知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

磨けばそこには福がある【井戸の茶碗】台本 part2

 part1見ていない方はこちらから!!

www.hanashicoo.com

 

【スポンサーリンク】

 

こちら仏様でございます!
大分古物のようだが・・
ええかなり古いようなもんでございますよ!
手に取ってみたいがな、門を入ってくるとかなり手間がかかる・・
拙者いまからそこへざるに紐をつけて下すからその上に乗せなさい
へえ左様でございますか、分かりました。それじゃあ乗せますよ!
どうぞお引き下さいまし!いかがでございます?
いやあ・・これは中々良いな・・大層古いが中々良い仏様だ・・
いやあ気に入った!ん?ごとごと申しておるな・・腹籠りか・・これは良い!

仏像の中に小さな仏様、仏像が入っているのを腹籠りといいまして大変に縁起がいいと 言われていまして・・

これは気に入ったぞ!買って遣わそう!いくらだ?
ええ~そうですな・・二百文で預かってまいりましたんでそれより高く売れれば いくらでもよろしいんです!
なんだ欲がないな・・拙者もなるがたけ値良く買って遣わすが、実はな・・
真に申し上げにくいが今懐都合があまり良くない・・
どうだ?まあ精一杯のところで三百では売れぬか?
え?三百?ええ結構でございます!ええ百儲かりますんでな
先方へ五十届けてあたくし五十いただきますんで、よろしくお願いします!
よし!ではざるに入れて下すから受け取れよ!
へい!ありがとうございます!
う~ん・・良助!良助!
へい!・・お呼びでございますか?
こちらへ入れ・・今屑屋からこの仏様を買った・・明日からこれを拝むぞ?
大層すすけておる・・綺麗にしたい・・金盥(かなだらい)を塩で磨いて清めてな、 ぬるま湯を入れて新しい手ぬぐいを一本添えて持ってきなさい
 

ぬるま湯の中に仏像を入れてあっちをこすりこっちをこすりしているうちに、 台座の紙がブツブツっとはがれ、ごとっと何かがぬるま湯の中に入った・・ ああ中の仏像が出てきたんだなっと思ってす~っと出してみるってと 金の布で包んである・・何だろうなと思って開けて見ると 紙の下から出てきたのはでございます、小判です。数えてみるってと十両はある。

いやあ・・良助!なんとしよう?
へえ・・大した儲けでございますな!
たわけたことを申すな!わしは仏像は買ったが中の小判を買った覚えはない・・
これを売ったものは中に何が入っているか知らずに買ったに違いない・・
元の持ち主に戻してやりたいがどこの誰だか全くわからない・・
屑屋の名前も聞いておらん・・困ったことにあいなった・・・いかがいたそう・・
左様でございますか・・・
あたくしが思いますのには屑屋って商売もまたほかの商人と 同じようにおおよそ回るところが決まっているものと思われますので、 また近々ここを通ると思いますが・・・
おお!そうかそれでは明日から屑屋を改めよう!
 

あくる日になるってと例の目黒白金の細川屋敷の長屋下のところでもって陣取ってましてね・・

屑ぅ~~・・
これこれ!!屑屋!屑屋!
へい!あっどうも!へえお呼びになりましたか?
うむ!呼んだ!被り物を取ってこちらへ見せよ!
へえ?何か御払いものですか?
それはどうでもよい!とにかく被り物を取って顔をこちらへ見せよ!
ああ左様でございますか?ええどうも・・え~何でございましょう?
何をしておる!!早く被り物を取って顔を見せろ!
へ?いや見せておりますが・・・
・・・うん?へ?
・・・それ顔か?
いや~妙な顔をしておるな・・何とも言えん顔であるな・・ その顔で表を歩くか?
・・・歩きますよ
良い度胸をしておるな!お前ではない!あちらへ行け!!
ええ~何か御払いものを・・・
そのようなものはない!向こうへ行け!
へい・・
屑ぅ~~・・
これこれ屑屋!こちらへ参れ!被り物を取って顔をこちらへ見せよ!
ほ~長い顔をしておるな!馬にも勝るぞ!お前ではない向こうへ行け!
 

