねっ?お願いね!?いいね?お願いしますよ!
わ、分かりましたよ!
本当にもう・・・ねぇ、可哀そうだよ、夢中で通って来てんだからちょっとでいいから顔見せてくれりゃあいいのになぁ~本当に・・
あの人もそうだよ・・ここまで嫌われてんのがどうして分かんねえかなぁ・・
えぇ~ごめん下さい!!・・ごめん下さいまし!!
ん、誰でい?おお!なんだい!喜助でねえが!どうしたい?そうだらどこにいねえでこっちへ、へえれや
さあこっちへへえれって!そんな遠慮ぶつこたぁねえだい!こけいこって!!こけいこったらこけいこ!!
にわとりだよこれじゃあ・・
ええ・・どうも旦那すいませんな、あいすいません・・
いやぁ!何が?いいって!そうだらごと気にすんなって、なあ!おらぁ他の客と違ってなぁ、黄瀬川の来るのが遅くったって怒るような、そんな野暮な男ではねえだ!
あれとは年が明けたらひいふ(夫婦)になるべえって約束してあるだ
焦ることはないんだから!でえじょうぶだぞ!朝までゆっくり待つだから心配はねえ!
ええ・・それなんでございますが真に申し上げにくいことなんでございますが、実はその~黄瀬川花魁でございますが・・今夜こちらに来られないんでございますよ・・
何ぃ?黄瀬川が来られねえってそりゃあ一体どういうことだぁ?
花魁は今こちらにはいないんでございますよ
へ?いねえってそりゃあどういうこった?
ええ!あの、その入院してるんでございますよ!
へ?
入院してるんでございます!
あんだって・・・ぬういんしてんのが?
いやぬういんじゃあないです!入院!
同じこった!それじゃあなにかい!患って病院さ入ってるってのか!?
そうなんですよ!だからあたしは入院と申し上げたじゃあありませんか!病院に入るから入院と言うんでございますよ?
これが学校だと入学となりましてね?軍隊だと入隊となって・・
余計なこと言うな!そんだったれば、われ、なんで先に言わねえ!『花魁お待ちかねでごぜえます』ってそう言ったろ?
さっき来て何てったい!?『ほどなくお見えになります』って、なんだってそれがまたぬういんなんてことになるんでい!?
いやぁ、それはどうもあいすいません。初めに言わなきゃいけないなと思ったんですが、花魁と会うのを楽しみにしてる旦那様の顔を拝見した途端ねえ!ついついあたくし言いそびれちゃったんでございます!
十日ばかり前にね?風邪をひいちゃったんでございます!無理して務めてたんで風邪こじらしちゃってね?このままほっとくってと肺炎になるってお医者様に言われて、それで入院をさせたんでございます!
そういうわけで今夜は来られないんでどうもあいすいません・・
あぁそうかぁ・・なんだいもう~・・もっと早くに言ってりゃあおめえなぁ、おら帰れたのに、そうだらこと言われてどうすんだ!
あいすいません、いやあたくしも迷ったんでございます!言おうかな、どうしようかな?と思って・・
でもあんまりお気の毒なもんであたくし、こうやって思い切って言っているというようなわけでございます!
それで今日はもう花魁うちにはもういないんでございますから!どうなさいます?お待ちになったってそれは無駄なことでございますよ?お帰りになりますか?
お帰りになるんだったらお帰りはこちらの方です・・それともまた別の花魁をお見立てになってわぁ~っと・・
馬鹿言うでねぇ!誰がおめえ入院して患ってるってのに、他の子見立てて遊べるけぇ!そうだらことは出来ねえ!おらはそういうこたぁしねえ!
それではお帰りになる?
ああそれじゃあ帰るだ・・うん・・・
でもその前に見舞いさ行くがら、案内ぶでぇ
