知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

★東京へ行ってきました。〜夜行バス編〜

んにちは。

ヨンス&ぁゃゃのぁゃゃです。

 

ンスの記事(こちら)のとおり、僕たちの大学では学祭が開催されておりました。そんな中、ブログも更新せず僕は何をしていたのかというと・・・

東京へ行ってきました!

久しぶりに家族揃って休みが取れそうだったので、プチ家族旅行+せっかくなので僕の個人旅行という感じで

10/27(金)から10/30(月)までの4日間、東京周辺を駆け回りました!

(この記事は帰路の夜行バスで書いています)

今回は

移動に利用した夜行バス

について書いていきます!

 

【スポンサーリンク】

 

 

 ①初めての夜行バス

f:id:messicoo:20171104104242j:plain

回、東京への移動には初めて夜行バスを利用しました。夜行バスを利用した理由は

料金が安いから(今回は片道5500円でした)

(北海道出身ということもあり)今まで東京へは主に飛行機を利用していたので、夜行バスに憧れていたから

です。これまでのバス移動の最長時間と言えば、5時間ぐらいでしょうか。なんと今回はその倍の約10時間(弘前→新宿)!「寝てる間に目的地に向かう」なんてかなり効率的ですよね。

ただし問題は快適かどうか・・・

 

②夜行バスは快適か?

f:id:messicoo:20171031020607j:plain

行バスの利用は初めてでしたし、「夜行バスでの移動は疲れる」という声もよく聞いていたので少し不安でしたが、結論から言うと思っていたよりも快適でした。

僕が今回利用したのは座席が一つずつ独立になっている三列シートスタイルのバスです(上写真参考)。座席が独立していることに加え、カーテンで仕切りを作ることが出来るので、パーソナルスペースを確保出来ました。これが快適さの要因として一番大きかったです。決して広いとは言えない広さでしたが、フットレストも付いていて、僕は十分寛げました。

もう一つ快適さの要因を挙げるとするならば、夜行バスで役に立つアイテムを持っていたことです。初めての夜行バスということで、事前にバス内で役に立つアイテムを調べて、それを持ち込んだことが功を奏でました。

僕個人としての夜行バスで役に立つアイテムは

①マスク

②目薬

③飲み物

④動きやすい服

⑤タオル

です。バス内はとても乾燥しています。ですので、①マスク②目薬③飲み物で常に喉や目の潤いを保つと快適に過ごせると思います。僕は乾燥肌なので、ハンドクリームなんかも役に立ちました。

また、旅行なので少しでも荷物を減らしたいと思うかもしれませんが、バス内用としてスウェットなどの④動きやすい服を着ていくことをおすすめします。普段は違う体勢で、しかも揺れるバス内ではなかなか寝つけません。楽な服装でリラックスを促せば、多少は睡眠の質が向上するのでは?

⑤タオルも快適な睡眠を促すアイテムとして役に立ちます。自分の好きな形に丸めたり畳んだりして枕として利用します。厚手のタオルがおすすめです。膨らまして使うU字型のエア枕も人気がありますが、僕はタオルの方が肌ざわりがいいし、好きな形に変えて使えるのでタオルをおすすめしたいですね。

人によっては耳栓アイマススリッパなども役に立つかもしれません。

 

③おわりに

f:id:messicoo:20171104104311j:plain

行バスについて色々書きましたが、僕は今後とも夜行バスを利用したいと思っています。夜行バスの魅力はなんといっても料金の安さです。さらに、十分に快適なのでコスパ抜群です。

その安さが僕らにとって旅行を身近なものにしてくれます

僕は大学生のうちに国内外関わらず、様々な地域を訪れたいと思っています。きっと同じような事を考えている大学生は多いのではないでしょうか。夜行バスはそんな僕たちの強い味方になってくれます。是非、旅行の際には夜行バスを利用してみて下さいね。

 

て、そんな夜行バスに乗ること10時間。到着したのは新宿駅

僕の旅が始まる・・・(続く)

 

【スポンサーリンク】

 

 

僕らのTwitterこちら

 

【スポンサーリンク】