知識も才能も金もない2人の大学生が一からブログ始めてみた。

どこにでもいる普通の大学生が普通から脱却するため、ブログ始めました。

【スポンサーリンク】

くそ真面目が吉原へ行ったらどうなるのか【明烏】台本 part3

part1・part2見ていない方はこちら

www.hanashicoo.com

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

もし!!ぼっちゃん!こっちへお入りなさい!

あっ!あんなところでもって源平さんが呼んでます!この家は何なんでございます?

ああ・・ここはねえ・・お巫女のお家なんでございますよ。お入りください
ああ・・そうですか・・こんばんは!ごめん下さいまし
さあさあさあ!!こっちへお入りなさい!まあまあまあこっちへお入りなさい!
ぼっちゃんあのねえ!ここがね?お巫女のお家なんですよ!
で、あちらにいらっしゃるのがね?お巫女頭なんだよ。ですから今夜の御籠りのことについて、よ~く!お願いをしなさい。
そうですか・・ちょっとごめん下さいまし・・どうも・・
あたくしは日本橋田所町日向屋 半兵衛の倅の時次郎と申します・・今晩は三名にて御籠りに参りました・・ 何卒一つよろしくお願いいたします・・
はあ・・そうですか・・ようこそおいで下さいました・・ふっ・・・
うんん!・・どうぞごっ・・ふふっ・・どうぞごゆっくりっ・・お、御籠り下っふふっ・・ごほっごほっ!うん!御籠り下さいまし!何を笑ってるんだお前達っ・・ふふふ・・やだっ・・うふふふ・・・あはは!ど、どうぞ!どうぞ!お手をお上げくださいまし!
本当にまあ・・あっら~・・綺麗な方じゃありませんかねえ~! まあこれじゃあお稲荷さんもお喜びになられますよ!?・・ただいますぐでございますから!
 

茶屋の方でも現れちゃいけないと思うから支度をしてすぐに店の方へ送り込む。

その時分の大籬(おおまがき)、大店というものは本当に立派だったそうですな・・

もう玄関なんざもう大変で間口が真に広い!

入ってみるってと敷台なんざ綺麗に 拭き込まれてありまして・・

お客様の顔をが映ったりするそうですな!

