知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

せっかくなので高校生の頃考えたビジネスアイディアを披露してみる Part2

んにちは。

ぁゃゃです。

 

回に引き続き、高校の頃の話をしたいと思います。

今回はビジネスアイディアというよりはビジネスの体験談です!

 

【スポンサーリンク】

 

 

舞台は学校祭

f:id:messicoo:20171213222541j:plain

回お話しするのは学校祭で出店した模擬店のお話です。

前回お話しした通り、高校は商業科を卒業している僕。ですので、ビジネスアイディアを考える機会は多々ありましたが、高校の授業では発表までが限界です。ということで、学校祭での模擬店が今までで唯一のビジネス体験ということになります。

めちゃめちゃ大変な体験でしたね。

 

どんな模擬店?

f:id:messicoo:20171213223832j:plain

のクラスはハンバーガーの模擬店を出店しました。

お店の名前は「EAT MEハンバーガ」。「不思議の国のアリス」に登場する不思議なお菓子に書かれた「私を食べて!」というメッセージから考えました。

メニューはたしか、ハンバーガ数種類とフライドポテトソフトドリンクあたりでした。価格帯は80~250円あたりだったと思います。学校側のルールの関係で、バンズに挟むパティは既製品を温める形でしたが、肉厚なパティ仕入れることが出来、学校祭の模擬店にしては美味しい商品に仕上がりました。

そして、最もこだわったのが模擬店の装飾です。ハンバーガーのお店なのでアメリカンな内装にしようということになり、アメリカンなスクールバスをモチーフにした装飾に仕上げました。写真が残っていないのが残念ですが、内装はこんな感じです(下画像参照)。

f:id:messicoo:20171213230624j:plain

どうでしょう、この真っ赤なスクールバスをダイナミックに使った装飾。バスのフロントが店の外に出ているデザインなので、廊下から見たインパクも大きいです。バス内が調理場になっています。

自由の女神パネルとは、自由の女神像の顔はめパネルのことで、記念撮影スポットとして作成しました。いわゆるインスタ映えってやつですね。かなりリアルに作れたのですが、これまた写真が残っていないのが残念です。

また、学校側のルールで、店内の床は何かシートで被わなければいけませんでした。そこで僕のクラスでは、バスとの関係性を考えて、道路に見立てたシートを作成しました。その他ゴミ箱などもアメリカンなデザインに統一して、レベルの高いものを作ることが出来ました。

準備は大変でしたが、クラスで協力して取り組んだ時間は今振り返っても最高の思い出です。学校祭は準備が一番楽しいなんて言いますけど、本当なのかもしれませんね~。

 

【スポンサーリンク】

 

 

そして迎えた学校祭当日

f:id:messicoo:20171213231832j:plain

飾などの準備も何とか終わり、迎えた学校祭当日

結論から言うとめちゃめちゃ大変でした。

その理由は2点あります。

まず1点目は、かなり繁盛したという点。我ながら、にやけるほどお客さんが来てくれました。模擬店を営業するのはだいたいお昼どきです。他のクラスでも様々なフードメニューが販売されましたが、ハンバーガというお昼ご飯にぴったりなメニューが功を奏でました。

そして2点目は、調理の要となる電子レンジが一個しか使えなかったという点。学校側で、1クラスが使えるW(ワット)数上限が決められていました。なので、パティの解凍、フライドポテトの過熱など、すべて一つの電子レンジで行うことに。これがお店の回転率を下げてしまいました。一時的にハンバーガーの販売を停止したりもしました。

それでもなお、賑わいを見せる僕たちの模擬店。電子レンジ一個ではお客さんがさばけないと判断した僕たちは、急遽家庭科室の電子レンジをお借りすることにしました。僕の高校の学校祭では、最後にどのクラスの出店が優れていたかを決めるシステムがありました。ですが、了承を得た上であっても家庭科室の電子レンジを借りた時点でルール違反失格となります。

そのことはわかっていましたが、だからと言ってお客さんを待たせるわけにはいきません。家庭科室お店とを、温めたパティを持って何度も往復し、何とか学校祭を終えることができました。

 

この経験から(おわりに)

f:id:messicoo:20171213233647j:plain

かなかの賑わいを見せたものの、様々な理由から表彰はされなかった僕らの「EAT MEハンバーガー」。クラスで協力して準備し、当日もシフト関係なしに駆け回ったのに…という気持ちもありましたが、同時にリアルな体験できたのかなとも感じました。

ブラック企業とは言いませんが、シフトなど関係なしに働きました(なので他のクラスのお店には行けませんでした笑)。一時販売停止や、家庭科室の電子レンジを借りるなど臨機応変に対応しました。これらの経験は現代社会に通ずるものがあると実感しましたね。

なので個人的には大満足な体験でした。

余ったレタスを食べながら歩いた帰り道、打ち上げ代わりにやった花火もいい思い出です(笑)。

でも、リベンジできるなら是非したいです!大学在学中にまたこういった機会が出来ることを期待しています。

それでは。

 

【スポンサーリンク】

 

 

【スポンサーリンク】