いやぁ、そ、そんなことしなくたっていいじゃありませんか!
いやあそういうわけにはいがねえ、女房が患ってぬういんしてんのに知らん顔することも出来ねえだ!病院はどこだ!?
・・う~んと・・びょ・・病院は・・あ、あっちなんです・・
子供じゃあるめえし、なんだあっちってのは?なんてえ病院だ?
そ、それは・・・ん病院ってんです・・
何!?
・・・ん病院ってんです!
病院だけよぐ聞こえるけれども、そのなめえがよぐわがらねえ!
まあいいや!われが案内ぶちゃええがら!頼むぞ?
ちょ・・ちょっとダメですそれはぁ!いけないんですよぉ!ダメなんです!
なにがいけない?
何がいけないったって、花魁が入院してるからってお見舞いしちゃいけないんですよ!
どうしてだ?
どうしてってこれ・・𠮷原の法なんですから!!
𠮷原の法・・?
そうなんです!!花魁が入院しているときにお客様の面会・お見舞いは御法度なんです!!これが吉原の方なんでございますから!!
そんな方があったのか?
あ、あったんですよ!
おらぁちっとも知らなかったな・・
えぇ、わたしも知らなかった
何?
いえ!だから今度のことで初めて知ったんです!そうなんでございますよ!えぇ・・
うまいことを考えたもんだ・・
え?
いやぁ!だから昔の方はうまいことを考えたもんだな~と思いまして、ですからお客様のお面会・お見舞いは御法度なんです!
これは𠮷原の法なんです!法は破れないんでございます!!だからダメなんです!!
そう堅えこと言わねえでな、そこを長え間の付き合いなんだから裏から手ぇまわして、なんとかうまい具合におらに面会をさせ・・
いやそれは𠮷原の法を破ることになるんですから!!法を破るてえことはあたくし出来ないんでございますよ!!
ダメなものはダメなんですから、もうおあきらめ下さい!!
そこんところをなんとか・・この野郎、薄情な野郎だ、どうしてもか?
お客様はダメなんです!!お身内ならまだしも、お客様はダメなんです!どうぞひとつおあきらめ下さいまし!!
そうかぁ・・じゃあ国元から兄が面会だってことにすればよがっぺぇ!
ええ?お兄様が?
まあそりゃあお兄様はお身内ですから結構ですけれども、あなたお兄様じゃないのにお兄様と偽って面会をして、それが後から分かった日にゃ大変!!
だからそこをなんとか頼むよぉ~おらが黄瀬川の兄だって証明書、おめえちょっと御内所言って、書えてもらってこい!もしおまえが断られたら、おらが行って直に頼む!
この家のご主人はなぁ!おらと黄瀬川のことよ~く知ってるだから、よ~し!って快く書いてくれるに違えねえ!だからまずはおめえが行って書いてもらってこい!
そ、そうですか!分かりました!ちょっとお待ちを願います!! 
だから嫌だってんだよこういう嘘は・・
言って来ましたよ・・
あら、ご苦労さん、あきらめて帰ったろ?
帰るもんですかあんた!!見舞いに行くってんですよ!どうします?
あら!やな奴だね~本当に!だからあたし嫌いなんだよぉ~
で、どうしたの?
いやだからね?花魁が入院したときには、お客様の面会・お見舞いは御法度なんでございますってあたしはねぇ!𠮷原の法なんだからってパッと体をかわしたんだ!
そうしたら、兄が国元から面会ならば構わないだろうって、俺が黄瀬川の兄だという証明書を御内所行って書いてもらってこい!ってこういうことを言うんですよ!!
もしお前が行って断られたら自分で行って頼むって・・行かれたらどうしますよあんた!仮病を使ってるってことが、あちらにも御内所にも分かっちまうよ?
そうすりゃああんた務めをしてないってんで、大変なことになるんだよ!?ねぇ!どうしますよ?