白いはしごをとんとんとんと~ん!とあがりきるってと見通せないぐらいの長~い廊下になっている。

そこをご婦人が上草履なんてんで厚~い草履を履いてね、パタ~ン・・パタ~ン・・とこう歩いてくるわけですから・・

これを見ればどんな堅物だってお稲荷さんじゃないことくらい分かりそうなもんですな・・

・・・源平さん!!!!!!!!!
わっ!!どうしたんですか!?脅かしちゃいけませんよ!!
お稲荷様じゃありませんね!?
なんてことを言・・お稲荷様ですよ!
いえ!お稲荷様じゃありません!!だって今いましたよ!?こんなんなった頭をした女の人が!!
あれは何です!?
んん?いや~ここはあの~弁天様もやってる・・
嘘ですよ!!嘘です!ここは𠮷原というところでございましょう?あたくしは書物で読んだことがございます!
あたくしはお稲荷様へ御籠りになるというので後をついてまいりました・・こんなところへ来るつもりはないんでございますよ!
帰ります・・悪いですけどお先に失礼させていただきます!!
いやいやいやちょっとお待ちなさいよ!ぼっちゃん!そんなこと言わないで! いいじゃありませんか!?あなた付き合いが大事だってそういったじゃないですか!? 付き合いなさい!!
付き合いなさい?・・あなた方あたしのことを騙したんじゃありませんか!!
えぇ?冗談言っちゃいけませんよ!家ではこんなところに来てると思っちゃいないんですから!
ええ~・・えへへへ・・それがそうでないんですよ!そうでない!!
実はねえ・・・あなたのおとっつあんに頼まれてあなたを誘い出したんですから。
え?親父がですか?
・・親父はそういう親父ですから何を言い出すか分かりませんが、 親類中はみんな堅いんでございます!!後で何を言われるか分かりませんから ここはひとつ御勘弁いただきたいと思います!あたくしはお先に・・
ちょちょちょそんなこと言わないであなたぁ!よしなさいよぉ~せっかく ここまで来たんですから!お付き合いしなさいよ!
ね?今に必ず困りますよ?ねえ?そんな堅いことばかり言ってるってとね?
なんだって知らないより知ってる方がいいじゃありませんか!!こういうところへ来てああこういうもんかなんて言うことがありますことを自分で目の当たりにするってとこれが勉強になるってえやつですよ!
冗談言っちゃあいけません!そんな勉強なんざしたくありません!
とにかくあたしはこんな不浄なところへは一時たりともいたくはありませんから、 とにかくあたしは先に行きます!!
ちょいとちょいとしょうがねえなあ・・ちょいともし!ねえ若旦那ぁ~ちょいと待ってください!
ね?お願いしますよ!この通りです!この通りですから!!機嫌を直して! 騙したのはあたくしです!どうもすいませんでした・・どうかこの通り! お願いしますから・・
(田助)どうもしょうがねえなあ・・おい・・
(源平)おい!おめえそんなところで笑ってねえでさあ!一緒に止めてくれりゃあいいじゃねえか!!
馬鹿だねぇ!今畜生は!わざわざ頭下げて言う必要はねえんだよ! 帰りてえって言うんだから帰ってもらやあいいじゃねえか。
お前せっかくここまで来たんだよ?・・せっかくここまで来たんだから止めてやってくれよ!
いいんだよ!帰してやりゃあいいじゃねえか!ぼっちゃん!お帰えんなさいお帰えんさい!
えぇ?あなた何にも知らねえからそんなことが言えるんだい! ねえ?知らねえってのは強えもんだ本当に・・
本当にしょうがねえ・・ぼっちゃんねえ?帰るのは結構ですよ?
でもあんた𠮷原の法なんてもんを知らないから一人で買えるなんてそんなことが言えるんです・・ ね?その法しってりゃあとてもじゃないが怖くて帰れませんよ・・
そんなことがあるならなぜ教えてくれなかったって恨まれるのも嫌だからお話しますがね? 大門のとこから入ってきたらね?あそこからの一本道なんですよ・・ 他からは出入りができない!で、大門の所に髭をはやした怖いおじさんが立ってたでしょう?
え?見なかった?ああそりゃあ見過ごしちゃったんだ・・
そのおじさんはね?こっちの手に帳面をこっちの方の手に筆を持っててな? で、こうじ~っと見ている・・どういうことをしているかって言うとね? ここにはね色んな奴が入ってくるんすよ・・いつ何時どんな風体の男が!何人連れで 入ったあてえことをず~とこう帳面につけてる・・ね?
後はもうす~っと出てってご覧なさい・・ちょいと待て!この男はさっき何時時分に 三人連れで入ってったあじゃないか!それで一人で帰って行くのは真におかしい!! 貴様こっちへ来いってんで大門の所で止められますよ?なあ!?
ふ~ん・・・そう・・
この野郎・・大門の所で三人で入って来て一人で帰ったら大門で止められるじゃねえか・・・
う~ん・・・そうかい
この野郎・・はははっは!!しょうがねえなあ・・馬鹿野郎・・ よく聞けよ!?三人で入ってきた・・一人で帰る・・どこみてんだよ!?
俺の目を見ろ俺の目を!!
バカ・・三人で入って来て一人で帰るなんて大門で止められるだろ?バァァカ!!
・・・・あああ~~!!!そうそうそう!!!止められますよ!!
もう止められたら中々帰れませんよ?もうこないだなんか元禄時代から止められたのがいて・・
馬鹿野郎おめえそんなことがあるかい・・それでもよかったらぼっちゃん一人でも お先にお帰んなさい!お帰んなさい!
ひどいところでございます・・あたくしそんな思いはしとうございません・・
あのう・・恐れ入りますが・・ふたりでもって大門のところまで送って来ておくんなさいまし!
冗談言っちゃあいけませんよ!あたしたちは別に帰りたくねえんだ、あなた一人が 帰りてえんだから!今度はあなたの方からこっち付き合いなさい!
付き合いなさいって一体どういう・・
だからさあ三人で一緒に帰るんだ・・あなたの方が付き合いなさい!
付き合いなさいってあなた方・・じゃあ一体いつ頃お帰りになるんですか!?
そうだねえ~しばらく来なかったからねぇ!まあひと月になるかふた月になるか

冗談言っちゃあいけませんよ!!そ、それじゃああたしは帰れないよぉ~~ううう・・・

おいおいおい泣かしちゃだめだよ!本当に!しょうがねえなあ! ぼっちゃん!あれは冗談!シャレですよ!んなことはありません!
けどね!こういう家は縁起商売でね?上がった客にすぐ帰られるってのは 縁起が悪くて嫌がられるんですよ・・
だからね!こうしましょう!
ここで座敷がありまして、酒魚が運ばれてきます。そこで芸者衆が・・ いやいや大丈夫心配するこたあねえ!何をしようてえわけじゃありませんよ・・ 賑やかしに来るんですから・・
そこでもって一杯やってどんちゃん騒ぎして、 でもってこの店に景気をつけてス~っと帰りましょうじゃありませんか・・ ね?そのくらいはあんた付き合って下さいよ!!
そうですか・・それじゃあお付き合いいたします・・飲むんでございますね? 飲むんでございますね?じゃあ小さいもんではなくて何かどんぶり鉢かなんかで・・
そんなもんで飲みはしませんよ!!大丈夫です!大丈夫でございますよ!!
 

座敷が変わります、酒、魚が運ばれてくる、しばらく経つってと横丁芸者と申しまして、 海に千年、山に千年、里に千年、甲羅に三千年の甲羅を経たという腕達者な 芸者衆が繰り込んできます・・

こんばんは~!!!なんてんで黄色い声を出します・・

もうこんな芸者衆が入ってくるってとどんな陰気な奴でも一気に陽気になったそうでございますなあ!

それがちっともねえ・・・陽気にならないでねえ・・

 

part3終わり

 

 

f:id:messicoo:20171026172145j:plain

花魁

 

 続きはこちら

www.hanashicoo.com

 

 

 

今は亡き古今亭志ん朝師匠・・・僕の大好きな噺家です

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】