ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

高価なものに価値があると考えるあなたが、庶民の生活をしたくなる落語【目黒のさんま】

昔は人間に階級がついていたそうです・・・ ご存知とは思いますが、士農工商で一番偉いのがお侍さん・・・ 天下の往来の七分を侍がえばって歩いているわけです・・・ 残りの三分ですからもうごくわずか・・・ そこを大多数の庶民がみんなひしめき合いながら…

浮気は男よりも女の方が絶対に上手いことが分かる落語【紙入れ】

昔はよく呉服屋さんですとか小間物屋さんなんかが、若い連中にお得意廻りをさせるってと、中にはそそっかしいおかみさん連中かなんかが、こういう若い連中となんか妙なことになってしまうことがよくあったようなそうですな・・・ う~ん・・弱っちゃったなぁ…

いい話なんて絶対にないと言うあなたが、この仕事ならやってもいいかもと思える落語【動物園】

予期せぬこととというのは生きていれば誰でも体験することだと思いますけれども・・・ しかしこの予期せぬことが起こる確率というのは、人それぞれでだいぶ違うようでございます・・・ 海外を転々とされる方であれば、色んな人種に会うわけですから、知らな…

他人と比べられながら生きてきたあなたが必ずやる気を出してくれる落語【浜野矩随】

名人と言うことをよく申しまして、昔言っていた名人と今使われる名人というのは、だいぶ差があるような気がいたします・・・ うんと高い位置に名人というものがありまして、近頃はわりと簡単に名人名人と言います・・・ 『~名人会』とか『~名人劇場』なん…

安い=得と捉える40代おばちゃんに伝えたい落語【はんどたおる】(立川志の輔さんの創作落語)

人というものは、いったい何を誰がどういう風に考えているか本当に分からないものでございます・・・ だから人というものは面白いということもございましょうが・・・ 人というものがなかなか分からない・・・ 分かっているようで意外と分かっていない・・・…

インプットだけはうまい日本人必見のすぐアウトプットするマインドが学ぶ落語【子ほめ】

アウトプットしたくても、インプットがうまくできなかったら、なんにもなりませんよね? インプット下手なアウトプット旺盛なおバカさんによる褒めるをテーマにした落語です。

馬鹿を嫌う傾向にある日本の常識をぶち壊す落語【堀の内】

とにかくとんでもないアホが登場する演目です。あなたの悩みなんてこの主人公のアホさ加減を見れば吹き飛んでしまいますよ?

タダ×金は人を谷底まで追い込めることを痛感できる落語【愛宕山】

昔は東京の方では山遊びと言うことはほとんどなかったそうですな・・ まあ山が上方の方へ行くってと迫っておりますから、昔っから菜種狩りですとかあるいは、松茸狩りなんというような遊びがたいへんさかんだったもんだそうで・・ 京都へ参りまして、昼間あ…

金持ちや有名人の真似ばかりしようとする人は絶対にうまくいかないことが分かる落語【青菜】

夏のある日のことでございまして・・・ 植木屋さん、ご精がでますな おっ!どうも!旦那ですか!そこで旦那が涼んでらしたってことをあっしは気づきませんで・・どうも失礼を致しました あなたがこのところ毎日毎日うちに来てくださって仕事をしてくださる・…

夫婦の会話に子供が入る必要はないと考えている親に聞かせたい落語【子別れ上・下】

弔いが山谷と聞いて親父行きなんという川柳がありまして、山谷と言うところはお寺がたくさん昔あって、必ずどっかでもって弔いがあったそうですな。 昔はお家でもってお弔いをするということがございませんで、必ずお寺でもってお弔いをする・・ そうすると…

私服警官になりたいあなたに絶対に知っておくべき落語【探偵うどん】

明治の時代の話でございまして・・・ その頃の探偵というものは今の刑事さんでございますがな・・・ その時分の探偵は見ると探偵らしいもんで、駆け出していると『あれは探偵だな?』なんという風にばれてしまうようなもんでございまして・・ とにかくいつに…

断捨離だと言ってがらくたを捨ててきたあなたが、捨てるより売ろうかと考えてしまう落語【火焔太鼓】

昔は何か一つの商売が、ひとっ所でまとめて商いをしていたそうでございますな・・・ 今のようにデパートという、何か一手に引き受けて商っているというわけではなく、職種職種で細かく分かれて、何屋さんというように商売をしていたそうで・・ 道具屋さんと…

いつも騙されてきたあなたが騙す側にまわった気持ちになれる落語【王子の狐】 

化ける、化かされたということを申しますが、同じ化けるでも狐と狸を比べると、狐の方は質が悪い・・狸の方が罪がないようでございますな・・・ なんとなく狸の方が間抜けなようで愛嬌がありますな・・ 狐の方はというとごく冷たいようで、悪い奴になったり…

なぜつるがつると言われているのか、嘘でもいいから聞きたいなら落語【つる】

落語に出てくる一番の物知りはというと、横丁の御隠居さんということになっております。 そこへ馬鹿のはっつぁんや熊さんが訪ねてきたりしますと落語の始まりだったりするようなことがよくありまして・・ ご隠居さんこんちわ! おお珍しいな、はっつぁんじゃ…

落語【道灌】~七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき~ 

落語に出てくる人物はってと、これはもうお馴染ではっつぁんに熊さん、横丁の御隠居さん、馬鹿の与太郎、人がいいのが甚兵衛さん・・・ このはっつぁんとか熊さん、こういう連中がご隠居さんの所に遊びに行くのが、落語の方の幕開けになることがよくありまし…