嫌な奴だね~本当にもう、悔しいじゃないか!人がせっかくそう言ってんのに、素直にそうかいってねえ!あきらめて帰ればいいのに!
だからあたし嫌いなんだよ!じゃあもういいよ!もうめんどくさいから死んじゃったってそう言いなよ!!
・・・あんたそんな乱暴な・・
乱暴も何もないよ!このぐらいのこと言わないってとねぇ!あきらめないからそう言いなよ!!
そう言いなよったってあんた考えて下さいよ!一番初めにねえ!『花魁お待ちかねです』って言ったんだよ?『ほどなく参ります』って言って、『今は入院してるんです』って言ってきたばかりなのに、実は死んじゃってんですなんてそんなこと言えるかい?馬鹿馬鹿しい!
大丈夫だよ!初めにそういわなければならなかったんでございますけれども、花魁がお亡くなりになったなんてえことは真にお気の毒でございますから入院していると嘘・偽りを申しましたけれども、旦那様がお見舞いしてくださると言って下さったんで、どうしたらいいだろうと思って御内所に相談に行きました・・したらば、いずれ知れてしまうことなんだから今のうちにお話をした方がよかろう!正直に話をしなさいと言われましたんであたくしやってまいりました!って言やあいいんだよ!
いいんだよったってあんたぁ、弱ったねぇ~どうも・・
なんで死んだって言われたらどうしましょう?
そんなの何とでも言っておけばいいじゃないかぁ!パァっと亡くなりそうなもんがあるだろう?
あるだろうったってもう弱っちゃうなぁどうも・・な、なんでもいいんですか?
じゃ、じゃあ脳溢血なんてどうです?
脳溢血ぅ?脳溢血は・・あたしあんまり好きじゃないねぇ・・
そう・・じゃ、じゃあコレラとかチフスってのは?
そんなもの嫌よぉ~!もっといいのないかい!?体裁のいいの!
な、なんでもいいってそう言っといてあんた色んなこと言うねぇ!
いやだからさぁ!ああいうう男だからよ?うっかりなんか言うってと、診断書なんか見せろなんて言われたら困るから、医者にもかからないんでなんとなくふわふわっと死ねるのないかい?
注文が難しいんだよあんたぁ!じゃあどうだい?野垂れ死にってのは?
ここにいて野垂れ死ぬかいあたしがぁ!?しょうがないねえ!
ああ!じゃあ焦がれ死にってのはどうだい?
焦がれ死に!?あんたがむこうに焦がれ死に!?
そらぁまたずいぶん大きな嘘ですねえ!!
そうだよぉ~!それぐらいのこと言って喜ばしてやりなよぉ~・・しばらく来なかったじゃないか!
そうなんですよ!二月(ふたつき)みえなかったんです!
だからちょうどいいよ!あんあまりおいでにならなかったんで、花魁は大変に心配をしておりまして、患ってるんじゃなかろうか?それとも他にいい人が出来たんじゃなかろうか?心配だからすぐにでも行きたいけれども務めの身・・籠の鳥でそれが出来ない・・といって手紙を差し上げたいけれども、女なまり・女の手なんぞでお手紙を差し上げて、親御さんに読まれでもしたらせっかく一緒になれる話が壊れてしまう・・ああ・・どうしたらいいんだろうか・・早く旦那様に会いたい・・旦那に会いたい・・と言っておりましたけれども、食べる物が喉を通らなくなりまして、糸のようにやせ細って、ああ・・あたしは不幸な女・・旦那は罪な人・・と言ったっきり、にっこり笑って死にましたとそう言やあいいんだよ!
天才だねぇあんたぁ!!
よくそういう嘘が後からすらすらすらすら出てくるねぇ!驚いたねぇ・・
あとはお前さんの芝居ひとつだよ?涙かなんか流してさぁ・・うまくやっとくれ?
うまくやっとくれったってうまくいくか分かんないよぉ!!
しょうがないから行ってきますけれどもね?
 
