知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

馬鹿は馬鹿でもほどほどに・・・【南瓜屋】 part2 台本

殴った後で唐茄子買ってくんねえかな?
なんだ、おめえ唐茄子屋か?
そう!唐茄子屋でござい!!
ははは!改めて名乗りを挙げなくてもいいや!
年は若えが感心だなぁ! 殴られてまで商売しようだなんてなぁ!よし気に入った!荷をこっちへ見せてみろ!
これか?これはなにかい?新しいのかい?
うん新しい・・今まで河岸で泳いでた
魚じゃねえんだから・・これは本場か?
本場本場
どこだ?
分からねえ
なんだい・・唐茄子の本場だから山だろう!
うんそう・・箱根山(火山)で取れた・・
そんなところでとれるかよ・・これはうまいかな?
うまいよこれは調味料が入ってるぜ
うまいこと言いやがんな!商売上手だな!
う~んこれは何か?いくらだ?
大きいほうは十三銭、小さいほうは十二銭
おおそうかい、じゃあ大きいのふたっつもらおうかな。五十銭でつりはあるか?
いやつりはないよ。あっ、じゃあ五十銭にまけとくよ
上にまけちゃいけねえよ!じゃあこまっけえの出せ、良さそうなの二つ取れ!
そうか
おめえ何してんだい?
いいんだ売るときは上見てなくちゃいけねえからな・・上見てるうちに早く取れ
変な野郎だな、俺の方で取れってか?な~に余計に取るものか
おっ!他のお客も来てるよ! おうこいつ唐茄子屋だ!ひょうきんな野郎だよ!何だか訳の分からねえとぼけたことを 言いやがってな?
品物はいいよ!十三銭と十二銭だ。買うかい
大きいほう?ひとつでいいか?じゃあ銭は俺が立て替えておくかな
え?お染さんもおじいさんもおばあさんも?おみっつあんもみんな買うのかい? おじさんも買ってくれんのかい?
おう唐茄子屋!お客さんも混んできて なにしてやがんだい!
おうそうか?ああ早くしてくれ・・眩しくってしょうがねえやな・・ぐずぐずすんな!
なんだよおい!こっちは唐茄子の運搬係だなぁ・・
 

ってんで親切な人もあるもんでして骨折ってそっくり売ってくれました。

おい!唐茄子屋!
もういいか?
ははは・・かくれんぼしてんじゃねえや本当に・・こっちきなよ!
あ~くたびれた・・
嘘をつけ、俺の方がくたびれた、唐茄子あっちへ持ってったりこっちへ持ってったり大変だ!
唐茄子なくなっちゃったなあ・・
売れたんだよ!
うん・・お金が落っこちてる・・
落っこちてるんじゃねえ、それはおめえのだ!
ああそうか・・いくらあればいいんだい?
そんなことわかるだろ?いくつ持ってきた?ええ?十三銭が十、十二銭が十?
良く勘定して見ろ。二円五十銭あんだろ?
おじさんうめえこといいやがんなあ・・売るときは上を見てろっていったたけど、 上見てる間にみんな売れちまいやがった。商売なんざわけねえもんだな・・
ほらそこに一銭落っこちてるよ!
ああ・・本当だ・・一銭落っこちてる・・
あ!ここにがま口も落っこちてる・・
何を言ってやだい・・俺が手に持ってるじゃねえかよ!
へへへ軽くなっていいじゃねえか・・じゃあ帰ろう
おいおい全く愛嬌のねえ野郎だなぁ!俺が骨を折って売ってやったんだ! 黙って帰る奴があるか!ありがとうございますくらい言ってみろ!
どういたしまして
 