頑固者なあなたが世渡り上手とはどういうことかを学べる落語【ちりとてちん】

世の中では愛想のよろしい方が、少し世渡りでは得をするようでございますけれども・・ タケさん、良く来てくれました、やっとくれやっとくれ、お前さんが来てくれて助かった・・ 見ておくれ?お膳があれだけ積んである・・皮肉なもんだねえ・・板さんお膳の…

短い落語(=小噺)集めてみました。

こんにちわ!ヨンスです! 今回はとにかく短い落語というか小噺の類になるものを集めてみました。 いきなり落語はちょっと・・という方にオススメします! 【スポンサーリンク】 // ① お母さん!?肉じゃが作ってみたの!食べてみて! あらっ!まぁ!どれど…

あなたのコンプレックスはいくらでも利用できることが分かる落語【饅頭怖い】

落語にはよく長屋というものが出てきますが、よくこの長屋というものに若い者がとぐろを巻いているということがございますが・・・ おう!なんだい、退屈そうな奴ばかりが集まってやがって・・同じような顔が今日も揃って・・・ ん?今日は一人いない奴がい…

人の真似ばかりしようとすると必ず失敗することが分かる落語【ぞろぞろ】

良く信心なんてことを言いまして、信心は徳の余りなんてことを言いましてね、世の中を生き抜いてきて、ある程度暮らしの方もそれなりに豊かで、人生経験も豊富だから人のこともよく聞けるようなことになって、初めて信心というものが出来るんだそうですな・…

普段ストレスストレスと口にしてると、思わぬところで利用されることを痛感する落語【ストレスの海】

あらっまあストレス解消法!?何々?ストレスが原因で犯罪? ふ~ん、よくあるわね~・・・クラクション一つならされたくらいで喧嘩 になる、あれもストレスが原因なのか知らねえ・・・ ん?それとストレスが原因でノイローゼ?病気にもなるのね~ ストレス…

興味のないことにこそ才能を見出せることが分かる落語【あくび指南】

お稽古事というのが、昔は大変に盛んでございまして、どこの横丁に行きましても、色んな稽古所がありましてね、みんなそういうところで職人なんかもお稽古をしたそうですな・・・ 中でもずいぶん変わったものを教える稽古場がございまして、そういうところへ…

あなたが会長になりたいと思うなら、『責任』という言葉の重みを教えてくれる落語【ガラガラ】

何が出ました?赤ですか?赤は西口商店街のタオルかオリジナルTシャツに なりますが、どちらにしますか? オリジナルのTシャツってどういうの? ああこれはですね、胸のところにN某商店街と書いてあります、よその商店街では 手に入らないレアものです! …

あなたが人生理不尽と感じているなら見るべき、理不尽が詰まった落語【みどりの窓口】

新大阪まで大人一枚・・と子供二枚ですね・・・はいありがとうございます はい次の方どうぞ ちょっとあんた・・・今の人途中で割り込んできてたのよ・・・見てなかったの? 私たちがちゃんと並んでるのに何気なくスーッと入ってきて・・いや~よそういうのち…

現実に泥棒をやろうなんてやつは大抵頭が悪いことが分かる落語【出来心】

・・あの・・親分どうもこんちわ・・ ん?誰だ?ああお前か・・よく来たな、さっそくだがお前に話がある お前はどうも仲間内で評判がよくねえ・・、あれじゃ将来見込みがねえってな。 お前聞くが、なんでお前俺の子分になった? そりゃあ親分みてえな大泥棒…

あなたがお金に困っても、絶対にずるを使ってはいけないことが分かる落語【死神】

昔から流行り廃りということを言いますが、人間ばかりではなく神・仏にもやはりありまして・・ もっとも神様といっても嫌がる神がありまして、疫病神、貧乏神、疱瘡神、死神なんという・・これはどうも人に歓迎されない神様で・・ じれったいねえこの人は!…

あなたが今小さな嘘をついているなら見るべき落語【お見立て】

吉原のご婦人なるものは、腕によりをかけて男を喜ばせようという、その気にさせよう!というのが、当たり前の世界でございますから、ああいう所でもって真に受けて、惚れたりなんかしちゃいけません・・ 「ああいう所に行くなら最初から騙される気持ちで行か…

馬鹿なやつほど愛されて助けられやすいが、やっぱり馬鹿は馬鹿なんだ・・・そんな落語【南瓜屋】

// 先々の時計になれや小商人(こあきんど)なんて言いまして、昔は商人が色々なものを担って売りに参りましてな・・ 昔はよほどの御大家でないと時計なんてものは備えてございません・・・ ですからまあ日の当たり具合とか、お腹のすき具合でもって「ああ~…

落語は笑うものだと思っているあなたの概念を壊す、背筋がぞっとする落語【もう半分】

まだ東京が江戸と申しておりました時代に、千住の通新町というところに一軒ぽつ~んと居酒屋がございまして・・ そのあたりは大分寂しいところで、そこに一軒あるだけでも救われると言えば救われます・・・ 十人も入るってとぎゅうぎゅうになってしまうよう…

冬の寒い時期にあなたを心の中から暖めてくれる落語【しじみ売り】

おじさん買っておくれ?買っておくれよぉ!? うるせえなあ!買わねえんだ!何べん言ったらわかるんだよ! おめえが持ってくるようなしじみはうちじゃ扱わねえんだよ! そんなこと言わないでさあ!買っておくれよ!あの、いつものしじみとは違うからさ! 何…

あなたがどんなにスマホ中毒だとしても、スマホは手放してはいけないことが分かる落語【スマチュウ】

今回の演目はスマホ中毒に関する演目です。あなたの心にグサッとくるかも!?あの日馬富士事件を思い出させるかも!?