 
 
冗談じゃねえや・・今まで色んな嘘をついてきたけれどもこんな嘘は初めてだよぉ・・本当にもう厄介だねえ・・・芝居しなきゃなんねえんだから・・嘘は芝居がつきものなんだけどもなぁ・・神妙にやんなきゃいけねえなぁ・・そんな簡単においそれと出てくるもんじゃないよ本当に馬鹿馬鹿しいったらありゃしない・・・ちょいと目のところ濡らしておかなくちゃなんねんだから・・こんなもんでいいかなぁ・・ぐすっ・・はぁ・・・
ごめん下さいまし・・・ごめん下さいまし・・・
ああ、喜助が?早く開けてこっちさへえれ!
どうした、黄瀬川の兄だってぇ証明書書えて来てもらったが?
・・・ぐすっ・・・ぐすっ・・・
うぅぅ~~~~~~~~!!!
ど、どうしたどうした!!おい!しっかりしろやい、喜助ぇ!な、なにがあっただ?われ泣いてるのが?
泣いてます~~!!泣いてますよぉ~・・今を盛りと泣いてますぅ!
セミみてえなこといってやがぁ・・どうして泣いてんだ?
どうして泣いてんだってこれが泣かずにいられましょうか・・!!こんな悲しいことはない・・!!
え?何かってねえ・・あの旦那様、あたくしは先ほど花魁は入院していると申しましたけれども、あれは真っ赤な偽りでございますぅ・・
そうだんべぇ・・おらもそうでねえがなと思ってたい、分がってるだよ、そんなこと言って人に心配させておいて実は達者なんだパア~!なんてなこと言って出てこようと思って!そうだんべ!?
いやそうじゃあないんですぅ・・・今からお話致しますから、心を落ち着きてお聞きくださいましよ?
実は花魁は・・・お亡くなりになったんでございますぅ~~!!・・・
なぬぅ!?黄瀬川がおっ死んだってが?
そうなんでございますぅ・・
やい喜助!!前へ出ろ!!あぁ!?われ何言っても構わねえけんども、人の生き死にだけは冗談言うもんじゃねえべ!!
ちょっ、ちょっ・・怒っちゃいけませんよ!本当のことなんでございますよ!信じてくださいよ!!信じて旦那!!信じてください!
信じる者は救われる・・・
なにを言ってんだい!なんで信じろっていきなりそうだらごと言われて、信じる奴がいるもんか!
初めにおめえなんてった?『花魁お待ちかねでごぜえます』、『ほどなく参ります』、『入院してます』・・それが今になっておっ死んだって言われたって信じられるもんか!!なんだってわれはそうだらごとを言う!?
そうだらごとを言うったってしょうがないじゃありませんか!
そう言えって言われてここに来たんですから!!
何?
あ、い、いや!だからね!お、お話を今しますからね、落ち着いて聞いてくださいよ!
これはね?は、初めにわたしが言わなければならなかったんです!ならなかったんございますけれども!花魁がお亡くなりになったなんてえことを言うのは真にお気の毒でございますので、あたくしは言えなかったんでございますよ!!
そこで入院をしていると嘘を申しました!!嘘を申しましたところ、旦那様の方でお見舞いに行くと言いましたんで、さあどうしたらいいだろうと思ってあたくし御内所へ相談に行ったんでございます!!
そしたらいずれ、知れてしまうことなんですから、お前から正直に話をしなさいと言われてあたくしはやってきたんです!そう言えといったのは御内所の方でそう言えと言ったんです!!そう言われて来たんですから仕方がないじゃありませんか!ぐだぐだになっちゃったのはそういうわけなんです!
どうかひとつ信じてください!お願いします!この通りなんでございますよぉ~~・・・
まんざら嘘じゃあねえみてえだな・・・で、なんでおっ死んだんだ?
いやなんでってそれは旦那様・・・あなたがいけないんでございますよ!!
なんでおらがいけねえ?
そうでございますよ・・だってあんまりおいでにならないから花魁は大変に心配を致しまして、『どうしたんだろう、患ってるんじゃなかろうか?それとも他にいい人が出来たんじゃなかろうか?心配だからすぐにでも駆け付けたいけれども仕事の身・・こっちは務めの身で籠の鳥だからそれが出来ない・・といって手紙を差し上げたいけども女なまり、女の手でもって手紙を差し上げて、もし親御さんに読まれたら、せっかく一緒になる話が壊れてしまう・・はぁ・・どうしたらいいんだろう・・旦那に会いたい旦那に会いたい・・』と言っておりました
