知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

磨けばそこには福がある【井戸の茶碗】台本 part1

こんにちわ!ヨンスです!今回の演目は【井戸の茶碗】という演目。

 

茶碗ということは茶碗を磨いて億万長者になる話か、なあ~んだと思うことなかれ。実は軸となるのは仏像です。意外と演目の名前だけで話を判断することって難しいんですよね(笑)

 

この演目はおそらく人情噺というごくいい話になると思います。最後まで見たら「ああ~めでたしめでたし」という演目だと思います。(言葉が稚拙で申し訳ないです)演目の中に屑屋という言葉が出てきますが屑屋は現代でいう廃品回収業者のことです。それでは演目【井戸の茶碗】どうぞ!

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

江戸時代でございまして、麻布の茗荷谷というところに屑屋さんで、清兵衛さんという人がいる。この人は曲がったことが大嫌いな人で人呼んで「正直清兵衛」といわれてました。

今日も清正公様の脇を「屑ぅ~~」ってんでやってくる・・

あの、屑屋さん?
へい!
 

みるってと年頃17,8になります、娘さん・・つぎはぎだらけの汚~い着物を着ておりますがどことなく品がございました。

あの恐れ入りますがこちらへ入ってきていただけないでしょうか?
あっ、へい!分かりました!伺いましょう
 

案内されてやってまいりました裏長屋でもって

あの、父上。屑屋さんを連れてまいりました
(父)おおそうか、これは屑屋さん!やあやあすまなかったな、さあどうぞ!こちらへ入ってな、そこをピタリと閉めてください
いや~実は屑が溜まったんでもってってもらいたい
ああ左様でございますか。ありがとうございます
ええ~っと・・こちら様は初めてでございますな!
これからあたくしちょくちょくこちらへ参りますので屑が溜まりましたらどうぞひとつとっておいて下さいまし!
他の屑屋より値良く頂戴いたしますんで!
おおそうか・・ではそういたそう
ただいま測ってみましたところ七文とちょいとでございますが、こちらさん初めてでございますので今日は八文で頂戴して参ります
いや~それは真にすまんなあ・・うん・・
それからなあ屑屋さん・・ここにあるこの仏像だがな・・
これを・・二百文で買ってもらえないかな?
え?これですか?
いや~まことに申し訳ないんですが・・あたくしこういうものはいただかないんでございますよ・・
なぜだ?
大変お恥ずかしい話でございますけどもね・・あたくし目が利かないんでございますよ・・
ええ・・値踏みができないものでございますからね、値打ちがあるものを安く買って脇でもって儲かっちゃったぁ~なんていうものはどうもこう気持ちの悪いもんでございますし・・
それとは逆に損をしてしまうなんてのも あれですから一切扱ってないんんで屑ばかりなんでございます・・
やあ・・そうかもしれんがな・・屑屋さんそこをまげて何とかひとつ買ってもらいたい・・
いや、訳を話さなければ分からんかもしれんが、わしは今でこそこんなみすぼらしい 恰好をしておるが、千代田卜斎と申してな
郎党田真三郎とな、つまらんことで 意地を張ってな・・
今ではここで昼間子供を集め素読の指南をいたし、 夜になると表通りへ出て占卜(占い)を生業としておるが、十日ばかり前に雨に 打たれて風邪をひいてな・・
やれ医者や薬だと色々と金がかかる・・
真に恥ずかしい話であるが蓄えというものがないのだ・・ 真に困っておる・・
なんとか!二百文で買ってもらいたい屑屋さん! この通りだ!
おおっとっとっとぉ!いけませんいけません!なんですよあなたぁ・・
いくらご浪人なさってるからってお侍さんじゃあありませんか!
あたくしなんぞに頭下げる必要はありません・・
いえ!お話はよく分かりました・・ええ困ってる時はお互い様でございますが・・ こちら様だけ特にというわけにはいかないんでございますよ・・
今までお断りしてきた方に申し訳が立ちませんからなあ・・ですからこうしましょう!
あたくしこれを二百文で預かってまいります・・脇へ持ってって売れましたらね? そう儲かった分の半分あたくしに手間賃として頂戴いたしますが、 その半分はこちらへお届けに上がります・・
そういうことにしていただけたらあたくしここに二百文出すことができますが いかがなさいます?
いやいや・・そういうことをせずとも屑屋さんが勝手に扱ってくれればいい・・ 何にせよ二百文で買ってくれればそれでいい・・
いや!そうさせてください!それでないってとあたくしはお引き受けはできません!
よろしゅうございますか?じゃあそう致しましょう!
 

ということで仏像の方の二百文、屑の方の八文を置いて、 屑を籠の中にいれてその上に仏像を乗っけるってとこいつを担いで「屑ぅ~」っと やってまいりましたのが目黒白金の細川屋敷の長屋下・・

屑ぅ~~~
これこれ!!屑屋!屑屋!
へい!あっ・・お呼びになりましたか?
うむ、呼んだ!こちらへ戻れ!
お前の担いでおる籠の中に仏像のようなものが 見えるがそれはなんだ?
へ?あ、これですか?お目に留まりましたか?
ええ左様でございます! ええ!こちら仏様でございます!
 

part2へ続く

 

f:id:messicoo:20171120164303j:plain

 

 

井戸の茶碗を聞きたい方へ】

 

落語名人会(17)

落語名人会(17)

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】