何ってんで、通る屑屋さんことごとく顔を改められる・・・清正公様の境内に小さな掛け茶屋がございまして・・・昼飯時分になりますってと そのあたりで流しておりました色んな商人が集まりまして弁当を使って 一服していくというような・・

通ったかい?細川様の屋敷の下
通りましたよ!
やられたかい?被り物を取って顔を見せろっての?
ああ!やられたやられた!どうしてあんなことをしてんのかねえ・・・
御あし(お金)のかからねえ遊びをするじゃねえか本当に・・
ねえ・・ 被り物を取って顔をこっちへ見せろ!!こういうんだ・・
見せたら・・それ・・顔か?って・・顔です!って言ったら何とも言えん顔をしておるな! ってんでそれで表を歩くのか?誠にいい度胸だ!ってんでね
何だか知らねえけど褒められたんだかけなされたんだか分からねえ!
けなされてんだよ馬鹿だねえ!本当に・・他のもんもそうらしいねえ・・
そうなんだよ・・あたしもそうだったよ!
被り物とって顔見せたらねえ! 長い顔だ!馬にも勝るぞ!ってんで褒められた!
けなされてんだよぉ!!褒められてるんじゃないんだよ!
しょうがないねえみんな・・ どうしてあんなことをしてんのかねえ・・
おいおいおいおい・・おい!
・・なんだいみんな顔のことを何か言われたって グズグズ文句言っちゃあいけませんよ!
ねえ!あの~若いお侍さんが 探してる顔だったら生きちゃいられないよ!
へ~どうして?
知らないのかい?何してんだか分からないの?
分かんねえよ・・
なあ!みんな分かんねえよな?うん・・なんなんだい!
ありゃああそこで敵(かたき)探してんだよ
敵探してる?あれ敵探してんのかい?へ~知らなかったねぇ・・
若そうだけども強そうなお侍だろ?ねえ下から見たって相当稽古してる顔つきしてたよ?
あの人のおとっつあん・・あの人のおとっつあんの敵を探してんだよ!
あ!親の仇!?
そう!そのおとっつあんは腕がたつよ?その息子ってんだからねえ・・
ええ・・っとちょいと伺いますがそのお話どうも私に関係ありそうでございますが・・
ん?誰?ああ清兵衛さんじゃないか・・
どうしたの?しばらく顔見てなかったけれど・・
いやああたくし風邪ひいちゃってねえ・・それで治ったから 久しぶりに出てきたんですよ・・
それでね?その話私にかかわりがあるように思えましてねえ・・
というのもねえ・・四、五日前にねえ・・この先の裏長屋でもってあるご浪人さんからねえ あの~仏像をね?二百文で預かったんですよ・・
ええそれをどなたかに さばいてもらおうかと思っているうちにあの細川様の屋敷の下の所でもって お侍さんに売ったんですよ・・
ええ・・なんかそんなことであたくしのことを 探しているんじゃあないんでしょうかねえ・・
そ・・それだ!そりゃあそうさ!それはよくあるやつだ! あのそれは古いもんじゃないかい?
ええかなり古物でしたよ
そうだろ?あんまり汚れてるんで綺麗にしようってんで一生懸命方々洗ったり 磨いたりなんかしているうちにね?首がぽろっととれたりね? 腕がぽろっともげちゃったり・・
これはいけねえよ?お侍は命のやり取りを するんだよ?ね?だから縁起を担ぐよ?
こんな縁起でもない仏像を売りつけやがって! あの無礼な屑屋!あの屑屋の首も落としてやろうってんでお前さんのこと探してんだよ!
そ・・それは困りましたね・・
困りましたね・・じゃないよ!
お前さん普段は屑より他は扱わないのに なんだってそんなもん買ったんだよ!
いや買ったわけじゃないんですよ!あんまりお気の毒だったんでね?で、あたくしね、 二百文でもって預かってきたんですよ
どなたかにさばいてもらおうかと思ってる矢先に あそこで売れちゃったんですから・・
本当にしょうがないねえ・・・もう細川様の屋敷の下んとこは通らないほうがいいよ?
そんなこと言ったってあそこ通らないとお得意様の所へ行かれないんですよ・・
あ、そう・・そしたらねえ・・屑ぅ~~って声かけると障子が開いて屑屋! ってこう来ちゃうんだから、いいかい?
細川様の屋敷の下通る時だけはす~~っと 黙って行って向こう行ってから屑ぅ~~ってこう言やあいいんだよ!
はあそうですか!じゃあそう致しましょう!
 

 

part3へ続く

 

f:id:messicoo:20171124221644j:plain

 

 

 【井戸の茶碗を聞きたい方へ】

落語名人会(17)

落語名人会(17)

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】