そのうちにね、食べる物もろくに喉を通らなくなって、糸のようにやせ細って、『はぁ・・あたしは不幸な女・・旦那は罪な人・・』と言って、にっこり笑って息を引き取ったんでございますよぉ・・・
そうかぁ・・そら知らなかったぁ・・・
おらも罪な男だなぁ・・う~ん・・そらおめえ・・そらもっと早くに来てやりたかったけんどさ!色々と用が多くて来られなかったんでねえが!それはしょうがねえけんども、おめえそこまで思いつめてんだったらおらぁ来てやっただ!
それをおめえなんだって手紙に・・いやあそりゃあ今おめえが言った通り、女なまり、女の手じゃあ決まりが悪ぃのは分かってるけれども、喜助ぇ・・おめえそういう時なんだってわれ、代わりに手紙を書かなかった!?
ああうぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~!!!
左様でございますねぇ!わたしが代わりに書けばよろしかったんでございますけれどもぅ・・ええ!本当は書いたんでございますぅ・・
書いたのか?書いたのになんだっておらのとこに手紙が来ない?
ええ・・それなんでございますよぉ・・書いたには書いたんでございますけれども、旦那様の御所が分かんなかったんですよぉ~
そんなこたぁねえぞ?お所はちゃあんと紙に書いて!黄瀬川に渡してあるぞぉ?
あああぅぅぅぅぅ!!そうでございますねえ!そうでございました、わたくしが手紙を書きました・・
ええ・・お所は?って聞いたらここに書いてあるわよって言いながらね?花魁からその御所書きを持ってきたんでございますが、その時にあろうことかあるまいことか、いきなりゲジゲジがちょこちょこちょこちょこ・・っと出て来たんでございます!
花魁は元より虫が嫌いでございますから、キャーってその手紙でもってパッと虫をつまんでキュッとひねって火鉢の中へポンっと入れちゃってボウッと燃えちゃいまして、御所が分かんなくなっちゃったんですぅ~~
そうかぁ・・そう言われてみるってと黄瀬川は虫が嫌えだったからなぁ・・そういう・・
そういう訳なんです、ええ!ですからそういう訳でもって花魁はいなくなったんでございますか、申し訳ございません・・
いや申し訳ねえもなにもねえだ・・それで一体いつおっ死んだ?
あ、ああぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~!!
何かってと泣きやがんだなおめえは!いつだ!?
いつってそりゃあもう~~!!あれはなんでございますよぉ~この前旦那様がおいでになった後でございますぅ~
当たり前だそりゃあ!いつだよ!?
何?ど忘れしたぁ?薄情な奴だ!あんなに世話になった人の亡くなった日忘れやがって!
おい喜助!あれは先月の十九日では無かったか?
せ、先月・・先月の十九日?
その通りでございます!その通り!!先月の十九日でございます!ええ、もしそうでないという方がいらっしゃったら呼んでらっしゃい!あたくしいくらでもねえ!意見を・・
んなことたぁ誰だって構わねえ!十九日で・・確かにそうだ?そうか、やっぱりなぁ!
いや実はなあ!十九日おらぁ村の寄り合いがあってうちへ帰って来る、なんだか知らねえけど寝つけねえ・・うどうどうどうどしてるうちになぁ、誰か枕元にいる気がしてひょいっと見るってと黄瀬川が座ってるでねえが!
へえへえへえへえ!それで?
うん、『おめえこんなところで何してんだ!?』『おめえ様に会いに来た』ってえからそうかよく来たなとは思ったものの、いや待てよ?女一人でこんなところに来られるわけがねえ!さては狐か狸がおらのこと騙してるに違いねえなと思ったから、おらがでけえ声でええーい!!っと気合を入れるってとパッとおら夢から覚めたけんど、あんときに黄瀬川が別れに来てたんだなぁ・・・
そうでございますねえ、世の中不思議なことってのはあるもんですねえ!
・・というわけでございましてとにかくもう花魁はいないんでございますよ、この世にいないんでございます!もうちゃあんとお弔いもいたしましたしね、もうお墓にもちゃあんと入れましたし、万事やったんでございます! もうおしまいでございます!もうやることはないんでございます!!これで旦那様おしまいでございますから!!どうぞどうぞ・・・お帰りはこちらでございますから・・
薄情な奴だ!当たり前だあれがいなかったら帰るさ!誰が他の尼っ子なんぞとい遊ぶか!!いやあもうおら二度とこんなところへは来ねえだ!うん!帰る!
