知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

【映画紹介】レッツ・ドン引き。「ムービー43」

んにちは。

ぁゃゃです。

 

回は、紹介をためらう程クソくだらないコメディ映画

ムービー43

を紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

 

①映画情報とあらすじ

f:id:messicoo:20171203002545j:plain

映画情報

ムービー43

公開日:2013年8月10日

監督:ピーター・ファレリーほか

出演:ハル・ベリーヒュー・ジャックマンクロエ・グレース・モレッツほか

制作国:アメリカ(2012)

上映時間:97分

あらすじ

ヒュー・ジャックマンケイト・ウィンスレットナオミ・ワッツエマ・ストーンリチャード・ギア、クロエ・モレッツほか豪華オールスターキャストが集いながらも、批評家、観客双方から酷評され、大コケしてしまったオムニバスコメディ。

メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー監督による「非常識でクレイジーなコメディを作る」という発案にのった「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー、「スーパー!」のジェームズ・ガン、女優のエリザベス・バンクスら12人の監督による、お下劣でおバカな要素が満載の短編集。

www.youtube.com

 

②見どころ(ネタバレなし)

エクストリーム3G映画

f:id:messicoo:20171203004523j:plain

の映画、本当にクソくだらないです。はい。

予告動画にある通り、まさにエクストリーム3G(下品、下劣、下衆)映画。これはひどい。よくここまでクソくだらない下ネタタブーを集めたな!とある意味賞賛してしまうほどです。しかもその全てが本当に小学生レベル。ドン引きどころの騒ぎじゃないですよ(笑)。

そして残念ながら(?)、そんなクソくだらない内容が面白いのです!悔しいですが、どこかでこんな徹底したくだらなさを求めていたとでも言いましょうか。なんだかんだ言って人間は下ネタとかが好きなんですよ(あれ、僕だけ?)!

ハリウッドが本気でクソくだらないことを考えたら、こうなります。

 

無駄に豪華キャスト

f:id:messicoo:20171203163208j:plain

んなクソくだらない内容を、超豪華キャストが演じているというのも、見どころの一つです。

レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマンや、「300(スリーハンドレッド)」のジェラルド・バトラー、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ可愛い)など超大物俳優がこれでもかというほど出演しています。

素晴らしい演技力を持つ彼らが本気でふざけるのですから、面白いのは言うまでもありません(ただしクソくだらない笑)。

同時に、普段は真面目に迫真の演技を見せている彼らの狂った暴走が見られるのはこの映画だけかも??

ムービー43(字幕版)

ムービー43(字幕版)

ムービー43 Blu-ray

ムービー43 Blu-ray

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

③ビジネス的考察(ネタバレなし)

自虐型マーケティング

て、ここまで散々酷評を浴びせてきた今回の映画「ムービー43」ですが、配給会社ですら予告動画などでその出来を非難しています。配給会社がそんなことして大丈夫なの?と思うかもしれません。しかし、これは「自虐型マーケティング」という戦略だと考えられます。

自虐型マーケティング」とは、自らの商品のマイナス点を強調することで、その反面として存在する長所をアピールするマーケティングの手法のことです。

 

あのCMを例に挙げて

f:id:messicoo:20171203162812j:plain

虐型マーケティングの例として、「まずい、もう一杯!」でおなじみのキューサイ青汁を挙げたいと思います。青汁のCMなのに、青汁を飲んだ男性が「まずい、もう一杯!」と唸るという内容とそのフレーズで有名です。

一見、逆効果のように思えるこのCM。しかし、当時の人々はこのCMを見て、「そんなにまずいの?」「試しに飲んでみようかな?」となり、しっかりと青汁が売れました。マイナスなフレーズによってかえって人間の持つ好奇心が刺激されたのです。

そして、もう一つの成功要因は「潜在的なプラスイメージ」です。まずい青汁における潜在的なプラスイメージは「良薬は口に苦し」といったところでしょうか。このことわざを知っている顧客たちは潜在的に、「まずい青汁ならば体にいいはず」というイメージを抱くのです。

 

これを映画に置き換えて

の「自虐型マーケティング」を映画「ムービー43」に置き換えると

マイナスイメージの宣伝

・映画評論サイトで満足度4%であるとあえて書く。

・酷評コメントを引用する。

などなど。好奇心を十分に揺さぶられます。そして、

潜在的なプラスイメージ

・ハリウッドスターたちが出演(=ということは高い演技力はお墨付き)

となるでしょう。

全ての商品に応用できるわけではありませんが、「良い点をアピールするだけが宣伝ではない」ということです!

いや~まじで俺らのブログつまんねぇ(安易)!

 

おわりに

本的に映画を褒めることが多い僕ですが、今回ばかりは・・・(笑)。

本当に(愛すべき)クソくだらない97分です!時間の無駄です!

是非皆さんも時間を無駄にしてみてください

 

【スポンサーリンク】

 

 

【スポンサーリンク】