知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

【映画紹介】先生、咲かない花もあるんじゃないですか?「青い春」

んにちは。

ぁゃゃです。

 

回は、不良達それぞれの青春を描いた

青い春

を紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

 

①映画情報とあらすじ

f:id:messicoo:20171127210335j:plain

映画情報

青い春

公開日:2002年6月29日

監督:富田利晃

原作:松本大洋

出演:松田龍平新井浩文高岡蒼佑ほか

制作国:日本(2001)

上映時間:83分

あらすじ

新世代の不良達、それぞれの「青い春」。

男子校・朝日高校。不良グループはいつも屋上に集まっていた。

卒業式の日、新3年生になった彼等は柵の外に立って何回手を叩けるかを競う通称「ベランダ・ゲーム」をやっていた。誰よりも多く叩いた者は学校を仕切る事が出来るが、失敗すれば校庭に真っ逆さまという伝説の根性試しゲーム。

そしてその日8回という新記録を出したのは物静かな九條という男だった。しかし九條にとっては学校の仕切りもそんなゲームも無意味でどうでもいいことだった…。

www.youtube.com

 

②見どころ(ネタバレなし)

今を輝く出演陣

f:id:messicoo:20171127211638j:plain

画「青い春」の主演はドラマ「カルテット」や映画「まほろ駅前」などで活躍している松田龍平です。

そして、彼のクラスメイト役を務めるのは名脇役として有名な新井浩文、映画「ミックス」などに出演している瑛太をはじめ、現在人気を集める俳優さん達です。

そんな今を輝く彼らの若かりし頃の姿が楽しめるのがこの「青い春」。彼らの初々しい(?)演技に注目です。さらに、芸人になる前の又吉直樹(ピース)も出演しているそうで。

 

不良たちの生き様

f:id:messicoo:20171127213147j:plain子校に通う不良達、それぞれの高校生活を描いたこの作品。不良達の行動や言動を見て「あーわかるなぁ」と思うか「理解できないわぁ」と思うかは人それぞれです。真面目という言葉がぴったりな高校生活を送った僕にとっては圧倒的に後者ですね(笑)。

ただ、「理解できないからつまらない映画」とはならない(なってほしくない)のがこの映画。信じられないほど愚かで、ある意味情熱的で、刹那的で、行動的な彼らの生き様(=青い春)をしっかり見届けていただきたいです!

 

音楽と黒色

f:id:messicoo:20171127212822j:plain

の映画の主題歌(曲名:ドロップ)や挿入歌(曲名:赤毛のケリー)を担当したのは、日本のロックバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」(ミッシェルガンエレファント)です。作中に何度もかかる彼らの気怠そうで、なおかつ情熱的でかっこいい歌が「青い春」の雰囲気にぴったりです。チェックしてみてくださいね!

www.youtube.com

 そして作中、象徴的に使われているという色。不良たちが落書きに使う黒いスプレー。黒い学ラン。「黒い花が咲くんじゃね?」とぼやく生徒。松田龍平演じる九条が書いた黒い人型。「青い春」という題名なのになぜ?そういったところにも注目してみていただきたいです。

青い春 [DVD]

青い春 [DVD]

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

③感想(ネタバレあり)

f:id:messicoo:20171127220121j:plain

述のとおり、現代っ子の僕にはこの映画に登場する不良たちの言動には、一切共感できませんし、理解もできません

・族に入りヘラヘラしている同級生をトイレで刺し殺し、ピースを先生に向ける不良生徒。

・使いっぱしりをやめ、族に入るためにホームランバーの当たりを必死に探す不良生徒。

・甲子園の夢破れ、「グッドタイミングです」とヤクザの世界へ身を投じる不良球児。

・屋上の柵の外に立って何回手を叩けるかを競い、番長を決める「ベランダゲーム」。そのゲームで13回手を叩き、校庭へと身を投げる不良生徒。全ては憧れの親友と対等であるために。

他にも様々な不良が登場しますが、改めて見ても全く理解できません。

じゃあ、「この不良たちはただのアホ。話にならない。」となるかと言われるとそうは言えない自分がいるのも確か。

高校3年生になっても将来の見通しもなく、閉塞感溢れる世界で迷いながら生きる彼らの、彼らなりの生き様(=青い春)。もちろん真似なんてしたくないですし、やれと言われても決してできません。それをやってのける彼らの行動力情熱、そしてその痛々しさやるせなさが見る者の心を打つのでしょう。

青いはずの青春をあえて黒く染めようとする不良たち。主人公九条(松田龍平)が朝、登校してきて校舎を見上げるシーンがあります。彼の目に映る校舎は真っ黒でした(これには主人公の親友青木新井浩文)との関係性も絡んでいて面白い)。彼は先生にこう投げかけます。

「先生、咲かない花もあるんじゃないですか?」

それに対して先生はこう答えます。

花は咲くものです。枯れるものじゃない。私はそう思うことにしてます。それは大切なことです。

 

おわりに

映画「青い春」。こんなにも理解不可能で、でも強く心を打ち印象深く脳裏に焼き付く映画は初めてでした。見る価値は十分にあると思います。上映時間83分と短めなので、是非見てみてください。

 

【スポンサーリンク】

 

 

【スポンサーリンク】