あなたに1日1つの『小さな』学びを。

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

どんなに変な趣味でも誰かに言ってみると分かってくれる人がいることが分かる落語【擬宝珠】

ある若旦那が病気で倒れて寝込んでしまった・・・

 

熊さんは若旦那の両親に頼まれて、病気の原因、悩んでることを 聞き出して欲しいと頼まれ若旦那の部屋へやってきた・・・

 

 

     スポンサーリンク

 

 

 
 
おい!大丈夫か?どうしちまったんだよ~ 急に倒れちまって・・・
あぁ・・く・熊さんか・・
お前さては恋患ってるな!!誰だよ!?お前の意中の奴は?
こ・・恋患いなんかじゃないよ・・・
じゃあなんだよ!!恋以外何があんだよ!?
く・・熊さん・・・
な・・なんだ!どうした!?
図体でかい割に女々しいね‥死に目に熊さんの意外な一面みれてよかったよ・・・
やかましいわ!からかわねえで頼むからちゃんとホントのこと言ってくれよ!!
・・・が・・たい
なに!?
・・ぼしが・・・めたい
煮干しがたべたい?そんなことで悩んでたの?台所いって食えばいいじゃねえか・・
違うよ・・・
ぎ・・ぼ・・しが舐めたい・・・
擬宝珠が・・・舐めたい!?へ~~擬宝珠!?わはははは!おもしれえ趣味だな!
だから言いたくなかったのに・・・う・・うううううう・・・
泣くな泣くな!!なんだそれだって橋かなんか行って舐めればいいじゃねえか!例えば駒形橋、永代橋、両国橋なんかもあるな~~
そうそうそう・・・なかなかいい味だったなあ・・・
なんだもう舐めてんのか!?じゃあ悩みなんてねえのか?
いやまだ五重塔のてっぺんの擬宝珠は舐めたことがない・・・
あ・・あんな高いところ舐めたくったってよじ登ってる間に誰かにきずかれちまう・・・
そう考えるともう一生舐めれねえんだって考えただけで吐き気がすんだよ・・・
ふ~~~ん俺は擬宝珠舐めること考えただけで吐き気がするけどな・・・
 

さあ熊さん若旦那の両親へ報告をしに行きまして・・・

どうだった?息子の悩みはなんだって?
あ~いや聞かなくていいですよ
それじゃあ意味ないの!!なんでもいいから話しておくれ熊さん!!
あの・・・  ・・が・・たいって・・
は?なに?よく聞こえない
ぎ・・が・・めたいって
はっきりいったらどうなんだい!?
擬宝珠が・・舐めたい・・・そうです。
・・・擬宝珠がなめたい・・・ 親子は似るもんだね・・
へ!?
なあばあさんや若い頃はよく方々舐めて歩いたもんだ・・・
そもそもばあさんが舐めてるところをわしがみたのが今の縁の始まりだからな・・・
な・・・家族そろってかい・・・それであいつは五重塔の擬宝珠が舐めたいって悩んでるですが・・・
ほう!!そこまで来たか!!!五重塔の擬宝珠はわしもばあさんもいや擬宝珠舐め界も未知の領域!!その味を知りたいと思っておった
 

そんなこんなで浅草寺にお願いをしてみますと、人命がかかわっているなら・・・

 

と許可がおりて最上階まで足場を組んでもらった・・・

 

若旦那まったく夢のようでございましてふらふらしながら最上階へ・・・

 

目の前には憧れの擬宝珠があるもんだからもうベーロベロベロベロ!!

 

舐めます舐めます・・・

 
ど、どんな味がしたんだい?
たくわんの味がしました
たくあん?そうか塩加減はどのくらいだ?一升?二升?
いやもうちょっと塩辛い。
じゃあ三升?五升?
いえ、六升(緑青)の味がいたしました。
 
 
 

 

 

f:id:messicoo:20171108195406j:plain

擬宝珠(色が緑青色)

 

    スポンサーリンク