その前に墓参りさいぐだから案内ぶてぇ!
ああああぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!
その前に墓参りさいぐだから案内ぶてぇ!
ああああぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!
また泣きやがらぁ本当に!寺は一体どこだ!?
寺、寺ぁはあっちなんでございますぅ・・・
おう、山谷か?
そ、そうですぅ~
そうか、そう遠くはねえ、もう夜が明けた、寺ってのは朝が早えもんだ、なあ!さあ出掛けるから案内ぶて!
ちょっと待ってくださいよ、あんた一人で言いたいことポンポンポンポン言ってますけれども、あたしにだって都合があるんだ!御内所に伺ってきますからちょっと待ってください!
冗談じゃねえ本当に、だから嫌だってんだよ!!もう本当に弱っちゃったねぇどうも・・
花魁!?行ってきました!
どうしたい?今度こそあきらめたろ?
あきらめるもんですか!!墓参りに行くってんだ!あんたどうするよ!?
墓参りだってぇ?嫌な奴だねえ本当に・・だから嫌なんだよあいつぁ・・おまえさんは寺は遠くだとかなんとか言ったんだろ?
言おうと思ったんだけど、山谷って言っちゃった!
馬鹿だねえ!そう言うときには九州の熊本だとかさぁ!北海道の稚内とかなんとか言っときゃあいいんだよ!!
いやあ普段はそういう嘘もつけるんだけれども、こっちもついついね?ぼんやりしているところをいきなりやられちゃったでしょ?だからそう言っちゃったんですよ!!
しょうがないねぇ・・じゃあまあいいよ、行っておいでよ!
行っておいでよって、あんたのお墓なんてないでしょう!!
いいんだよ!どこでも構わないから、山谷行ったら寺がこう並んでんだろ?並んでる立派そうな寺をみつけて、ここがそうですってんで墓場へ連れて行くんだよ!!ね?それでなるべく新しそうな墓みつけて、ここが花魁のお墓です、どうぞお参り下さいって言って帰ってくりゃあいいんじゃないかぁ!!
いいんじゃないかぁったって墓石はのっぺらぼうじゃございませんよ?何か色々書いてあります、読まれたらどうするんですよぉ!!
馬鹿だねえ!頭をお使いよ!花をたくさんあげるんだよ!お線香だっていっぱいあげるんだよ?お前さん扇子持ってって、下からこう扇ぐんだよ!? そうすりゃあけむいから分かりゃあしない
大丈夫だよぉ・・頼むよぉ~
気楽なもんだねえあんたぁ本当に!!分かりました!行ってきますよ!
冗談じゃねえや本当に・・
え~御内所行って参りました!是非にも案内するように言われまして・・
そうか、じゃあすまねえけどもひとつ案内頼むぞ?
へい!こちらでございます!色々長いことお世話になりまして・・
いやあこっちの方こそなぁ!おめえとは長い付き合いをしようと思ったけんども、おらぁもう二度と来ねえがら・・
そんなことおっしゃらないで、お気持ちが変わりましたら、またあたしを訪ねて来てください!またいい子をお見立てになってねえ、わぁ~っと陽気に騒いで・・
おめえは呑気でいいなあ・・何かってとそうだらごとばっかり、本当に・・
話をしてるってと近えもんだ、もう山谷へ着いた!黄瀬川の寺は?
ええ、黄瀬川花魁の寺はねえ、こっちへ行ってみましょうか?
みましょうか?ってのはなんだ!
いや知ってはいますよ?知ってはいるんですけど、一応は色々あるからとりあえずこっちから行ってみましょうかってんです!じゃあこちらの方へ、ええ!
ほらご覧なさい!立派な屋根があるでしょう?あれが花魁の寺でございます!!
おぉ、そうか!宗旨はなんだ?
しゅ、宗旨って・・色んな事を聞きやがんなぁ本当に・・
しゅ、宗旨はあったかなぁ・・
なんだあったかなぁってのは?宗旨のねぇ寺ってのがあるか!!どこどこだどこだ?ここか!?
『葷酒山門に入るを許さず』と・・ほぉ、なんだ、禅寺じゃあねえか!
そうなんです!本当は禅寺宗なんです!
なんだ禅寺宗ってのは!?花買って来い!
ええ、ちょっとお待ちを!
おはようございます!おばあさん!?お花をお願いします!お墓参りです、はい!いっぱい欲しいんだ!
え?二対ずつ?そんなもんじゃない、もっともっとたくさ~~ん欲しい!片っ方に五つ、もう片っ方に五つぐらい!こうあげますから!いや大丈夫です!水桶の中にこう無理に突っ込んじゃって!入るだけ入れてください!ええ、それで結構です!
