ヨンスのひと笑い

落語によるひと笑いと普段感じている笑えないことを発信していきます

MENU

世の中で一番空気が読める・気が遣える職業はキャバ嬢でもホストでもなく、落語家!?

『空気を読む』『人に合わせる』『お客さんの雰囲気でサービスを変える』といったように、相手に合わせて行動する機会は人生生きていれば多いはずです。 中には『俺は自分の好きなように勝手に生きていく』という人もいるかもしれません。 しかし、残念なが…

江戸時代のコミュニケーション超人!?太鼓持ちを知れば人間関係が上手くいく!

誰しもコミュニケーション能力を向上させたい、人間関係をうまく保ちたいと思っているはずです。 あなたも私も・・・ 江戸時代には超コミュニケーション上手なコミュニケーションに長けた職人がいたことをご存知でしょうか? それは『太鼓持ち(たいこもち)…

落語家としてご飯は食べて行けるのか?気になる階級別お給料を解説!

お客さんを自身の話芸で感動させたり、笑わせたり、怖がらせたりすることを商売とする落語家さん・・・ ちょっと気になるのが、落語家さんの収入・・・ 一口に落語家と言っても、見習い・前座・二つ目・真打と階級が分かれています。 修業期間が長く厳しい世…

祝!昭和元禄落語心中ドラマ化!あらすじは?主演は?モデルは?

あなたは『落語のアニメ』と聞いて、何か思い出すことはありますか? 私はあります。 というか私が落語を好きになったきっかけでもあります。 それが『昭和元禄落語心中』です。 原作:雲田はるこ 出版社:講談社 掲載誌:ITAN(イタン)(現在はWEB『コミッ…

あなたも無意識に騙されている!?世界は頭のいい奴に支配されている・・・落語【壺算】

最近はどこもセールスセールスで、どれだけ安くするかで競争したりなんかしています・・・ それにつられて、店の店員も『これだけ安くしてるんだから客は逃がさない!』ってんで、もう目をギラギラさせて待ち構えてますから、できればそういうところには近寄…

現代を生きる全ての人の起源となる江戸時代の経済と庶民の暮らし

落語の起源は江戸時代にあります。 大衆の娯楽として、落語は生まれました。 現代でも落語は娯楽として、ブームを迎えています。 落語の演目の舞台は江戸時代であることが多いです。 もし、自分が落語を実際にやってみることになった場合、江戸時代の人々の…

うそをつき過ぎてどこまでうそかが分からない、うそがアドバンテージになる村。落語【うそつき村】

約束をして気が付いた4月バカ・・・ 一年中で4月の1日はいくら嘘をついてもいいんだそうですな・・・ ありがたい日があるもんですが・・・ 嘘は世上の宝と言いまして、なんにでも嘘があるもんです・・・ 講釈師、見た来たような嘘をつき、商人は損と元値で倉…

お酒を飲み過ぎるあなたが思わず『自粛しよう・・・』と思ってしまう落語【禁酒番屋】

酒というものは好きな方であれば、どうやめろと言われましても中々やめられないもんでございますな・・・ これがまた入院なんかしてたら話は別でしょうけれども、とりあえず体もちゃんと元気で酒が飲めないなんてことになると大変なことでしょうな・・・ ス…

人は自分の期待通りに動いてはくれない。必要な言葉は『ありがとう』。落語【うどん屋】

江戸時代には夜鷹そばというものが大変に人気がございました・・・ これが明治の六、七年になりますと鍋焼きうどんというのが流行ったんだそうですな・・・ 寒い晩になりますと、この鍋焼きうどんの売り声が方々で響いたんだそうでございますが・・・ スポン…

うるさい!しつこい!キラキラネームより理不尽な名前!?落語【寿限無】

子どもさんが生まれると、ご隠居さんやお寺の和尚さんに名付け親になってもらうということがずいぶんとあったんだそうでございますけれども・・・ スポンサーリンク // さあさあはっつあんや!今度お前さんのとこで生まれた男の子! 丈夫で長生きをするよう…