僕らと映画と落語と

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。片方は映画、もう片方は落語についての記事を書きます!

MENU

せっかくなので高校生の頃考えたビジネスアイディアを披露してみる Part3

んにちは。

ぁゃゃです。

 

リスマスですね。

僕らの住む弘前も、旧弘前図書館をイルミネーションで飾ったり、フィンランドクリスマスマーケットを開催したりと、クリスマス一色です。

f:id:messicoo:20171224184514j:plain

本日12月25日までやっているみたいです(詳しくはこちら)。

さて、今回はフィンランドに関するビジネスアイディアを紹介します。Part1、2に引き続き、高校時代のお話です。

 (Part1、2はこちら ↓↓↓ )

www.hanashicoo.com

www.hanashicoo.com

★もくじ★

 

【スポンサーリンク】

 

 

今回のお題は?

f:id:messicoo:20171224185041j:plain

回紹介するビジネスアイディアも、Part1同様に高校の授業で考えたものです。先生から出されたお題は「海外旅行のツアーを考えろ!」というものだったと思います(詳細は忘れてしまいました・・・)。

班ごとに、担当する地域が決まっており、僕らの班はヨーロッパ地域を担当することになりました。さらに、僕らの班はヨーロッパの中から北欧、フィンランドを選び、フィンランド観光ツアーを考えることにしました。

 発表はパワーポイントのスライドと専用ソフトを使用して作ったポスターアニメーションCMによるものでした。発表に使用したパワーポイントのデータが残っていたので、それを使いながらツアー内容を説明していきます!

ツアー内容は?

らの班が考えたツアーを、実際に使用したパワーポイントを使って紹介していきます。

f:id:messicoo:20171224185538p:plain

これが実際に使用したスライドです

まず、フィンランドについて軽い紹介をしました。フィンランドはヨーロッパ北部に位置する、美しい自然とおしゃれな街並みが魅力です。また、マリメッコなど優れたデザインの発祥の地でもあります。

f:id:messicoo:20171225103053p:plain

 フィンランドは素敵な国ですが、日本人にはあまり知られていないのが現状です。そこで、僕らの班は総合的かつ多様フィンランド楽しみながら知ってもらうツアーを考えることにしました。

その後、予備調査や本調査の結果を踏まえて、詳しいツアー内容を考えました。

★一日目は、移動と首都ヘルシンキ散策です。マイナーな国で治安が心配という声が多かったので、宿泊先は首都ヘルシンキ市内のホテルを選びました。

★二日目は、鉄道とバスを利用してトゥルクナーンタリに向かいます。トゥルクはグルメの街とも呼ばれ、じゃがいもやお肉、お魚を使ったフィンランド伝統料理が楽しめます。ナーンタリは、ムーミンのテーマパーク「ムーミンワールド」があることで有名です。この日も宿泊はヘルシンキ市内のホテルです。

★三日目は国内線を利用し、ロヴァニエミへ向かいます。ここでは、アルクティクム博物館や、サンタクロース村を訪れます。ランチにはフィンランド伝統のトナカイ肉料理を楽しみます(下スライドの右上の写真がトナカイ肉料理です)。

f:id:messicoo:20171225110026p:plain

★四日目は終日自由行動で、首都ヘルシンキを自由に散策します。市内にはデザイン博物館やお洒落なカフェがあり、欧風の文化を感じることができます。美味しいコーヒーとフィンランド伝統のシナモンロールを楽しみながら、ゆったりと過ごすのもいいかもしれません。

★五日目は移動、日本へ帰国します。

というツアー内容になっています。ちなみに、このツアーには 日本語対応のガイドさんがつき、初めてのフィンランドでも安心です。そして気になるツアー料金は27万5千円!!予備調査や本調査のアンケート結果から、25万円前後のツアーを考えていたので目標達成のような気もしますが、少しお高めですよね・・・。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 おわりに

f:id:messicoo:20171225111352j:plain

て、いかがでしたでしょうか。この発表は、他学年の生徒や先生方に評価してもらいました。結果はまあ、微妙でしたね(笑)。

その要因として、やっぱり価格が高い!日本からフィンランドへの交通費はもちろん、観光地が各地に散らばっているのでフィンランドに着いてからも交通費がかさんでしまいました。素敵な国なんですけどね~。

他の班が考えた台湾アジア地域などを低価格で観光するツアーが人気でしたね。高校生が評価するので、どうしても低価格で気軽に行けるツアーが人気のようです(とは言いつつも、優秀賞をもらった班は、僕らと同じヨーロッパのツアーを考えていましたが)。

また、フィンランド消費税が非常に高いです。そのおかげで、国民は様々なサービスを受けることができますが、観光客にとっては少し辛いですよね。

お金に余裕が出来る大学生大人に評価してもらったら、もう少し良い評価がもらえたんじゃないかな~(負け惜しみ)。いずれにしろ、とてもいい経験になったのは間違いありません。将来、旅行関係の仕事に就くのも楽しそうだなと思えた経験でした。これも、是非リベンジしたい!

 

【スポンサーリンク】

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」