それからねぇ!お線香もそうですよ?わぁ~っと盛大にやるんですから!三束か四束、五束か六束!糸でもってしっかり結んで!火をよ~くつけて、ええ!お願いします!
おいくらになります?ああ、そうですか分かりました!はい、どうもすいません、朝からねぇ!ここに置きますよ?お釣り結構でございます、すいませんそのお線香いただきます、はい、どうも・・
うわぁ~すごい、まるでたいまつだねぇ!ふんふんふ~っと!それじゃあお花いただきますよ?あ、どっこいしょのしょっと!!
よいしょ、よいしょ、よいしょ・・
へい、お待ちを致しました!
さ、案内ぶて
はい、かしこまりました、こちらでございます!ええ、ここが本堂でございます!
本堂なんてどうだって構わねえ、墓場ぁ連れてけ!
へえ、分かっております、たいがいこの裏になってるはずで・・
どっこいしょ、どっこいしょっと・・
ほら!ご覧なさい!ええ!?こんなにたくさん墓がある!!
くだらねえことで感心するな!墓場に墓があんのは当たりめえだ!黄瀬川の墓はどれだ!?
ええ、こっちでございます!こっちに付いてきてください!ここを左に曲がります!今度はこっちを右へ曲がります!えぇ~みんな古い墓場ばかり・・
どっかに新しい墓はないかしら?どっか~に新し~い墓はな~いかしら♪どっかに新しい墓はな~いかいなっ♪
墓で歌うやつがあるか!
ああ、あいすいません・・新しい~墓・・あ!あったった!!ありました!!
あったか?ど・・
ちょちょ、ちょっとお待ちを!わたくしこれから支度をいたします・・支度が出来たら声をかけますから、しばらくそこでお待ちください!よろしゅうございますな?へい・・
ふん~♪よっこいしょのしょっと~♪どっこせいぇっと~♪よいしょ~♪・・どこのお墓だか知らないけれどもちょとい恐れ入りますが、お貸し願いますよっと♪・・こんだけ、こんだけ~入れれば~大丈夫っと♪・・・よっ・・
パタパタパタパタ・・(下から扇子で扇ぐ)
お待たせいたしました!支度が出来ました!
支度がでぎだが?これかぁ・・そうか・・黄瀬川・・・われはずいぶん変わった姿になってしまったなあ・・
この前来た時にはこんなことになるとは思わなかったなぁ・・あんなにおらの顔見て、きゃあきゃあきゃあきゃあと言いながら、騒いでたのになあ・・こんあことになって真にすまねえ・・
いやおらなぁ・・おめえがいなくなったってもうあんなところへ行ったりはしねえ・・
二度とああいうところさ、行くよう・・ゴホッ・・なごと・・ゴホッゴホッ・・・行くような・・・ゲホッゲホッ・・
馬鹿野郎!!扇ぐ奴があるか!!けむたくって・・焚火じゃああるめえしこんなに線香あげてたくさんやればいいってもんでねえべ!!
花だってみろ!花屋の店っ先じゃああるめえし!これじゃあ何にも分かんねえ!馬鹿野郎!どけろどけろ!!本当に・・・
天保三年!?天保三年・・養空食傷信士・・
信士ってこれ男の墓でねえが!!
間違えました間違えました・・
間違えましたって馬鹿野郎!間違えるに事欠いて墓間違える奴があるか!!しょうがねえなぁ!これか!?
ええ、間違いございません・・今度は支度が出来ました、お参りください・・
黄瀬川ぁ・・勘弁しろやぁ・・こいつが粗忽なんで人様の墓の前で涙ぁ流しちまっただ・・そういうわけでもうおらぁああいう所へは行かねえから、心配ぶたねえようにな・ゴッホゴホゴホッ!!!ゲホゲホ!!
扇ぐなって!!本当にこんなに花ぁやりやがって・・
天垂童子!?・・子供の墓でねえが!!
間違えました間違えました・・・

馬鹿野郎!間違えましたって一度ならず二度までも間違いやがって本当に!!今度は間違いねえか!?

今度は間違いございません!
先に確かめるぞ?本当に・・・
陸軍歩兵上等兵!?馬鹿野郎!!黄瀬川の墓は一体どこにある!?
へえ・・こんなにたくさんありますんで、よろしいのをお見立て願います・・
 
 
 
おわり
 

f:id:messicoo:20171227223646j:plain

 

 

 

 

お見立てを聞きたい方へ

 

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1

 

 

 

 

桂歌丸 名席集 10 蒟蒻問答/お見立て

桂歌丸 名席集 10 蒟蒻問答/お見立て