さあ与太郎が帰ってきまして・・・

おじさ~ん!!
何だもう帰ってきたのか?ちゃんと一回りしてきたのか?
何?みんな売れた? 本当か?どれこっちへ見せてみろ・・
なるほどかごからにしてきた。 おばあさんこいつは馬鹿どころじゃねえや、そっくり売ってきた!
どうしたいおめえ隅に置けねえな?
じゃあ真ん中に行くか
そういう意味じゃねえや・・・よく売ってきたな!
へへへ・・面白えなんてんでみんな買ってくれた
なるほどなぁ!おめえみたいなのはかえって可愛がられていいんだ!
おじさんおめえのことなめてたよ、売上出してみろ
ああそう・・この中へ入れて来た
おめえの親父も商売うまかったがな、親父以上だ。わずかな時間にこれだけの物を・・
なんだおめえ手慣れてんなあ・・元と別にしてやがんだ・・儲けはどうした?
え?
いや儲けはどうした?
儲けはそれだ
いやこんなに儲けるわけはねえんだ、上みたやつがあんだろ?
うん・・見た
それここへ出しなよ!
出せない
何だ出せないってのは?どれだけおめえが上みたかおじさんだってみてえじゃねえか、 だしてみなよ!
ははっいやそんな分からねえこと言ったってダメだ、見ちゃったんだから出せねえよ
何だその見ちゃったからってのは?じゃあおめえいくらで売ったんだ?
十三銭と十二銭
元じゃねえか!上みてねえじゃねえか!
見たよ!こうやってこうして・・口開けてたら喉の方まで陽が入りやがって 喉からからに乾いちゃった・・
何も落っこちてこなかった・・
この馬鹿野郎め!じゃあおじさんが上みろってのをおめえは空見てやがったのか?
ああ
ああじゃねえこの呆れた野郎め!おじさんが上を見ろと言ったのは掛け値をしろってことだ!
いいか!十三銭は十五銭、十二銭は十四銭に売るから二銭ずつ儲かんだ!
馬鹿野郎!空見てる奴があるか!掛け値をせずに女房子が養えるか!
女房子なんかねえもの
だからあればって話をしてんだ!どうやって飯を食うと思う!?
箸と茶碗さ
箸と茶碗で飯を食うのは当たり前だ!
ええ~ライスカレーはしゃじ(スプーン)で食う
てめえは並大抵な馬鹿じゃねえな!元で売ってくるよりだったらうちで昼寝してた方がましだ! 二十歳にもなりやがってしっかりしろ!
二十歳なんてなりたくねえ!
なりたくねえったっておめえは二十歳だよ!
誰がした?
誰がしたっていうやつがあるか!もういっぺん行って来い!!
 
 
 
【スポンサーリンク】

 

 
 
・・・ああ~また担がされたよ・・全くしょうがねえなぁ・・あのじじいは・・ 今度は十五銭と十四銭に売ってこいって・・冗談じゃねえや全く・・ 年だって別に二十歳になりたくてなったわけじゃねえんだ・・
ああまたさっきのとこ来ちまったよ・・親方ぁ~!!
おう!何だ唐茄子屋じゃねえか!忘れもんか?
買っとくれよ
よせさっき買ったばかりじゃねえか・・そうはいかねえ・・
それでもいいから買いなよ
なんだ~?そうかまあ俺んとこは好きだから買っといてやろう。じゃあさっきの大きいのもらおう 十三銭のひとつ!
あれ今度は十五銭
なんだって値が上がった?
おじさんに怒られちまった。あの十三銭と十二銭は元だって・・ 売るときは上みろっていうから知らねえから、こうやって空見て眺めてたらそうじゃねんだ。 掛け値をすることだ
十三銭は十五銭、十二銭は十四銭に売るからほ~らそこで二銭ずつ儲かる・・ 売る方は利口だな・・買うやつは馬鹿だ
ははは、親方買え
何を・・はははどうも俺ぁ様子がおかしいと思ったんだ。 ひょうきんでとぼけてんのかともったらそうじゃねえんだ
それがおめえの生地だってんだ、おめでたいよ・・・
ん?へへへ・・明けまして?
可哀想に・・・おめえはいくつだ?
え?
 
あたいの年?あたいの年は~え~っと・・・六十!
馬鹿なことを言うな、おめえ見たとこ二十歳ぐれえだな?
そう!元は二十歳!四十は掛け値!
おいおい年に掛け値する奴があるか!
だって掛け値しなくちゃ女房子が養えねえ
 

終わり

 

 

f:id:messicoo:20171223130228j:plain

 

 

 

 

【南瓜屋を聞きたい方へ】

 

五代目柳家小さん NHK落語選集 長屋の花見/かぼちゃ屋/らくだ

五代目柳家小さん NHK落語選集 長屋の花見/かぼちゃ屋/らくだ

 

 

 

南瓜屋

南瓜屋

  • 柳家 小さん
  • コメディ
  • ¥900

 

 

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】